夫に「甘えすぎる妻」のNGポイント4つ 【勘ちがい妻 #10】

It Mama

2018/4/13 22:00

source:http://www.shutterstock.com/

男性は女性から甘えられたらやはりうれしいものですし、何とかしてあげたいという気持ちにもなるもの。

とはいえ、妻から必要以上に甘えられすぎたら、夫はさすがに面倒に感じるようになるでしょうし、ウンザリだってしてしまうでしょう。

そこで今回は、“夫に甘えすぎる妻”のNGポイントを紹介します。


▼夫に「甘えすぎる妻」のNGポイント4つ

(1)「無茶なお願い」が多い


頼みごとやお願いをする内容が、無茶なものや無理難題とも言えるようなものが多いと、甘えるというよりもただのワガママにしか夫は感じられなくなります。

そこの線引きは、間違えてはいけない重要な部分であるでしょう。

無茶なお願いばかりをしてくる妻のことは、「自分のことしか考えていない」としか夫も思えなくなるでしょう。それでは夫婦としても、協力し助け合えるような理想のパートナーとは程遠い関係性になっていってしまいますよ。

(2)「命令」のような形で甘える

source:http://www.shutterstock.com/

「お腹がすいたから何か買ってきて」とか「お風呂入りたいから洗ってきて」などと、まるで命令をするかのような形で甘えられるのには、夫もカチンとくるはず。

甘えられているという感覚には全くならず、ただ単に妻にあごで使われているとしか思えないことでしょう。

夫に頼みごとをするときに、指示を出すような感じでお願いをするのは絶対にやってはいけないこと。それでは男のプライドを踏みにじるだけなので、やってあげたいという気持ちには全くならないでしょう。

逆に、ちょっと持ち上げるくらいの方が、夫も気持ちよく動いてくれるものですよ。

(3)「自分でやってみる」ことがない


夫に甘えたりお願いをするにしても、まずは一度自分でもやってみることが大事。

自分では一切何もしようとしないで、いつでも全てを丸投げしてしまうと、「少しは自分でもやってみろよ」と夫だって内心思うはずです。

「自分でやってみたけれどできなかったので助けてほしい」という形の方が、夫も助け甲斐がありますし、できたときに優越感にも浸れるもの。

そういう甘え上手な妻のことは、夫も素直に可愛らしく思えるし、守ってあげたくなったりもすることでしょう。

(4)「自立心」が全くない

source:http://www.shutterstock.com/

お互いに常に対等な状態にあって、困ったときには助け合えたりフォローし合えるような関係性こそ、理想の夫婦の形であると言えます。

なので、いつでも常に甘えてばかりくる妻は、夫婦であっても鬱陶しさを感じるようになるはず。

自立心を全く持っていないようにも感じるので、どんどん自分に依存されていくような息苦しさもあるでしょう。夫に甘えるのは悪いことではないですが、おんぶに抱っこになりすぎると夫には重荷でしかないので、気持ちも冷めていく一方ですよ。

程よく甘えられたり頼られたりしたら夫も助けてあげたいという気持ちになりますが、何でもかんでもやらされたら、確実に重荷になっていきます。

それでは夫婦として一緒にいることにも、疲弊していってしまうはずです。気を付けてくださいね。

【画像】
※ Kittisak Sirichunsuwan、Elnur / Shutterstock

あなたにおすすめ