全国優勝経験あり!田中圭がバスケ&NBAを語る「NBAの仕事で現地に行けると思ったら、意外と実家の近くだった(笑)」

ザテレビジョン

2018/4/13 21:20

世界最高峰のバスケットボールリーグ、NBAのプレーオフが、日本時間の4月15日(日)にいよいよ開幕する。今回、バスケとNBAをこよなく愛する俳優・田中圭に、バスケ歴やNBA観戦歴、プレーオフの見どころや注目選手について語ってもらった。

――田中さんがバスケットボールやNBAを好きになったきっかけを教えてください。

母親がバスケ大好きで、その影響で小学1年生の時にYMCAでバスケを始めたんです。それが唯一ずっと続いた習い事だったんですけど、東京YMCAで全国優勝したりして。小学6年生がスタメンを張る中、僕は4年生の時から1人スタメンだったんです。軽い自慢になっちゃいますけど(笑)。

NBAはバルセロナ五輪のドリームチームの時からですね。母親がテレビでバスケを見ていて、ずっと一緒に見ていました。母親の好きだったチームがインディアナ・ペイサーズで、家にレジー・ミラーのポスターが貼ってあったんです。レジー・ミラーってちょっと「ストリートファイターⅡ」のダルシムに似てるから、子供ながらに「何でダルシムのポスター貼ってるんだよ」って思ってましたね(笑)。

僕はラトレル・スプリーウェルがすごい好きで、ニューヨーク・ニックスで8番をつけていたので、僕もずっと8番をつけていました。決まったチームを応援していたわけでもないんですが、唯一ひいきで見ていたのがスプリーウェルで、でも、プレーオフであんまり勝ち上がれないんですよね…セミファイナルとかで負けちゃって、スプリーウェルがボールを叩きつけている姿をよく覚えています。

――子供のころからNBAを観戦していたんですね。バスケットボールはいつ頃までプレーされていたんですか?

また軽い自慢になっちゃうんですけど(笑)、僕は中学受験でそこそこの進学校に行ったんです。高校受験があるとバスケができなくなるからって、母親が中学受験させてくれて。中高一貫でバスケずっとやっていたんですけど、高校1年生の時にケガをしてしまって、ずっとやっていたバスケをできなくなったんです。それで、やる事、目標を見失っていたときに、芸能界のオーディションを受けたのが、この仕事を始めたきっかけでした。

それから、バスケからは段々離れていってしまったんですけど、10年くらい経った時に一回り上くらいの友達ができて、その人がバスケのチームを持っていたんです。毎週そこで練習するようになって、1回だけですけど区の大会にも出場したり、10年ぶりくらいにバスケをやる環境になりました。一昨年くらいは忙しくて練習に行けなかったんですけど、今年は比較的、それこそ1月や2月は毎週のようにバスケしてました。

■ NBAは大好きだし、元バスケット少年からしたら本当に憧れ

――10年ぶりにバスケにのめり込んでいったんですね。子供の頃から決まったポジションなどはあったんですか?

基本はシューティングガードでしたね。昔はドリブルもちゃんとついてましたけど、今はもうドリブルつかないです(笑)。ステフィン・カリーだ!とか言いながら、すぐシュート撃っちゃうんで(笑)。ドリブルは、しばらくやっていないと、あれ?あれ?みたいになるんです。でもシュートはどっかで覚えている感覚があるから、ちゃんと入るんです。遠くからでも入っちゃうんで(笑)。

――それからプレーするだけでなく、WOWOW NBA中継にゲスト出演されるようになったんですね。

2015-2016シーズンの途中、WOWOWさんから「NBA好きですか?」とお話をいただいて。実は僕、最初に「仕事でNBAを見る」って聞いた時に、現地に行けると思っていたんです…。元々NBAは大好きだし、僕ら元バスケット少年からしたら本当に憧れですから、マネジャーから話を聞いて、まじですか!?絶対やりたい!ってお願いしたんです。そしたら違いました(笑)。あれ、江東区?意外と実家の近くだな?って思いながら(笑)。

――それではここから、プレーオフの話を聞かせてください。注目しているチーム、期待している対戦カードはありますか?

ここ3年はファイナルのカードが一緒で、ゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズですけど、同じカードでもチームの状態や、選手たちの思いが全然違うから、すごく楽しく見られますね。中でもウォリアーズのスプラッシュブラザーズ、カリーとクレイ・トンプソンが大好きです。ただのシューターじゃないし、かっこいい。ウォリアーズには注目しているし、それこそ連覇しちゃえばいいじゃん!とも思うし、他のチームも、どこがウォリアーズを負かすのかにも興味がありますね。

キャバリアーズは、レブロン・ジェームズが同い年なんです。最初に見たときはかわいそうって思いましたね。1人でずっと頑張らなきゃいけないから。レブロンが不調になれば負けるし、全てを1人で背負っているイメージがあった。ウォリアーズとファイナルで戦ったときは、ウォリアーズ好きなはずなのに、レブロン頑張れ!ってなってました。ウォリアーズに連覇してほしいって思ってたのに、レブロンやった!勝った!って(笑)。

■ プレーオフはドラマ性があるし、みんなが本気で獲りにくる

――田中さんから見て、レギュラーシーズンとプレーオフの大きな違いは何でしょう?

レギュラーシーズンとプレーオフの違いは…僕が言うと、すごいNBAが好きな人に怒られそうな気がするんですけど、大丈夫かな(笑)。僕にとってプレーオフは、レギュラーシーズンの集大成ですね。プレーオフはみんなが本気で獲りにくるし、どのチームもそのための布陣を一年かけて作ってくるので、プレーオフだけ見ればいいじゃん!って思っちゃう(笑)。

もっと奥にいくと、それも分かった上でのレギュラーシーズンの面白い見方があるのは分かってるんですけど。プレーオフにはドラマ性があって、一戦も落とせない中で全員が本気でくるし、そこに駆け引きも入ってくる。めちゃくちゃ面白いので、是非見ていただきたいです。バスケの最高峰のNBA、その中での最強を決めるプレーオフが始まるわけですから、これは見ない手はないです。

――6月16日(土)夜10時から出演される「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」が放送されます。こちらの見どころをお聞かせください。

「ダブル・ファンタジー」は自分に正直に生きる女性の姿と、その女性を取り巻く男性陣が翻弄される様子を描いた官能ドラマです。水川あさみさん演じる主人公の高遠奈津ことなっちゃんは、女性の現実や自分の抑えられない衝動、モラリズムに揺れ動く、すごく人間らしいキャラクターです。僕が演じる岩井良介は、なっちゃんと昔少しだけ付き合っていた新聞記者で、お互いパートナーがいる中で出会ってしまい、求め合うんですね。

けっこう心をえぐられる人も多いと思いますが、共感してもらえる綺麗さと不条理さが詰まっていて、男性も女性も楽しめるドラマになっていると思います。NBAファイナルの迫力あるプレーに胸を踊らせ、その後は「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」の胸を締め付けられるような大人の恋愛をぜひご覧ください!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143707/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ