恋愛において、悩まなくてもいいこと4つ

愛カツ

2018/4/13 16:15


今回は、恋愛達者なセンパイ(35歳・会社役員)に、恋愛において、女子が悩まなくてもOKなことについてお聞きしてきました。

恋愛の悩みを山のように抱えている女子のみなさん。ぜひ参考にしてください。

さっそくご紹介しましょう!

悩む

■ 1:なにをしたら彼にドン引きされてしまうのか?

「なにをしたら彼にドン引きされるのか? なんてことは、悩むだけ無駄です。

あなたは100%の優等生として生きていけますか?」

ドン引きネタが人気の恋愛コラムですが、ああいうのは割り引いて読む必要があります。

相手の好きなところもイヤなところも、すべてを受け止めないと恋愛とは呼べません。

むしろ付き合い出した当初に、いろいろ彼にドン引きされることで、あなたという人間を理解してもらったほうがいいでしょう。

■ 2:男子はなにを考えているのか?

「男子はなにを考えているのか? なんて悩む必要はありません。

男子のほうも『女子ってなにを考えているの?』と悩んでいます。

要は、自分が思うように振る舞っておけばいいのです」

ヘンに「男子はなにを考えているんだろう」と悩んでしまうと、自分らしい振る舞いができなくなりますよね。

自分が好きなように振る舞ったときの相手の反応を見る……これがベターではないでしょうか。

■ 3:男ウケする洋服は何か?

「好きな洋服を着たらいいですよ。

あなたが好きな洋服を着ていると、自然に寄ってくる男子、これが運命の人です」

類は友を呼ぶと言われますが、似たような洋服のセンスの持ち主は、自然と集まるもの。

そしてどことなく気が合うものです。

ヘビメタ好きみたいな格好をしていると、自然とそういう人たちが寄ってきて、そのなかで彼氏ができる……みたいなことです。

つまり、自分の「におい」を隠さないほうが、オープンな恋ができるってことでしょう。

■ 4:あたしはいつ結婚できるのだろうか?

「結婚って、強烈に結婚したい! と思ったときに、自然とできるようになっています」

これは、この女性だけでなく、何人もの女子から聞きました。

めちゃ「結婚したい!」と思ったとき、手近にいた男子と結婚した……という夢のない(?)話はよく聞きます。

いかがでしたか?

つまり、そのままのあなたでいればOKということですね。

ありのままの自分に、自信が持てないから、あれこれと細工をしたくなる……

若いうちはそうしがちと思いますし、細工する努力をして、自分を知ることもあるので、細工をすること自体が悪いことではありません。

でも、そのままのあなたでいいのです。(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ