最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

永野芽郁、松雪泰子との『半分、青い。』母娘ショットに反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の松雪泰子が4月13日、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で共演中の永野芽郁との2ショット画像を公開。同ドラマの視聴者を中心に、ネット上で大きな話題となっている。

 これは同日、松雪が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、「いよいよ明日登場のスズメ とおかーちゃん ウチの娘を皆様どうぞよろしくお願い致します。」と紹介しつつ、同ドラマで母娘役として共演中の永野との親子ショットを公開。

2人仲良く顔を寄せ合って、楽しげな笑顔を見せる彼女たちの姿に、ネット上のファンからは「美しすぎるおかーちゃん(ハート)」「どちらもかわいいしお美しいです!どちらも大好きなので嬉しいです」「きれいすぎてうっとり(ハート)」「芽郁ちゃんの鈴愛登場楽しみにしてます」「めっちゃキレイです」「素敵なShotですね(v^-゜)」「いよいよ芽郁ちゃんですね!2人のやりとり楽しみです こーやって見るとホントの親子みたいです!」と、その"美人母娘"ぶりを称賛する声が寄せられることとなった。

同作は、岐阜県と東京を舞台に、ひらめきと行動力を持った永野演じるヒロイン・鈴愛(すずめ)が、高度経済成長期の終わりから現代を生き抜き、一大発明をなしとげるまでという、およそ半世紀の物語が描かれる。今回、松雪が紹介しているように、これまでは鈴愛の幼少期の話であったことから、鈴愛役は子役の矢崎由紗が担当し、永野版の鈴愛はここからが本番。果たして、矢崎の後を受けて登場する永野が、松雪と共に、一体どのように母娘役を好演することとなるのか、注目したい。


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス