MIYAVI、ワールドツアーで2度目の東京公演を開催

OKMusic

2018/4/13 15:00

MIYAVIが3月5日に自身7度目のワールドツアー『“DAY2”World Tour 2018』を東京で開幕し、日本全国、ソウル、シンガポール、台湾、上海、北京、香港とツアーをおこない、4月12日に再びTOKYOへ上陸した。

超満員になったZepp Tokyo、本人が登場すると、待っていた観客のボルテージがヒートアップ。アニメ『刻刻』主題歌となった「Flashback」、三浦大知と共演した「Dancing With My Fingers」を披露。MIYAVIもTOKYOの観客の熱気に反応し、全開で熱きパフォーマンスを繰り広げた。

「音楽に対する姿勢、応援しているファンに対しての姿勢、そして世界と対峙するという姿勢。たくさんのことを学ばせて頂きました。自分がデビューした当時は制作チームが一緒で、勝手に自分が引き継がなければ、その先の景色を自分が背負わなければと、勝手に背負って、しんどくなったこともありました。また改めて、フラットに真っ直ぐに向き合うことができて、嬉しく、光栄に思ってます。全国にいる彼が愛した人達にこの曲を捧げます」と自ら語り、hideの「ピンク スパイダー」をカヴァーした。MIYAVIはこの楽曲で、6月6日発売のアルバム『hide TRIBUTE IMPULSE』への参加が決定している。

アンコール前にMIYAVIは「どんな状況であろうと乗り越えて、俺たちのメッセージを伝える。全てでは無いかもしれないが、音楽を通じて一つになる、分かりあうことができると、アジアのツアーでも実感しましたし、自信もつきました。俺たちの音にのせて、ここから先のヨーロッパ、アメリカ、南米に行ってくるので、大きくなって日本に帰ってきたいと思います。」と語り、「たくさんの人にお世話になりました、たくさんの人に迷惑もかけてきました。そのお蔭でこのようにやりたい放題で世界中、音楽だけでなく、映画、ファッション、人道支援の活動も含めて、今、自分が目の前にあること、真っ直ぐ100%、120%全力でチャレンジすることができてます。ファンのみんな、スタッフ、関係者のみなさんのおかげです。本当にありがとう」と携わってくれた多くの方に感謝の意を示している。「俺たちは過去に戻ることはできないけれど、未来は一緒に作ることができるので、その中で一瞬一瞬を噛みしめていきたいなと思います」と熱く語っていた。最後に代表曲の「What's My Name 2017」を全力パフォーマンスで披露し、超満員となった観客から大歓声が沸きあがり、場内を大いに盛り上げた。

ワールドツアーの一環として再びTOKYOに上陸したMIYAVI。熱きサムライ・ギタリストの魂は、この後、ヨーロッパ、ロシア、そしてアメリカへと、世界中に響き渡らせるに違いない。今後のMIYAVIの動きに目が離せない。

Photo by Yusuke Okada

ツアー『“DAY2” World Tour 2018』

4月19日(木) パリ(フランス)・YOYO(Palais de Tokyo)
4月21日(土) ロンドン(イギリス)・ULU Live
4月24日(火) ベルリン(ドイツ)・Kesselhaus
4月26日(木) ワルシャワ(ポーランド)・Klub Proxima
4月27日(金) モスクワ(ロシア)・Izvestia Hall
5月08日(火) ラスベガス(アメリカ合衆国)・El Rey Theatre
5月11日(金) サンフランシスコ(アメリカ合衆国)・Slim's
5月13日(日) シアトル(アメリカ合衆国)・The Crocodile
5月16日(水) トロント(カナダ)・The Phoenix Concert Theatre
5月18日(金) フィラデルフィア(アメリカ合衆国)・Theatre of Living Arts
5月20日(日) ニューヨーク(アメリカ合衆国)・Irving Plaza

\n

あなたにおすすめ