スカンジナビア航空、エアバスA330-300型機を追加導入

Traicy

2018/4/13 23:15

スカンジナビア航空は、エアバスA330-300型機を追加導入する。

スカンジナビア航空は現在、エアバスA340型機を8機、エアバスA330型機を8機、エアバスA320ファミリーを41機の計57機を保有している。追加導入は長距離用機材の統一を図るためで、2019年第2四半期から投入を開始する計画。

エンジンはロールス・ロイス社製のTrent 772Bを装備する。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス