関東大荒れ 首都圏のイベントや交通に影響

日直予報士

2018/4/13 16:36

週末の関東は、またまた荒れた天気に。春のイベントが各地で予定される中、雨や風が強まって大荒れになることもありそうです。

●「春の嵐」たびたび

14日(土)は低気圧が日本海へ進み、15日(日)にかけて発達しながら北日本を通過する見込みです。この低気圧から延びる前線が、あさって(15日)の昼ごろにかけて、関東を南下するでしょう。等圧線の間隔も狭いことから風が強まり、低気圧に向かって南から湿った空気が流れ込むため雨雲も発達。特に15日(日)の午前中が、雨や風のピークとなりそうです。今週11日(水)も風が強まって春の嵐となりましたが、今回は雨の降り方も強まるため、より大荒れの天気となりそうです。

●雨や風のピークは?

関東の雨が本格的に降るのは、14日(土)の夜からになるでしょう。次第に雨脚が強まって、15日(日)の午前中は土砂降りの雨となりそうです。昼ごろからは次第に雨が止んで、天気は回復へ向かうでしょう。
風は、14日(土)の昼ごろから次第に強まりそうです。そして夜から15日(日)にかけてが風のピークで、春の嵐になりそうです。風のピークが雨のピークと重なるため、特に15日(日)の午前中は雨が横なぐりに降って、傘を差していても濡れてしまうほどになるかもしれません。

●外出時の対策と注意点

14日(土)の日中は、局地的に雨がぱらつく可能性があります。念のため折り畳みの傘をお持ち下さい。夜は大きめのしっかりとした傘を用意したほうが良いでしょう。15日(日)の午前中は、傘が役に立たないくらいの雨になりそうです。レインコートやレインブーツがあると良いでしょう。列車の遅れや、高速道路の規制など、交通機関に影響の出る恐れもありますので、お出かけ前に最新の情報をチェックして、じゅうぶんに注意してください。状況によっては、お出かけの予定を見直すことも考えた方が良さそうです。また、庭先の自転車やベランダにあるプランターなども、飛ばされないように事前に片づけておきましょう。

あなたにおすすめ