最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

タカ たけし独立騒動の近況告白 “オフィスたけし軍団”には「ならないです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 たけし軍団のメンバーでタレントのガダルカナル・タカ(61)が13日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に出演。師匠ビートたけし(71)のオフィス北野からの独立にまつわる騒動の近況について告白した。

 今後も森社長体制で行くことには「今のところそのつもりでいくつもりではいる。ここから役員のこととか、細かいことも話し合いをしていかないといけない」と説明。森社長の立ち位置についても新体制のもと、変化していくとし、「これまでのように社長然として事務所全体を見るのではなく、マネージャーに近いような動きをしてもらわないといけない。当然、人員も少なくなってきますので、社長の負担も増えてくるとは思う」と話した。

 そんな中、番組MCの宮根誠司(54)はオフィス北野残留を表明している親交のある俳優の寺島進(54)から「たけし軍団がメインになってしまって、俳優や司会業をしている人たちが隅のほうに追いやられちゃうのでは」と“不安”を打ち明けられていることを告白。「当然、軍団がアクションを起こしてこういうことになったので、森さんと軍団という事務所の構図になっている」としたうえで、軍団以外にも若手タレントや俳優、司会業など多くのタレントが所属しており、「いろんなことをやってくださる人も増えてきたというのも現実。この人たちのことも当然考えないといけない。その辺も含めて一応、できるだけ多くの人に仕事が回っていくように、心配せずに事務所に所属した状態を続けていけるようにということも含めて、やらなければいけないことが山積している」とした。事務所の名前を「オフィスたけし軍団に変更する」という話も一部では出ていたが、「ならないです。全員がたけし軍団というわけではないので」とキッパリと否定した。

外部リンク(スポニチアネックス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス