最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

未来を走るBMWの「i8」がクーペとロードスターのツートップ体制に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未来を走るBMWのプラグイン・ハイブリッド・スポーツカー「i8」がマイナーチェンジを受け、4月9日から販売がスタートした(納車は9月以降)。



新型では外装デザインのブラッシュアップとともに“電気の力”をパワーアップ! さらには待望のオープンモデルもラインアップに加わった。

2014年9月にデビューした「i8」は、量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)をボディの基本骨格に採用するとともにプラグイン・ハイブリッド技術の「eDrive」を搭載し、スポーツカーでありながらコンパクトカー並みの燃費性能や低排出ガスを実現したモデルだ。



高い強度を持つCFRPはスチールより50%、アルミより30%ほど軽量な素材で、バッテリーによる重量増を相殺するだけではなく、車両の低重心化にも貢献している。BMWがこだわる前後重量配分はもちろん50:50。i8の卓越した運動性能は、数あるBMW車の中でも指折りだ。



新型i8では外装デザインを改良したほか、搭載するリチウムイオンバッテリーの容量を従来の20Ahから33Ahへと増強し、電気モーターのパワーを従来から12psアップの最高出力143ps/最大トルク250Nmへと引き上げている。1.5Lの3気筒ターボ(231ps/320Nm)と組み合わせたシステム全体のパワーも、12psアップの374psになった。



今回のマイナーチェンジに伴い、従来のi8は「i8クーペ(2,093万円)」を名乗り、「i8ロードスター(2,231万円)」とのツートップでBMWの先進性やスポーツ性をアピールしていく。



i8ロードスターの電動ソフトトップは、約15秒、時速50km/h以下なら走りながらでも開閉可能なので、気分がおもむくままにオープン⇔クローズを楽しめる。



また、2シーターオープンでは幌を収めたときにカバンなどを仕舞うスペースが無くなってしまう不便さに直面することも多々あるが、i8ロードスターでは幌の収納エリア下に約100Lのスペースを確保。幌を収めるリアセクションの造形もなかなかドラマチックで、走り去る姿に釘付けになりそうだ。

(zlatan)

画像元:BMWジャパン


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス