親にお金を貸すときに注意すべき3つのこと


成人した子どもにお金を援助するほうが社会的には一般的ですが、その一方で、老いていく親(とくに健康問題を抱えている場合)を子どもが経済的に支えることも実際には珍しくないと、お金の問題に関するメンタルヘルスの専門家Kathleen Burns Kingsbury氏は言っています。とはいえ、これにはしばしば恥の感覚が伴います。「(年老いて)お金のことで子どもに頼りたい親はいません」とKingsbury氏は言います。

親が高齢のベビーブーマー世代の場合はとくにそうです。この世代の人は、お金や自分が困っていることについて話すのに慣れていないかもしれません。だからこそ、共感と気配りを持って状況にアプローチすることが大切なのです。

1. 感情的にならない


「大切なのは、話し合いから感情を取り除くよう心がけることです。あるいは、そのとき抱くであろう感情を事前に処理してから話し合いに臨むことです」とKingsbury氏は言います。

親に援助を持ちかけようと思っている場合は、何を言うかじっくり考え、なぜ支援したいのか具体的な理由を挙げて伝えるようにしましょう。たとえば、未払いの請求書の束に気づいたとか、趣味にかけるお金を切り詰めているようだけど、といったように。その上で、援助を望むかどうか聞いてあげましょう。

「自分に主導権があると親御さんが思えるように、尊厳を保てるようにしてあげるべきです」とKingsbury氏は言っています。

こちらから声をかけてあげると、親御さんはほっとして、うまく話し合いができることもあります。

Kingsbury氏は自著『Breaking Money Silence(思い切ってお金の話をしよう)』の中で、こうした状況にアプローチする際のポイントを次のように述べています。
  • まず、自分の気持ちを見つめましょう。私たちは親の老いについて実にさまざまな感情を抱きます。友人やカウンセラーに話を聞いてもらうといいでしょう。最初にそうしておけば、親に話を持ちかけるころには、あなたの考えは固まっているはずです
  • 次に、愛情を持って話を切り出しましょう。「たとえば、あなたがいら立ちや不安を抱えたまま、準備もなしに話を切り出せば、誰もあなたの提案を受け入れないでしょう」とKingsbury氏は言っています。事前に計画を立て、「心配になってきたので、サポートしたい」というこちらの意図を伝えましょう。
  • 最後に、決断するための時間をあげましょう。「あなたは3カ月前から考えてきたことかもしれませんが、親御さんには唐突な話かもしれません」とKingsbury氏は言っています。少し考える時間が必要な場合もあるのです。

家族にはなるべく楽な経済状態で暮らしてもらいたいこと、過去に自分が親にしてもらったように、困っている時には親を助けるつもりがあるということをきちんと説明しましょう。

2. 事前にできるだけ計画を立てておく


まだそこまで危機的な状況に達していない場合は、事態が切羽詰まってくる前に話し合いをはじめる時間があります。親が助けを必要とするようになったらどうするつもりかを、ご自身のパートナーとよく話し合い、親に話を切り出す際の準備をしておきましょう。

「必ずしも楽しい話ではありませんが、時間がたつにつれて気まずさは薄らいでいきます」とKingsbury氏は言っています。そうしておけば、いざその時になって慌てずにすむでしょう。

3. 条件を前もって決めておく


子どもが援助を求めてくる場合と同様に、何事も包み隠さず話して基本ルールを決めておいたほうがいいと、Kingsbury氏は言っています。ただ子どもの場合と違うのは、「融資」よりも「贈与」になる可能性が高いこと。それでも、あくまで貸すだけという場合は、そのお金を何に使うのか、いつ返してもらえるのかといったことについて具体的なルールを設定しておきましょう。

「この取引を適切に処理すれば、借金の申し込みに伴う気まずさを克服しやすくなり、また、家族・友人間のお金の貸し借りがしばしばもたらすトラブルを、可能な限り軽減することにつながるでしょう」と、ファイナンシャルウェルネスに関するオンラインサービスを提供するSum180のCEO、Carla Dearing氏は言っています。

最悪なのは、援助の申し出が親子ゲンカに発展することです。でもKingsbury氏によると、幸い多くの場合、こうした申し出は親子のきずなを深める結果につながるそうです。

「相手に対する親しみの気持ちが増すので、たいていの場合、とても平和で打ち解けた話し合いができます」とKingsbury氏は言います。

あとは、全員のニーズが満たされるように、注意を払ってください。

Image: Unsplash via Lifehacker US

Source: Breaking Money Silence

Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ