最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』がいよいよ4月13日より公開となりました。



前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年、進化を遂げ再び地球に姿を現したKAIJUから地球を守るため、新たな世代のイェーガーパイロットが立ち上がる姿が描かれる本作。新『スター・ウォーズ』三部作のフィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャストが集結しています。



前作に引き続き、本作にもたくさんのKAIJUが出てくるのですが、みなさんも子供の頃「こういう怪獣いたら恐いな」「僕の考えた怪獣が最強!」とかって妄想したりしませんでしたか?

そこで、今回はガジェット通信記者のかわいい子供たちに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を描いてもらいました。



さらにその絵をもって『パシフィック・リム:アップライジング』のスティーヴン・S・デナイト監督と主演のジョン・ボイエガを直撃! 感想・コメントをもらってきましたよ!

Yくん(9)の作品『スクリームボーン』






・ノドのところから竜巻が出てきて、敵を上空に吹き飛ばし、地面にたたきつける。

・回転する歯で地面を掘って高速移動し、敵を真下から攻撃できる

・しっぽは毒針で散弾銃のようにたくさん同時発射できる


デナイト監督:わあ、すごい! 竜巻だ!

ボイエガ:竜巻だから空を飛んで攻撃するかと思いきや、相手を上空に飛ばすんだね。すごい発想だ。

デナイト監督:しっぽから毒針がたくさん出るなんて、恐ろしいね……。たたきつけて、さらに真下から攻撃される。これはイエーガーたちもお手上げなんじゃない?(笑)

ボイエガ:本当だよ…。考えただけで恐怖さ。

Kちゃん(11)の作品『タコの様な怪獣』






・舌が伸びて、毒を相手に塗り付ける

・手が伸びて、遠くにいる相手を捕まえることができる

・舌の先からクモの糸みたいなねばねばの糸がでて、敵を身動きとれなくする


デナイト監督:タコだ。色もいいね。僕も子供の頃こういう絵をたくさん描いていたんだ。

ボイエガ:ぐにゃぐにゃと動く怪獣っていうのは、僕たち対峙する側からいうとすごく怖いんだよ。

デナイト監督:(描いたのは女の子なんです、と聞いて)舌で毒を相手に塗りつけるなんてカッコいい発想だね!

ボイエガ:あと5年くらいしたら、スタジオの面接を受けたほうがいいよ。絶対にね!

Aくん(6)の作品『頭が2つと思いきや3つの怪獣』





デナイト監督:ゴジラだ!! 僕は日本のウルトラマンや怪獣が大好きなんだけど、ゴジラも大好きなんだ。

ボイエガ:頭が2つと見せかけて、3つってすごいね。油断させておいてやっつけるのかな?

デナイト監督:歯がとても上手に描けているね。君くらいの時、僕も怪獣やヒーローに夢中だった。好きなことをずっと続けていれば、僕の様に大人になってから仕事で怪獣と関わることもできるんだよ。好きなことはずっと好きでいてね。



終始大盛り上がりのデナイト監督&ボイエガさん。次のページでは2人も震えがったさいきょうのかいじゅうが登場します!



Yちゃん(7歳)の作品『レインボーティース』






・レインボーの歯を持っている

・イナズマビカリビームを放つ。ビームは黄色・弱い、オレンジ・中くらい、赤・ちょーつよい。


デナイト監督:わあっ、これはサボテンかな?

ボイエガ:歯がレインボーでキレイだね! そしてレインボーって今の時代にあっているよね(笑)。

デナイト監督:火が色によって強さが違うんだ。よく考えられているね。口から炎を吐くのではなく、目からビームとして出ている。かっこいいね!

おなじくYちゃん(7歳)の作品『ピンキーブラザーズ』






・兄は怒ると肌の色が赤に変わってトゲトゲになる。足のおもちゃでおびきよせる。必殺技は「ウォーター&ファイヤー」

・妹はリボンの上から蝶を出しておびきよせておそうかいじゅう。ハートのネックレスで強くなる。


デナイト監督:見た目はかわいい怪獣だね。あれ、足にクマや車がついているね。

筆者:このおもちゃでおびきよせるそうです!

ボイエガ:おびきよせる!? まさか小さな子供をかい?!

デナイト監督:なんて恐ろしい怪獣なんだ……。



筆者:さらに妹は強くなると、リボンがグシャグシャになり、そのリボンから火を吹きます。必殺技「リボンファイヤー」です。

デナイト監督&ボイエガ:えーっ!

筆者:そして倒された相手はお花の中の蝶になってしまうんです。

ボイエガ:この絵を描いてくれた子は何歳? 7歳! 僕が7歳の時はこんな事思いつかなかったよ!

デナイト監督:僕もさ。この発想には恐れいったね。本当に怖いよ。今回の映画に彼らが出てきたら、世界は危なかったかもしれない。



終始、にこやかに、それぞれに「わー!」とか「すごい!」と歓声をあげてくれたデナイト監督&ボイエガさん。本当にありがとうございました!

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は現在公開中! 監督は劇中の怪獣について「怖さや脅威を感じさせつつも、小さな子供が観ても怖すぎず気持ちが行くようなバランスを大切にしようと考えたんだ。子供の頃に観たウルトラマンやゴジラでも、敵役に感情移入して観ることが多かったから、愛される悪役の要素を入れているよ」と語っているので、ご注目です。

『パシフィック・リム:アップライジング』予告編



公式サイト:http://pacificrim.jp

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス