学校をサボって…!? 6歳の少年が体験する「雪国大冒険」が話題

ananweb

2018/4/13 18:30


■ 子どもの瑞々しさが詰まった注目作『泳ぎすぎた夜』!

【映画、ときどき私】 vol. 156

青森の山あいにある小さな町に暮らす4人家族。しんしんと雪が降り、ひっそりと静まり返るなか、漁業市場で働く父親は、夜明け前にひとりで仕事へ行く準備をはじめていた。しかし、この日に限って目を覚ましたのは、6歳の息子。父親が出かけたあとにクレヨンで魚の絵を描いていた。

そして翌朝、うつらうつらしたままの少年は、朝食を摂った後に登校するが、学校へは向かわず、雪の中をさまよい歩くことに。父親に自分の描いた絵を届けようと思ったのか、漁業市場を目指す少年の新しい冒険がはじまった……。

青森を舞台にした本作は、昨年のヴェネチア国際映画祭でオリゾンティ部門に出品されるなど、世界的にも高い評価を得ている作品。そこで今回は、共同監督として企画から立ち上げたこちらの方々にお話を聞いてきました。それは……。

■ ダミアン・マニヴェルさん&五十嵐耕平さん!

フランス出身のダミアンさんと静岡出身の五十嵐さんという日仏の若き才能が合わさったことによって生まれた作品ですが、今回はその裏側やお互いのことについて語ってもらいました。

■ 2014年のロカルノ映画祭で偶然出会ったというおふたりですが、その後一緒に映画を撮ることになったきっかけは?

五十嵐さん
 ダミアンが日本に来ることがあり、何度か会っているうちにどんどん仲が深まっていった感じなんですけど、実は2015年に新宿の安い居酒屋で夜中に飲んでいるときに酔っぱらってなんとなく決まったんです。だから、最初は飲みの席の口約束ですね(笑)。

ダミアンさん
 前の日からずっと2人で映画の話をしていて、どういう映画を撮りたいかというの考えていたんですけど、酔っぱらっていたので「じゃあ一緒に映画作りましょう!」みたいな感じでしたね(笑)。

■ 似ているから仲良くなれたのか、真逆だからこそ惹かれるのか、おふたりの関係性はどのような感じですか?

五十嵐さん
 なんとなく空気感は似ていると思うんですけど、ディープなところにいくと全然違うんですよ。というのも、映画を撮っているときや性格はまったく違うんですけど、考えていることの目標には共通点があって、そこは似ているような感じがありますね。普通は監督同士だとなんとなくライバル心みたいなのがありますけど、ダミアンとはそういうのはないです。

ダミアンさん
 多分、同じくらいの年齢で好きな映画もだいたい同じような感じだからお互いを理解しやすいんだと思います。映画の世界には競争心みたいなのはたくさんありますけど、五十嵐さんとは友だちでもあるので、僕たちにはそれはないですね。

■ 言葉も文化も違うなか、自分にはない相手のいいところ、尊敬しているところがあれば教えてください。

ダミアンさん
 撮影のときはみんな忙しいし、ストレスもたくさんあるんですけど、問題が起きたときでも五十嵐さんはすごく静かでまじめ。だから、本当にびっくりしましたし、感情のコントロールは素晴らしいと思いましたね。

五十嵐さん
 ダミアンは、全部の可能性を最後の最後まで確かめるんです。つまり、リスクはあるけど自分にはわからない可能性があるかもしれないということをいつも考えていて、突っ込んでいくんですよ。だから、ダミアンのあきらめないチャレンジ精神はリスペクトしているところですね。

■ 五十嵐さんが以前仕事で行った際に気に入ったという青森の弘前市が舞台ですが、魅力を感じるところは?

五十嵐さん
 東京から車で行くと、とにかく静寂。弘前はもともと城下町の文化的な場所なので、もちろん人もたくさん生活しているんですけど、いったん外に出ると雪で全部が真っ白で誰もいないようにさえ感じるんですよ。そういう文化的な面と生活の面とのコントラストがすごくおもしろいと思いました。

■ たびたび来日もしていて、日本語も流ちょうなダミアンさんですが、初めて弘前に着いたときの印象は?

ダミアンさん
 僕はいつも映画の撮影で新しい場所へ行くと、友だちと関係性を築くように時間がかかるほうなんです。なので、今回も青森に着いてから、「すごくきれいだけど、どうやってこの風景を撮ろうか?」とわからなくて、少し怖かったんですよ。でも、毎日同じ風景を見ているうちにわかるようになっていった感じですね。

■ 撮影で1か月半も弘前にいて、カルチャーショックを受けたことはなかったですか?

ダミアンさん
 今回は、仕事をしてから銭湯に行って、またみんなと次の日のことを考えるみたいな毎日のルーティーンがあったから、特にそういうことはなかったかな。それよりも、自分の考えを日本語で伝えないといけなかったりするほうが大変だったかもしれないですね。

でも、普段僕はパリに住んでいるので、青森みたいにすごく静かで、毎日早起きをして雪かきをしている田舎の生活には驚きもありました。もちろんポジティブな意味で。僕は本当に青森が好きなんです。

今回は子どもが本来持っている感情や動きを撮りたかったというだけに、プロの子役を使わないと決めていたおふたりが決行したのは、駅前のショッピングモールや音楽イベントで子どもたちを観察し、気に入った子に声をかけるという驚きの方法。そのなかで運命の出会いを果たしたのが、本作で主演を務めた古川鳳羅(こがわたから)くん。

■ いろいろな子どもを見ていくなかで、鳳羅くんを選んだ決め手は?

五十嵐さん
 鳳羅くんは、基本的にめちゃくちゃなんですよ(笑)。というのも、人間の感情が全部表に出ちゃうような子なんです。でも、人に対して愛情がある子で、本当にセンシティブで感性が豊かだし、それを全部外に出すことができるというのが一番の魅力かなと思います。全然コントロールが効かないところもありますけど、それがまた人間という感じがして魅力ですね。

鳳羅くんは自分の意志がすごく強い子なので、自分のアイディアでやったりすることもありました。ただ言われたことだけをやるんじゃなくて、こっちのことを意識しながら自分がやりたいこともやっていたので、そもそも頭がいい子なんですよね。

■ フランスの子どもとは全然違うと思いますけど、鳳羅くんはどういう印象を持ちましたか?

ダミアンさん
 日本の子どもをあまりたくさん知らないので違いはわからないけど、最初に鳳羅くんを見たときにおもしろくて好きだなと思いました。ただ、ちゃんと演じられるかわからなかったので、いろんなテストをしたんですけど、そうしていくうちに「この子と映画を作りたい」と思うようになっていった感じですね。

■ この作品はドキュメンタリーのようなリアルさもありますが、実際はどのように演出して作っていったのですか?

五十嵐さん
 僕たちの間でもすごく話し合っていたので、最初はある程度は僕たちが言ったことをやってもらおうと思っていたんですけど、それはあくまでも僕たち大人が考えていることであって、鳳羅くんはそういう遊びは全然したくないと思っていたりするんですよ。

そうすると、強制的にそれをやらせなきゃいけなくなるので、そうじゃなくて、彼を観察して「そもそも鳳羅くんならこれをやる」ということを話に組み込むようにしたんです。そうやって、道筋だけ作っておいて、あとはカメラの前で自由にさせてあげるようにするようにしていましたね。ときどき鳳羅君の考えていることが理解できないときもありましたけど、そういうことも含めておもしろかったですし、それがこの映画には必要なことだと思いました。

■ 作品にはおふたりの子ども時代を反映している部分もありますか?

ダミアンさん
 もちろん僕たちの思い出についてもありますけど、友だちとかスタッフの人たちにも「あなたの子ども時代はどうだった?」と聞いて、みんなの話を少しずつミックスしてストーリーを作っていきました。

だから、鳳羅くんのポートレートであり、僕たちみんなの子ども時代のポートレートでもあるんですよ。僕も鳳羅くんみたいなやんちゃなタイプだったから、気持ちはよくわかりました。

■ 鳳羅くんにはどんな大人になって欲しいですか?

五十嵐さん
 俳優になりたいと言ったこともありましたけど、タカラトミーの社長になりたいとか、ダンサーになりたいとか、毎回聞くごとに違ったのでまだわからないですね(笑)。でも、本当に鳳羅くんが大好きなので、大人になっても自分のやりたいことをやってもらえたらいいなと思います。

■ 最後に、観客へ向けてメッセージをお願いします。

ダミアンさん
 この映画のスタイルと鳳羅くんは本当におもしろいと思いますので、ぜひ観てください!

五十嵐さん
 この映画では、鳳羅くんがずっとひとりで出ていますけど、鳳羅くんとお父さんの関係とかは世代の話でもあるんです。特に僕たち30代半ばというのはちょうど真ん中で、まだ誰かの子どもでもあるし、誰かの親でもあるから両方の気持ちがわかると思うんですよね。なので、自分の小さい頃を思い出したり、自分が親になって子どもに対して思うことだったり、その両方があると思うので、そういう部分を感じてもらえたらうれしいです。

■ 子どもにしかない豊かな感性を味わえる!

唯一無二の存在感で観客の目を引き付ける鳳羅くんの魅力でいっぱいの本作。大人になると失ってしまう感覚を一緒に体感し、自らも新たな冒険へと踏み出してみては?

■ ほっこりする予告編はこちら!



■ 作品情報

『泳ぎすぎた夜』 4 月 14 日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開配給:コピアポア・フィルム+NOBO(C)2017 MLD Films / NOBO LLC / SHELLAC SUD

毎日、騒々しいなかで忙しい生活を送っていると、ときには心が洗われるような映画に癒されたいと思うもの。今回は、そんなときにオススメしたい作品をご紹介します。それは……。

あなたにおすすめ