政府が「海賊版サイトへのアクセス遮断」を要請!しかしそこには多くの問題が/(^o^)\

かみあぷ速報

2018/4/13 19:00


先日お伝えしていた通り、本日政府は3つの海賊版サイトへのサイトブロッキングを自主的に実施してもらうようプロバイダーに促す決定をしました。

しかしサイトブロッキングにはさまざまな懸念があり…。さらに「イタチごっこ」となりそうな雰囲気も漂っているようですよ。

■サイトブロッキング実施へ?


最近、ネット上を騒がせている海賊版サイト。

政府は事態を重く見たようで、児童ポルノ対策のために導入されている「サイトブロッキング(特定のサイトへの接続を遮断する措置)」をプロバイダーに実施するよう促す決定をしました。

対象となるのは海賊版サイト3つ(同一とみなされるサイトも含む)で、この措置は「あくまで法整備されるまでの緊急的な措置」とのこと。

モザイク処理しています

しかし日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)はこれに対し「著作権侵害への対策としてのブロッキングは断じて許されない」との見解を発表。JAIPAとしては、
  1. サイトブロッキングは、すべてのユーザーを対象にサイトのアクセス先などを監視して一部の通信を遮断する方法である。これは法律的にも禁じられている
  2. 政府が特定のサイトへの接続遮断を求めることは、事実上、憲法が禁止する検閲にあたるおそれさえ懸念される
  3. 児童ポルノ流通防止対策のためのサイトブロッキングが決定した時、政府の立場は児童ポルノ以外に要請を広げることはないということだった

などの理由から「サイトブロッキングは許されるものではない」との立場のようです(見解の発表は4月12日付)。



JAIPA以外にも「一般社団法人インターネットコンテンツセーフティ協会」「一般社団法人インターネットユーザー協会」などもサイトブロッキングに反対の声明を発表しています。

果たして政府が実施を促したところで実際にサイトブロッキングが行われるのかどうか…微妙なところかもしれませんね。

■イタチごっこの様相


さてそんな中、今回対象となった海賊版サイトのうちの1つである「漫◯村」に関する話題が。漫◯村は4月11日から繋がりづらくなり、その後Google検索から消えていたのですが…



今回「漫◯村」から「漫◯タウン」に名前を変え、復活したと話題になっているんです。

漫◯タウンの公式Twitterを名乗るアカウントは、漫◯村だった頃と同じような煽りっぷりを披露…(編集部にてモザイク加工済み)。









本当に漫◯村と同一人物が漫◯タウンを立ち上げたのかは分かりませんが、もしも同一人物だとすれば、まったく反省していないようです。

おそらくサイトブロッキングが実施されたとしても、新たなサイトを立ち上げ→さらにそこもサイトブロッキング→また新たなサイト立ち上げ…とイタチごっことなるのは火を見るより明らか。

政府はサイトブロッキングの実施を促す一方、現在合法である「静止画(書籍)のダウンロード」の違法化も視野に入れ、法整備を進めていくそうです。

時間はかかりそうですが、日本の文化である「漫画」「アニメ」を守るためにも早急に法規制していただきたいですね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ