最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

おしゃれな「益子焼」が買えるお店6選!可愛い陶器を探しに行こう♪【栃木】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



昔ながらの古風なものからモダンな作家ものまで、普段使いのうつわとして人気の益子焼。
おしゃれなうつわを探して益子をめぐりませんか?きっとお気に入りが見つかりますよ。

記事配信:じゃらんニュース
益子焼って?

益子焼(ましこやき)とは、栃木県芳賀郡益子町周辺が産地の陶器のこと。江戸時代の末にうつわが焼かれて以来、陶芸の町として栄えるようになりました。

民芸風なイメージが強い益子焼ですが、益子に窯を構える若手の陶芸家も多くなり、個性あふれる作風の作品が新たに生まれています。
おしゃれな益子焼が買えるお店

益子焼の魅力は、個性あふれるうつわがたくさんあるところ。益子の町をのんびりとめぐりながら、おしゃれなお店やギャラリーで、お気に入りを見つけてみませんか?
【もえぎ城内坂店】
若手作家のうつわを探すならここ!
もえぎ城内坂店「植木鉢」久保田健司さん作
いくつもの益子焼のお店が並ぶ城内坂通りの城内坂交差点のそばにある陶器のお店です。
こちらのお店では、益子などの若手の陶芸家の作品を中心に展示・販売されています。
お手頃な価格の品揃えもうれしいですね。

店内は、半地下・半2階・2階と、3フロアで構成されていて、常設の展示のほか、個展も随時行われています。
展示は2週間ごとに3フロアがすべて入れ替えられるから、作品との思わぬ出会いが待っているかもしれません。

そのほか、ガラスや木工など、陶器以外にもいろいろな素材を使う作家の作品を手に取ることもできるので、ぜひお気に入りを探しに行ってみてください。
もえぎ城内坂店「マグカップ」阿久津雅土さん作もえぎ城内坂店「楕円皿」「花器」若林健吾さん作 もえぎ城内坂店
住所/栃木県芳賀郡益子町城内坂150
営業時間/10:00~18:00
定休日/年末年始
アクセス/車:北関東道真岡IC、北関東道桜川筑西ICから約20分
電車: 真岡鉄道益子駅から徒歩15分
駐車場/あり(無料駐車場5台)
「もえぎ城内坂店」の詳細はこちら
【G+OO(ジープラスツーノウツ)】
選び抜かれた益子焼や雑貨などが並ぶセレクトショップ

G+OO

存在感のある外観。店内はナチュラルでキュートな雰囲気になっています。

益子焼を扱ったお店などが立ち並ぶ城内坂通りにある、陶磁器と雑貨のセレクトショップです。

店内はゆったりとうつわが眺められる落ち着きのある空間。
益子でうつわを作っている人気の陶芸家をはじめ、約50名の作品が並んでいます。
このほか、木製品やキッチングッズ、ステーショナリー、ベビーグッズなど、多彩なラインナップを誇ります。

毎日の暮らしが楽しくなるようなアイテムが揃っているので、城内坂通りを歩く時は是非立ち寄ってみてください。
G+OO「スリップウェア」という技法を用いた伊藤丈浩さんの作品G+OO「ミニ花瓶」JOHNNYさん作。それぞれ大きさや形が異なるのが楽しいG+OO(左)「粉引花器」、後藤義国さん作(右)「動物たちの置物」しがみさこさん作 G+OO
住所/栃木県芳賀郡益子町城内坂115
営業時間/平日11:00~17:00、土曜・日曜・祝日11:00~18:00
定休日/水曜(祝日は営業)
アクセス/車:北関東道真岡IC、北関東道桜川筑西ICから約20分
電車: 真岡鉄道益子駅から徒歩20分
駐車場/あり(無料駐車場2台)
「G+OO」の詳細はこちら
【やまに大塚】
人気作家の作品がお手頃価格で手に入るお店で、お気に入りを見つけよう!
やまに大塚「わかさま陶房」Kinariシリーズの輪花皿/1,945円(税込)など
益子のメインストリート、城内坂通りの中ほどにある、「見る・食べる・遊ぶ・くつろぐ・見つける・思い出」をテーマにした益子焼のお店。

伝統的な益子焼から新進気鋭の若手作家まで、約150名の作品をお手頃価格で購入できます。
わかさま陶芸やよしざわ窯(※)、榎田若菜さんや佐藤敬さんといった人気の窯元や作家の作品も揃っています。

ゆったりとした空間で、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

同じ敷地には、一点もの作品を販売するギャラリーや陶芸教室のほか、ノスタルジックな雰囲気のカフェ、人気のカレーや益子産のそば粉を使用したそばがいただけるレストランなども併設されているから、時間を忘れて楽しめそうです。

※よしざわ窯の入荷情報は、やまに大塚のFacebookを確認してください
やまに大塚「YAMANI」ホワイトスープカップ/1,405円(税込)などやまに大塚いろいろの種類のうつわが、どれも手頃な価格で購入できますよ やまに大塚
住所/栃木県芳賀郡益子町城内坂88
営業時間/9:30~17:30(施設により異なる)
定休日/なし
アクセス/車:北関東道真岡ICから約25分、JR宇都宮駅より約60分
電車: 真岡鉄道益子駅から徒歩20分
駐車場/あり(無料駐車場30台)
「やまに大塚」の詳細はこちら
【益子焼窯元 つかもと】
陶芸体験や工場見学もOK!益子焼のテーマパークで遊ぼう♪
益子焼窯元 つかもと9カラーのコーヒーカップとソーサーが揃う「くく」シリーズ/750円~(税別)
益子焼最大の窯元として知られる「つかもと」。
こちらでは、益子焼のもつ魅力をたっぷりと味わうことができます。

本館売店では、大人気のひとり用土鍋「kamacco(かまっこ)」や、モダンなデザインの「くく」などのオリジナルブランドをはじめ、たくさんの益子焼に触れることができます。
また、「作家館」では、益子焼の作家にスポットライトを当てた品揃えと、併設のギャラリーで奥深い益子焼の作品を知ることができます。

広大な敷地では、このほか、陶芸体験や工場見学が楽しめるほか、食事処が揃っています。
まるで益子焼のテーマパークな「つかもと」で、一日のんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか?
益子焼窯元 つかもと平成29年度「とちぎデザイン大賞」最優秀賞受賞の土鍋「kamacco」/3,800円(税別)益子焼窯元 つかもと敷地内には「つかもと美術記念館」もあり、益子焼の歴史にふれることができます 益子焼窯元 つかもと
住所/栃木県芳賀郡益子町益子4264
営業時間/9:00~17:00(施設により異なる)
定休日/木曜
アクセス/車:北関東道真岡ICから約30分
電車: 真岡鉄道益子駅から車で5分
駐車場/あり(無料駐車場300台)
「益子焼窯元 つかもと」の詳細はこちら
【ハナメガネ商会】
どこかシュールでかわいいうつわや雑貨、本を探すならこちらへ!
ハナメガネ商会「AGO PAIX LABO」こけしの器シリーズ/2,160円~
昭和の女性向けの実用本や料理本、懐かし絵本に小説、随筆など…。
古民家を改装したお店の中には、オーナーが選び抜いた、懐かしい古本やこけしなどの民芸品などが揃っています。

一角には、作家それぞれに“真摯で愉快なこだわり”を感じるといううつわや雑貨も展示。
「こけしの器シリーズ」「マスコ焼シリーズ」など、益子の陶芸作家によるユニークでかわいい作品は、一見の価値ありですよ。
すべて一点物なので、欲しいと思ったら迷わず手に入れましょう!

そのほか、店内ギャラリーでは、随時企画展も開催。

益子めぐりの途中に、ちょっと立ち寄ってみたくなるスポットです。
ハナメガネ商会益子の陶芸作家3組(AGO PAIX LABO、菅谷太良、蓮見かおり)とイラストレーターますこえりさんがコラボした「マスコ焼シリーズ」ハナメガネ商会「マスコ焼シリーズ」。うつわ自体も素朴でかわいらしい雰囲気ですハナメガネ商会所せましと並べられた懐かしの本に、味わいのあるうつわ、雑貨など ハナメガネ商会
住所/栃木県芳賀郡益子町城内坂1665
営業時間/11:00~17:00(陶器市期間中は10:00~17:00)
定休日/水曜・木曜
アクセス/車:北関東道真岡ICから約25分
電車: 真岡鉄道益子駅から徒歩8分
駐車場/あり(無料駐車場1台)
「ハナメガネ商会」の詳細はこちら
【tete+gallery】
繊細な模様とぽってりとした形がおしゃれなうつわが揃うお店
tete+gallery松崎麗さんの作品:取り皿/2,100円(税抜)、豆皿(小)/750円(税抜)
益子駅から城内坂に向かう途中にある「tete+gallery」。
こちらは、店主である松崎麗さんが日々お店の隣のアトリエで制作している陶器にふれることができるギャラリーです。

花がモチーフになった模様など、こぢんまりとした店内に並ぶのは、どれも女性らしいかわいらしいものばかり。
松崎さんが選び抜いた、日本をはじめ、アジア北欧などの手仕事を中心とした暮らしの雑貨も揃っています。

なお、日頃は第3土日のみの営業となっているので、お立ち寄りの際はご注意を。
tete+gallery松崎麗さんの作品:楕円皿/3,000円(税抜)、真鍮カトラリー:スプーン、フォーク/各800円(税抜)、ミニスプーン/600円(税抜)、チークの木製カトラリー:丸/420円(税抜)、四角/460円(税抜)tete+gallery松崎さんのうつわのほか、手仕事から生まれた雑貨などを販 tete+gallery
住所/栃木県芳賀郡益子町益子2903
営業時間/10:30~17:30
定休日/毎月第3土日と春と秋の陶器市期間中のみ営業
アクセス/車:北関東道真岡ICから約20分
電車: 真岡鉄道益子駅から徒歩7分
駐車場/あり(無料)※内町屋台パークをご利用ください
「tete+gallery」の詳細はこちら
益子へのアクセス

高速バス「関東やきものライナー」利用の場合:秋葉原駅より益子駅まで約2時間30分です。

車の場合:東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICより約25分。常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICより約20分です。

鉄道(東北新幹線)の場合:東北新幹線で小山駅まで。小山駅で水戸線に乗換え下館駅まで約26分。下館で真岡鐵道に乗換えて益子駅まで約45分。
陶器市って?

「益子陶器市」とは1966年から開催されている益子恒例の行事のこと。例年、春のゴールデンウィークと秋の11月3日前後の年2回開催される、益子町の一大イベントです。販売店約50店の他、500ものテントが立ち並び、おしゃれなうつわがお手頃価格で手に入ります。また、テントでは作家さんや窯元の職人さん達とお話しすることもできますよ。

※この記事は2018年3月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

外部リンク(じゃらんnews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス