最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

不倫したら「奥さんに怒鳴りこまれて…」元No.1キャバ嬢の修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大阪の繁華街・北新地で数々の伝説を残した元キャバ嬢がいる。「CLUB MON」の門りょう。年収は2億円オーバー、Instagramのフォロワー数は22万人を超える。

男性客が席につくなり「(高級シャンパンを)何本いれる?」。数百万・数千万円もするエルメスのバーキンやハリー・ウィンストンのアクセサリーを現金で大人買いするなど、そのバブリーなお財布事情や接客術が話題となり、テレビ番組や『小悪魔ageha』などの雑誌で特集が組まれることも多々……。そんな彼女だが、2017年10月のバースデーイベントで1億円以上の売り上げを達成しながら、キャバ嬢生活に幕を閉じた。そして今年1月に結婚。

彼女はキャバ嬢として過ごした9年間、いちどもナンバーワンから落ちたことがなかった。とはいえ、競争の激しい夜の世界で、地位やプライドを維持するためには、奇麗事だけでは済まされない。男と女の水商売。色恋はつきものだ。ナンバーワンであれば、なおさらのことだろう……。これまで彼女は男性客や彼氏といかに向き合ってきたのだろうか?

◆北新地・元No.1キャバ嬢の男に対する本音

キャバクラといえば“疑似恋愛を楽しむ場所”。だが、ときには美しいキャバ嬢を相手に本気になってしまうこともある。男性客としては、野暮だとわかっていても「彼氏いるの?」って聞きたくもなるものだ。

「キャバ嬢やからって、彼氏はいてもええと思っている。もしも聞かれたら、いるなら『いる』って普通に答えてましたね。キャバ嬢って、嘘をつく生き物やんか。でも、お客さんも見え透いた嘘に飽きている。本人も嘘に嘘を重ねて、なにがなんだかわからなくなっているやん。だから、私はありのままに答える」

とはいえ、もしも彼氏と付き合っていれば、同伴やアフターなど、彼氏以外の男性とも付き合っていかなければならないだろう。相手から嫉妬されたりはしないのだろうか。

「仕事に対して理解があるひとじゃないと。実際に付き合ってみると、ごちゃごちゃ言われることも多かったですね。でも、一回も言うことを聞いたことがない。お客さんと店外で会う機会も多かった。それも重要な仕事やから。要するに、自分にとってなにがいちばん大事なのかって話で。私にとっては、男よりも仕事が大事やったから。極論としてはシンプル。嫌やったら別れろって」

ナンバーワンであれば、さぞモテたに違いないのであろうが、実際にフラれた経験は?

「全然あるよ。あるある……たぶん。ちゃんと本気で好きになって付き合っていたと思うんだけど……だれにフラれたのか覚えていない(笑)」

細かいことは気にしない、ということか。仕事でめまぐるしい日々を過ごしていたせいで忘れてしまったらしい。

一方で、門りょうさんのお客さんは、たとえ彼氏がいることを知っていても、そのうえで「本気で仕事を頑張っているりょうちゃんを応援したい」と言ってくれていたそうだ。どんなときでも仕事を一度も休んだことがないという門りょうさん。男性であれ、女性であれ、仕事を一生懸命に頑張っているひとは魅力的に見えるものだろう。

◆茨の道「不倫はトラブルだらけ」

「北新地でナンバーワンを守り続けるためには、ときには“色”、付き合っているふりだってせなアカンかった。門りょうと呼ばれるようになってからはないけど」

彼女が全国的に知られるようになったのは、『CLUB MON』に勤めてから。「MON(門)のりょうというキャバ嬢がすごいらしい」という噂が広まり、転じて源氏名も門りょうになった。そこから彼女の存在は神格化。色営業をする必要もなくなったという。だが、有名になる前は、多くの苦い経験も伴ったという。では、そのなかで過去にどんな色恋や恋愛をしてきたのだろうか。

「というか、若い頃は不倫ばっかり。昔は金持ちのおっさんと不倫ばっかりしてきたから。だから今は年下が好きになったんやけどね。でも当時、別に後ろめたさはなかった。自分から言い寄ったわけちゃうもん。向こうから何度も好き好き言われたから付き合っただけ。自らすすんで“茨の道”を歩もうとは思いませんね」

世間では不倫のニュースが絶えない。当然ながら、不倫は“茨の道”。ときにはトラブルに巻き込まれてしまうこともある。具体的にはどんなエピソードが?

「相手の奥さんがうちの住んでいるマンションまで来て修羅場になったことがある。ピンポンを押されて、こっちはカメラで相手の顔が見えているんだけど。鬼の形相で立っていてゾッとした。もちろん、開けない。あまりに騒ぐものだから警察に来てもらったんだけど。ドアがボコボコになっていたわ。なんでバレたのか。浮気を疑った奥さんが関係者にカネを握らせたっぽくて、ぜんぶチクられていたみたい。そりゃ、不倫はトラブルだらけや」

このように過去の経験を振り返る門りょうさん。自叙伝『北新地の門りょう ナンバーワンキャバ嬢の仕事とお金と男のホンネ』(トランスワールドジャパン)においては、彼女の実体験や本音が生々しいまでに綴られている。夜の世界・北新地で生き抜くためには、厳しい現実と向き合わないといけないこともあるのだ。

「昔はやっぱり苦労もあった。お客さんもたんなるキャバ嬢だと思ってナメてくるからね。強い女に見られがちだけど、傷つくことも多かったな。私自身がスレていたこともある。男はカネがすべてやと思っていた……でも、実際はそうでもなくて。義理や人情。エースグループ(CLUB MON)の社長や旦那とも出会って。考え方が変わった。北新地には、私のすべてが詰まっていますね」<取材・文/藤井敦年>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス