最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

志村どうぶつ園、加藤ゆうみの“サソリ駆除”に批判殺到のワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月7日放送の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)に、ミス・ユニバース・ジャパン優勝者の加藤ゆうみ(21)が出演。ケニアロケでの行動が、視聴者の間で物議を醸しているようだ。

この日の番組では、絶滅の危機に瀕している動物を取り上げる「絶滅ゼロ部」のコーナーを放送。部員の加藤が、絶滅危惧種のロスチャイルドキリンの保護活動を取材するため、ケニアを訪れた。

加藤は、ケニアの湖に浮かぶキリン島という無人島に上陸し、密猟者などからキリンを守っているレンジャー部隊の保護活動を取材。加藤は、島に落ちている動物のフンを素手で触ったり、パトロール中に発見したシロアリの巣を食べたりと、随所で野性的な行動を見せる。その一方で、かつてケニアの住民がキリンを狩って食べていたという事実を知り、ショックのあまり涙を流す一幕もあった。

その後、加藤は密猟者対策のためのレンジャーの夜間パトロールに同行。道中に毒を持つサソリを発見すると、加藤は木の棒を押し当て、手慣れた手つきでサソリを駆除。サソリの尻尾を大胆に切断し、殺していた。

そのときの加藤の行動に、視聴者からは疑問の声が。ネットには「キリンに関しては涙を流すクセに、サソリは躊躇なく殺すんだ……」「キリンを食べることに泣いていた女が、何の罪もないサソリを潰していることに激しく違和感」「駆除されたサソリには涙を流さないのね」「キリンはかわいいから守って、サソリや蛇は気持ち悪いから殺すの?」といった、批判的なコメントが多数寄せられていた。

「加藤ゆうみは、2017年10月放送の同番組でスタートした新企画『絶滅ゼロ部』で、部員第1号に任命。加藤は、5歳のときにマレーシアに移住。14歳のときには親元を離れて、小さな島で一人で自給自足の生活を送っていたと紹介されていました」(テレビ誌ライター)――サバイバル経験が豊富すぎた?


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス