最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

カミナリ竹内、本気のドツキで相方をKO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月10日にAbemaTVで放送された「デスゲーム」に、ドツキ漫才で知られるカミナリが出演。ボケとドツキの役割を変えての漫才を披露した。デスゲームは「過去に因縁のある芸人が拳の代わりにゲームで決着をつける」をコンセプトにした番組。敗者には勝者から突きつけられる凶悪な罰ゲームが即執行される。

 この日、カミナリは「スーパーボンバーマンR」でバッドナイスと対戦。接戦の末に敗れ、バッドナイス提示の罰ゲーム「ドツキ漫才を、ボケ・ツッコミ交代して披露」を受けることになった。通常ふたりの役割は、ボケが身長175cm・体重65kgの竹内まなぶ、ツッコミが同160cm・55kgの石田たくみ。体格差があることから激しいドツキも深刻なダメージにまでは至らない。しかし役割を逆にするとなれば話は別。ボクシングの階級にすれば石田はスーパーバンタム級、竹内はウェルター級に該当する。5階級も違うから危険だ。

 罰ゲームでカミナリが披露したネタは「10回クイズ」。左右逆の立ち位置につき、冒頭のお約束も「ねぇねぇ、まなぶくん」「どうしたの、たくみくん」と逆にした。石田が10回クイズの出題をねだり、竹内がお題を出す。正解を答えて得意になっている石田の頭に、竹内の振り下ろすようなドツキがさく裂した。スタジオに響くドスッという鈍い音。石田の顔が衝撃にゆがむ。司会のかまいたちが「痛そう~」と声をあげた。「9回しか言ってないだろ」竹内のツッコミにスタジオは爆笑に包まれた。

 罰ゲームを終えたふたりは、いつもと勝手の違う漫才に疲れきった様子。計6回のハンマードツキを繰り出した竹内は手の痛みを訴え、石田はKO負けしたボクサーのように呆然としていた。それでも初めてやった逆バージョンに「学ぶところがあった」と口を揃えた。

(C)AbemaTV

▶「デスゲーム#9」(見逃し視聴)

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス