世界中で大人気!生誕60周年を記念して「くまのパディントン(TM)展」が渋谷で開催♪

じゃらんnews

2018/4/13 12:00


マイケル・ボンド氏 (C) P&Co. Ltd. 2018

映画も公開され世界で大人気の「くまのパディントン」♪今年で生誕60周年を記念して、展覧会が2018年4月28日(土)から6月25日まで渋谷・東急本店横にあるBunkamuraザ・ミュージアムで開催されますよ。
絵本や漫画の原画や世界中で出版された書籍、さらには2017年6月に91歳で逝去した、パディントンの生みの親である作家マイケル・ボンド氏の貴重な仕事道具やインタビューなど見ることが出来ます!子供から大人まで性別や国を超えて愛されるパディントンの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?
パディントンって?

パディントンは1958年にイギリスの作家マイケル・ボンド氏によって誕生しました!誕生のきっかけは、ボンド氏がロンドンのお店で売れ残っていた小さなクマを可哀想に思い、奥さんへのクリスマス・プレゼントとして購入したこと。当時、パディントン駅近くに住んでいたことから「パディントン」と名づけられました。
ペギー・フォートナム画 「パディントン」シリーズの挿絵(複製) Illustrated by Peggy Fortnum (C) Paddington and Company Ltd 2018 ペギー・フォートナム画 「パディントン」シリーズの挿絵(複製) Illustrated by Peggy Fortnum (C) Paddington and Company Ltd 2018
物語では南米から一人でイギリスにやってきた子グマが、パディントン駅でブラウン夫妻と出会い家族として迎えられます。そこからさまざまな騒動を巻き起こしながら、街の人気者になっていきます。この物語は多くの人に感動と勇気を与えてくれますよ♪
R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007 年  Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright (C) R.W. Alley 2018  R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007 年 Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright (C) R.W. Alley 2018 パディントン(TM)展を楽しむポイントを5つご紹介します!
【ポイント1】貴重な挿絵原画2点を要チェック

児童文学「パディントン」シリーズで、女性挿絵画家のペギー・フォートナムによって描かれた貴重な原画2点を見ることが出来ます。さらには複製画も交えて10巻にわたる物語をたどっていき、ストーリーに登場するイギリスの生活やロンドンの名所を垣間見ることが出来ますよ♪
ペギー・フォートナム画 『くまのパディントン』の挿絵原画、1958 年  Illustrated by Peggy Fortnum (C) Paddington and Company Ltd 2018ペギー・フォートナム画 『くまのパディントン』の挿絵原画、1958 年 Illustrated by Peggy Fortnum (C)Paddington and Company Ltd 2018ペギー・フォートナム画 『パディントン、テストをうける』の挿絵原画、1979 年 ペギー・フォートナム画 『パディントン、テストをうける』の挿絵原画、1979 年 Illustrated by Peggy Fortnum(C)Paddington and Company Ltd 2018 【ポイント2】色々なタッチの「パディントン」が楽しめる♪

パディントンのイラストはずっと同じ人によって描かれているわけではないんです!40以上の言語に翻訳・出版され、1972年からは子供向けの絵本が発売されました。最初に担当したフレッド・バンベリーや世界的ベストセラー「ぞうのエルマー」でも有名なデイビット・マッキー、アメリカ在住のR.W.アリー、ジョン・ロバンによる原画も展示されます!それぞれが異なるタッチで、いろいろなパディントンを楽しめちゃいます。
デイビッド・マッキー画 絵本『パディントンとゆうえんち』の原画、1980 年代  Illustrated by David Mckee (C) David Mckee/HarperCollins 2018デイビッド・マッキー画 絵本『パディントンとゆうえんち』の原画、1980 年代 Illustrated by David Mckee (C) David Mckee/HarperCollins 2018フレッド・バンベリー画 絵本『パディントンのかいもの』の原画、1973 年  Illustrated by Fred Banbery (C) Estate of Fred Banbery/HarperCollins 2018フレッド・バンベリー画 絵本『パディントンのかいもの』の原画、1973 年Illustrated by Fred Banbery (C) Estate of Fred Banbery/HarperCollins 2018R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007 年  Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright (C) R.W. Alley 2018R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007 年
Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright (C) R.W. Alley 2018
さらにイギリスの新聞「ロンドン・イブニング・ニュース」に掲載されていたアイバ―・ウッド氏による4コマ漫画も展示されますよ!
アイバー・ウッド画 4コマ漫画「パディントンのスチームバス」の原画、1978 年  Illustrated by Ivor Wood (C) Paddington and Company Ltd 2018アイバー・ウッド画 4コマ漫画「パディントンのスチームバス」の原画、1978 年 Illustrated by Ivor Wood (C) Paddington and Company Ltd 2018 【ポイント3】各国で作られたパディントンのぬいぐるみや
雑貨も展示されます

世界中で人気のパディントンは各国で様々なぬいぐるみや雑貨が販売されました!中でもぬいぐるみメーカーで有名なドイツのシュタイフ社やイギリスのガブリエル・デザインズ社が製作した個性あふれるパディントンのぬいぐるみは注目です。
クラシックパディントン ガブリエル・デザインズ社製(イギリス)、1980 年 (C) P&Co. Ltd. 2018クラシックパディントン ガブリエル・デザインズ社製(イギリス)、1980 年 (C) P&Co. Ltd. 2018 【ポイント4】「パディントン」の生みの親、マイケル・ボンド氏が語る誕生秘話&貴重な私物を拝見!

いまや世界中で大人気となったパディントンを生み出したのが、作家マイケル・ボンド氏。2017年6月に91歳で亡くなられましたが、生前に語った貴重な誕生秘話の映像を見ることが出来ます。さらに、実際に使っていた仕事道具や手紙類など貴重な私物も展示されますよ♪注目はパディントンを執筆する際の必需品だったというオックスフォードの年季が入った辞書です。当時の制作している様子が目に浮かびますよ。
マイケル・ボンド氏 (C) P&Co. Ltd. 2018マイケル・ボンド氏 (C) P&Co. Ltd. 2018
作者 マイケル・ボンド(1926-2017)
1926年1月13日 イギリスバークシャー州、ニューベリーで誕生
第二次世界大戦中はイギリス空軍と陸軍へ従事
1945年 執筆活動を開始し、1947年に最初の短編小説が雑誌「ロンドン・オピニオン」に掲載される。
1958年 初の書籍『くまのパディントン』が出版
1997年 大英帝国四等勲士(OBE)を受章
2017年6月27日91歳でロンドンの自宅で逝去
【ポイント5】俳優・瀬戸康史さんが音声ガイドナビゲート
してくれます♪

映画やドラマ、舞台など幅広いジャンルで活躍する人気俳優の瀬戸康史さんが初めて展覧会の音声ガイドに挑戦されます!素敵なナビゲートとともに、パディントン™展の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?
(C) P&Co. Ltd. 2018(C) P&Co. Ltd. 2018 まとめ

日本でも大人気のくまのパディントン♪生誕60周年という大きな節目で、貴重な作品をたくさん見ることができますよ。帰り際には展覧会会場限定の可愛いお土産も買えちゃいます♪ゴールデンウィークにぜひ大切な人と足を運んでみてください。
生誕60周年記念 くまのパディントン(TM)展
TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル)
開催場所/東京都渋谷区道玄坂2-24-1Bunkamuraザ・ミュージアム
開催期間/2018年4月28日(土)~6月25日(月)
開館時間/10:00-18:00(入館は17:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日/5月8日(火)、6月5日(火)
アクセス/JR線「渋谷駅」ハチ公口・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分、東急東横線・田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分
※無料の渋谷駅・宮益坂口(東急東横店)と本店(Bunkamura)との循環バスが、9:50~20:15の間に12~15分間隔で運転(本店発10時~20時15分、東横店発9時50分~20時)
料金/当日一般1,400円、大学生・高校生900円、中学・小学生600円
「生誕60周年記念 くまのパディントン(TM)展」の詳細はこちら

※この記事は2018年4月時点での情報です

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ