山崎樹範、東京都なのに車で行けない秘境へ…「なんてところに来てしまったんだろう」

テレビドガッチ

2018/4/14 06:00

テレビ朝日系にて、4月15日(日)10時から『183村秘境旅 こんな田舎がアルか否か!?』の第2弾が放送される。2018年元日の深夜に特番が放送され、大きな反響を得た同番組は、日本全国183の村にアンケートを実施し、その中から興味深い回答のあった村をセレクト、村の知られざる実態を徹底的に調査するという企画。今回は、篠山輝信と山崎樹範がそれぞれ“秘境駅”に向かう。

篠山が向かったのは、“秘境駅”だらけだという長野県天龍村。まず、最も北にある為栗(してぐり)駅に降り立った篠山は、目の前に天竜川を望む光景に「うわぁ、絶景ですね。これは秘境だ!」と感動。自分以外、誰ひとり電車から降りないことにも驚く。その後、篠山はひと駅ずつめぐっていき、秘境ならではの絶景はもちろん、個性豊かな村人たちと出会うことに。ある駅では、駅のすぐ上の山にたたずむ一軒家に住んでいた老夫婦を訪問。その夫は“国鉄マンとしてのプライドを守り抜いた男”だった。そのおじいちゃんの人生とは……? さらに、秘境駅を利用する唯一の女子高生にも遭遇。彼女の帰り道に同行した篠山は「日本昔話の世界みたいな、ワイルドな通学路」に驚きを隠せず……。

様々な秘境駅での貴重な出会いに、篠山は「“秘境感”も堪能しましたが、それだけではなくてそこに住んでいる方の思いにも触れることができ、多くの出会いがある、いい旅になりました!」と感激の表情で語っていた。

一方、山崎が向かったのは、“車では行けない秘境集落”。アンケートを実施した中で番組が注目した、東京都檜原村だ。なんと、車でも電車でもバスでも行くことのできない、歩いてたどり着くのも困難な山地に暮らしている人々がいるというのだ。調査をはじめると、なんと驚きの乗り物で自宅へと向かう村人が……!? しかも、そんな超不便な土地に新たにひとりの女性が移住してくることが判明。山崎は引っ越しを手伝うが、そこで見たのは、都会ではありえない“豊かな暮らし”でだった。果たしてそれはどんな暮らしなのか?

ロケを振り返った山崎は「最初、山を登っているときは、“なんてところに来てしまったんだろう”と思いましたが、いざ上がってみたら、自分の普段の生活とは違う暮らしがあり、そこに住む人の気概を目の当たりにしました。正直いうと、とんでもない人がいるな、と(笑)。不便だと思いますが、不便にも勝るものが間違いなくあるんだなとも感じました」と語った。

あなたにおすすめ