【北海道】気ままひとり旅におすすめのプラン9選♪地元ライターがエリア別に紹介!

じゃらんnews

2018/4/13 10:00




近年、女性のひとり旅が増えています。
そこで、生まれも育ちも北海道、札幌在住歴24年のライターが、北海道への一人旅にうってつけのスポットや遊び方をエリア別にご紹介。
大自然の絶景はもちろんのこと、歴史的建造物からアウトドアスポーツ、スイーツなどなど、北海道ならではの楽しみ方が目白押しですよ!

記事配信:じゃらんニュース

≪目次≫
プラン1【札幌】札幌市電で街めぐり
プラン2【札幌】定山渓で贅沢グルメ&温泉
プラン3【小樽】ノスタルジックな運河散策
プラン4【ニセコ】アウトドアでストレス発散
プラン5【東川】大雪山旭岳でなごり雪観賞
プラン6【帯広】十勝スイーツをはしご&堪能
プラン7【函館】元町散策で歴史めぐり
プラン8【知床】世界自然遺産で大自然を満喫
プラン9【天売島】離島の海鳥ウトウに出遭う
プラン1【札幌】札幌市電で街めぐり
札幌市電に乗って主要観光スポットをぐるりと観光

札幌市内を観光するなら、札幌市電(路面電車)がおすすめです。
札幌市電札幌市電
札幌市電の歴史は古く、その前身である馬車鉄道が設立されたのは1909年。当時は石材を運搬するためのものでしたが、1912年には石材の運搬に加えて旅客の運送も始め、これによりやがて市電となる基礎が作られました。

その後、1918年に当時民営にて路面電車が開通しましたが、1927年には市営化され、以後、札幌市民の移動手段として利用されています。

2015年から路線がループ化し、市内観光スポットへのアクセスがさらに便利になりました。
大通公園
大通公園【西4丁目停】大通公園
札幌の象徴ともいえる「大通公園」。
西4丁目停から駅前通を北へ約2分歩くと、背後にさっぽろテレビ塔がそびえる、大通公園を見られます。
札幌狸小路商店街
札幌狸小路商店街【狸小路停】札幌狸小路商店街
北海道最古の商店街「札幌狸小路商店街」は、狸小路停からすぐ。
狸小路7丁目まで散策し、西8丁目停から乗るということも可能です。

「札幌狸小路商店街」の詳細はこちら
中島公園
中島公園【中島公園通停】中島公園
豊かな自然に囲まれた「中島公園」へのアクセスも便利です。
敷地内には、コンサートホールや人形劇場、天文台、文学館といった施設もあります。
藻岩山
札幌もいわ山ロープウェイ【ロープウェイ入口停】札幌もいわ山ロープウェイ
ロープウェイ入口停から札幌もいわ山ロープウェイを利用し、標高531mの藻岩山へ。
ロープウェイでは中腹駅まで。そこから先はミニケーブルカーで山頂駅に向かいます。

山頂展望台からは、札幌の街並みをはじめ、日中は日本海石狩湾、増毛暑寒別岳も見ることができます。

「札幌もいわ山ロープウェイ」の詳細はこちら
札幌市資料館
札幌市資料館【西15丁目停】札幌市資料館
西15丁目停から徒歩約6分で、歴史的建造物「札幌市資料館」があります。
1926年に建てられた札幌控訴院(裁判所)で、当時の法廷を復元した「刑事法廷展示室」が設置されています。

「札幌市資料館」の詳細はこちら
space1-15

週末の一人旅なら、ぜひこちらにも足を運んでみましょう。
space1-15【西15丁目停】space1-15
一見、普通のマンションですが、建物内にはオーナーが集めた本を見ながらコーヒーを楽しめるカフェ、海外で買い付けたアクセサリーが並ぶ雑貨店、音楽好きの店主が営むレコード店など、さまざまなお店、工房、教室など20店舗以上が入っています。

入口はオートロックなので、入店の際は各店の部屋番号を押して呼び出しましょう。
まるで友だちのお家へ遊びに行くような、そんな楽しさがあるのもspace1-15の魅力です。

営業は午後からですが、お店によって時間が異なるので、詳細はホームページでご確認ください。

「space1-15」の詳細はこちら
札幌市電
営業時間/西4丁目停【外回り】始発6:25 最終23:17(中央図書館前行き)、【内回り】始発6:35 最終23:25(中央図書館行き) ※平成29年度冬ダイヤ(平成29年11月~平成30年3月)の時刻を記載
料金/大人200円、こども100円(1乗車) ※土日祝および年末年始(12/29~1/3)限定の市電専用1日乗車券「どサンこパス」は市電車内などにて1枚360円で販売中。1枚で大人1名、こども1名が市電を1日中何回でも乗車可能
「札幌市電」の詳細はこちら
プラン2【札幌】定山渓で贅沢グルメ&温泉
料理人がもてなす食の宿「厨翠山」で贅沢な一人旅を満喫

札幌の奥座敷・定山渓。
さまざまな温泉宿が軒を連ねますが、2017年にオープンしたこちらのお宿で、贅沢なご褒美一人旅はいかがですか。
厨翠山厨翠山厨翠山2階の和洋室
食べること、味わうことを大切にした、料理人たちがもてなすお宿で、女性客が一人で訪れることも少なくありません。

ここでの楽しみの一つは、広々としたカウンターでいただく夕食です。
厨翠山20名ほどが座れる大きなカウンター
料理は、北海道各地から届く、旬の食材を使用。
カウンター席の目の前で調理し、もっとも美味しい出来たてがすぐさまテーブルに並びます。
盛り付ける器にもこだわった、贅沢な料理の数々に、おもわずため息がこぼれます。
厨翠山料理一例厨翠山お凌ぎイメージ
料理の素晴らしさも感動的ですが、カウンターの向こうで、ひたすら料理と向き合う料理人たちの鮮やかな手さばきや真剣なまなざしにも、目を奪われます。
厨翠山お客様の目の前で料理をふるまう料理人たち
しかし、食の楽しみは、夕食だけではありません。
厨翠山ラウンジ
2階に設けたラウンジにて、夕食前はお茶と一緒にケーキなど、夕食後はお酒とともに自家製ポテトチップスやキッシュなど、翌朝は季節のフルーツなども楽しめるのです。
もちろん、ラウンジで提供されるお菓子やおつまみをはじめ、チェックイン前のウェルカムフード、客室に用意されているお茶請けも、すべて料理人による手づくり。

また、料理に使われるさまざまな種類の塩を、売店にて販売しています。
ちなみに筆者は、北海道八雲産の「万葉の詩塩」がお気に入り。
鶏肉との相性が良く、焼き鳥やチキンソテーなどを作るときに愛用しています。
厨翠山料理で使用しているさまざまな塩を販売
贅を尽くした食でお腹を満たしたら、温泉へ。
厨翠山
檜造りの露天風呂

豊平川のせせらぎを聞きながら、季節の風を感じられる露天風呂で心も満たされます。
厨翠山は定山渓温泉街を流れる豊平川河畔の河床から自噴する3本の源泉を所有しており、それらのブレンド湯を楽しむことができます。

また、旅の思い出にこちらもおすすめです。
翠山窯翠山窯
お宿から車で約3分の場所にある、自社工房「翠山窯」。
料理に使用されている器の一部はここで制作されており、陶芸体験も可能です。
初めての人でも丁寧に教えてくれるので気軽に挑戦できます。
【所要時間/約2時間(体験可能時間は10:00~16:00)】
翠山窯たった一つの自分だけの器を作ってみては 厨翠山
住所/北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目4
営業時間/チェックイン15:00、チェックアウト11:00
アクセス/JR札幌駅より車で約60分
駐車場/20台(無料)
料金/1泊2食25500円~、陶芸体験付プラン29000円~ ※公式HP・電話予約での料金
「厨翠山」の詳細はこちら
プラン3【小樽】ノスタルジックな運河散策
風情ある「北運河」エリアで倉庫めぐり

小樽も一人旅にうってつけのエリア。
特に、北海道開拓の玄関口として発展した小樽運河の周辺は、石造りの倉庫が今も点在しており、趣のある雰囲気です。
小樽運河小樽運河
小樽運河が完成したのは1923年。
沖に泊めた大きな船からの荷揚げを効率的に行なうため、海面を埋め立てたものです。
この小樽運河のおかげで、艀(はしけ)と呼ばれる小舟に荷物を積んで、倉庫の近くまで行けるようになりました。

その当時の面影が残るのが、「北運河」と呼ばれるエリアです。
北運河エリア北運河エリア
ここは運河幅が当時の40mのままで、小型船などが今も係留されています。

スタートは運河プラザ(小樽市観光物産プラザ)。
この建物は旧小樽倉庫で、小樽市内にある倉庫で唯一シャチホコをかかげている珍しいものです。

そこから北へ進むと、見えてくるのが「旧大家倉庫」です。
旧大家倉庫旧大家倉庫
石川県出身の北前船船主・大家七平によって建てられた倉庫で、穀物や雑貨が保管されていたといいます。
小樽市指定歴史的建造物にも指定されており、運河地区の石造倉庫を代表するものの一つです。

次に、右側に見えてくるのは「旧北海製罐(株)小樽工場第三倉庫」です。
旧北海製罐倉庫(株) 小樽工場 第三倉庫旧北海製罐倉庫(株) 小樽工場 第三倉庫
旧北海製罐倉庫(株)とは、水産缶詰用の缶を製造していた鉄筋コンクリート造の工場です。
運河沿いには、1921年から1935年にかけて建てられた倉庫があり、第三倉庫もその一つ。
石造り倉庫とは雰囲気の異なる近代的な見た目で、第三倉庫は当初から荷揚げをするエレベーターなども設けられていました。

さらに北へ進み、運河の端を超えると、「旧増田倉庫」「旧広海倉庫」「旧右近倉庫」が目に入ってきます。
旧増田倉庫旧増田倉庫
昼間も素敵ですが、運河散策路に設けた63基のガス灯がともる、夜の小樽運河も見逃せません。
小樽運河
住所/北海道小樽市港町
アクセス/JR小樽駅より徒歩約8分
「小樽運河」の詳細はこちら


プラン4【ニセコ】アウトドアでストレス発散
スリル満点のラフティング。ボートを共有する人たちとの交流も魅力

アクティブな一人旅を体験したい人には、アウトドアスポーツのメッカ・ニセコを訪れてみましょう。
さまざまなアクティビティを楽しめますが、一押しはラフティングです。
尻別川でのラフティング尻別川でのラフティング
特に春は、大量の雪解け水で水量が増し、スリリングなホワイトウォーターラフティングが楽しめます。
約12kmのコースを同乗するメンバーと力を合わせて下っていく感動はひとしおです。

誰にも気をつかうことなく、一人で操作したいという人には、ラフティングと同じコースを一人乗りボートでチャレンジする「ダッキー」はいかが。
ダッキーダッキー
ほかにも、大きなサーフボードの上に立ち、パドルで漕いで川を下る「ニセコリバーサップ」も注目を集めている大人気のメニュー。

日ごろの悩みなどはすべて忘れて、ひたすら川を向き合い、黙々と漕ぐ。
そして、周りの美しい景色を眺める。

心にたまった疲れが吹き飛んでいきそうです。
ニセコリバーサップニセコリバーサップ
さらには、高さ5~13mの樹上コースを移動する「NACアドベンチャーパーク」が2017年11月にオープン。
NACアドベンチャーパークNACアドベンチャーパーク
さまざまな難易度の遊び要素が入ったエレメントをクリアしながら、全長1000m以上にもおよぶコースを進んでいくワクワク・ドキドキ感がたまりません。

どのアクティビティも専門スタッフが親切に指導してくれるので、未経験の人、体力に自信がない人でもOK!

アクティビティの後は、NACセンター2階にあるカフェ&レストランで、羊蹄山を眺めながらコーヒーブレイクしたり、今流行りのボルダリングにもチャレンジできます。
カフェ&レストラン「JoJo’s」カフェ&レストラン「JoJo’s」 NAC ニセコ・アドベンチャー・センター
住所/北海道虻田郡倶知安町字山田179-53
営業時間/8:00~21:00(ラフティング・ダッキー・ニセコリバーサップ9:30~13:00、13:30~17:00/NACアドベンチャーパーク10:00~15:00)※季節などにより時間を変更する場合があります
定休日/無休 ※休館になる場合があります
アクセス/札幌から車で約2時間
駐車場/100台(無料)
料金/ラフティング6150円、ダッキー6150円、ニセコリバーサップ6150円、NACアドベンチャーパーク4800円 ※すべて税込
「NAC ニセコ・アドベンチャー・センター」の詳細はこちら
プラン5【東川】大雪山旭岳でなごり雪観賞
4~5月は春の雪景色、6月からは一斉に咲き誇る高山植物が見どころ

大雪山連峰の主峰である旭岳。
標高2291mと道内でもっとも高い山です。

本格的な登山が楽しめるスポットとして知られていますが、1周1時間ほどで散策できる「姿見の池周遊コース」は、女性一人でも気軽にチャレンジできるコースです。

いざ、大雪山旭岳ロープウェイに乗って、姿見駅へ。
大雪山旭岳ロープウェイ山麓駅からロープウェイに乗って姿見駅へ
4~5月はまだ冬を惜しむかのように、あたり一面雪景色。
その様子をSNSにアップすれば、注目されること間違いなしです。

そんな旭岳ですが、長い冬が終わり6月になると、高山植物が次々と姿を現します。
特に「姿見の池周遊コース」は、高山植物が群生するビューポイントでもあるのです。

しかし、6月に入っても残雪が多いので注意が必要。
視界不良により道に迷うこともあるので、周遊コースに入る前に山の監視員によるレクチャーを受けましょう。

コースを進んでいくと、キバナシャクナゲをはじめ、日本では北海道でしか見られないエゾコザクラなど。
キバナシャクナゲキバナシャクナゲエゾコザクラエゾコザクラ
7月に入ると、エゾノツガザクラ、チングルマなども見ることができます。
エゾノツガザクラエゾノツガザクラチングルマチングルマ
この季節だけの景色を堪能してみてはいかがでしょうか。

まだ、散策を楽しんだ後は、姿見駅売店限定の「お山のコロッケ」をどうぞ。
姿見駅売店限定の「お山のコロッケ」お山のコロッケ 1個250円(税込)※姿見駅売店は6月より営業開始
地元産ジャガイモと、旭川のブランド豚・笹豚を使用した手づくりコロッケ。
衣はサクサク、中はホクホクで、ジャガイモに豚肉の旨みがしっかりしみ込んだ人気商品です。
大雪山旭岳ロープウェイ
住所/北海道上川郡東川町旭岳温泉
営業時間/4月 始発9:00 終発17:00 ※時期により運行時間が異なります
定休日/11/11~12/10 ※変更となる場合があります
アクセス/旭川空港から車で約1時間
駐車場/150台(6~10月有料)
料金/~H30.5/31、10/21~H31.5/31 大人1800円、H30.6/1~10/20 大人2900円 ※すべて税込、往復料金
「大雪山旭岳ロープウェイ」の詳細はこちら
プラン6【帯広】十勝スイーツをはしご&堪能
お得なチケット「おびひろスイーツめぐり券」の利用がおすすめ

誰もが知る有名店から、知る人ぞ知る名店まで、さまざまなスイーツ店が点在する、菓子王国・十勝。

その理由は、小麦やミルク、小豆など、お菓子づくりに欠かせない材料の多くが、帯広&近郊で手に入るため。
きれいな水と空気で育った良質の素材が、帯広スイーツを支えているのです。

この十勝スイーツを、帯広市内でお得に食べ歩くことができる方法があるのを知っていますか?
それが「おびひろスイーツめぐり券」です。
おびひろスイーツめぐり券 1冊4枚綴り 500円(税込)おびひろスイーツめぐり券 1冊4枚綴り 500円(税込)
協賛しているお店へ行き、チケットを提示するとおすすめ商品1個と引き換えてくれるというもの。
ちなみに、1店舗につきチケット1枚のみ使用可能。お店側が指定した商品が引き換え対象となります。

選べるお店はよりどりみどり。

おびひろスイーツめぐり
おびひろスイーツめぐり第21弾(有効期限:2018/4/1~9/30)
これらから好きなお菓子を4個選ぶことができます。

筆者のおすすめは、帯広スイーツの代表格である「クランベリー本店」。
同店は、ボリューム満点のスイートポテトが有名なお店。
チケットを使うと、この名物スイーツをアレンジしたお菓子を味わうことができます。

4/1からは「ポテトパイ」と引き換えられます(※品切れの際は代替商品になります)。
クランベリー本店 ポテトパイ(4/1から)クランベリー本店 ポテトパイ(4/1から)
「クランベリー本店」の詳細はこちら

そして、もう1軒は、帯広競馬場内・とかちむらにある「ミリオン・サンテ」。
ここではちょっと珍しい「スモア」をいただけます。
ミリオン・サンテ スモアミリオン・サンテ スモア
バニラアイスクリームの上に手づくりマシュマロと季節のソースをトッピングしたもの。
マシュマロは凍らせているので、口の中で溶けていく食感がなんとも不思議。

「ミリオン・サンテ」の詳細はこちら

実はこのチケットには特典があり、提示すると「ばんえい十勝(帯広競馬場)」に無料で入ることもできるのです。
さまざまなスイーツに舌鼓を打った後は、大きな鉄ソリをひいて走る、迫力あるばん馬レース鑑賞を。
帯広観光コンベンション協会
住所/北海道帯広市西2条南12丁目 帯広駅エスタ東館2F
営業時間/9:00~18:00
アクセス/JR帯広駅直結
駐車場/なし
チケット販売先/とかち観光情報センター(帯広駅エスタ東館2F)、参加店舗(※とかち物産センター・KEY’S CAFÉ以外)
「帯広観光コンベンション協会」の詳細はこちら


プラン7【函館】元町散策で歴史めぐり
異国情緒あふれる街並みに非現実的な時間をすごせる

函館の楽しみ方の一つは「街歩き」。
ベイエリア、五稜郭、銀座通りなど、魅力的なスポットがありますが、なかでも一番のおすすめは函館山のふもと「元町」です。
八幡坂八幡坂
坂の街としても知られるエリアで、周辺には歴史的建造物が建ち並んでいます。
まるで古い異国の地へタイムスリップしたかのような雰囲気。
函館ハリストス正教会函館ハリストス正教会
漆喰の白壁と緑色の銅板屋根が美しい「函館ハリストス正教会」。
前身は初代ロシア領事ゴシケヴィッチが建てた領事館附属聖堂でした。

内部拝観をはじめ、洗礼を受けていない人でも土日に行われるお祈りを参祷することができます。

「函館ハリストス正教会」の詳細はこちら
旧函館区公会堂旧函館区公会堂
1910年に建てられた建物で、左右対称のコロニアルスタイル、ブルーグレーとイエローの配色が印象的です。
日本各地に現存している公会堂の中でも、旧函館区公会堂は建築意匠・技法に優れており、保存状態も良いことなどから国の重要文化財に指定されました。

「旧函館区公会堂」の詳細はこちら
旧開拓使函館支庁 書籍庫旧開拓使函館支庁 書籍庫
元町公園内にある旧開拓使函館支庁。
それに隣接する赤レンガの建物は、1880年に建てられた書籍庫です。

1907年に発生した大火から免れ、庫内にあった行政資料も守られたそう。
使用しているレンガは、函館近郊の茂辺地製。
函館市旧イギリス領事館函館市旧イギリス領事館
元町公園から海側へ進んだ先にあるのが「函館市旧イギリス領事館」です。
その歴史は古く、開設されたのは1859年。

しかし、数回の火災に遭い、現在の建物は1913年に建てられたものです。
以後、1934年の閉館まで使用されていました。

現在は、展示室や開港ミュージアムなどを併設。
カフェで本場英国の紅茶を楽しむこともできます。

「函館市旧イギリス領事館」の詳細はこちら

これらのほかにも、寺院や邸宅など、貴重な建物が点在。
美しい風景の連続に、歩くのが楽しいと感じるほどです。
函館市元町観光案内所
住所/北海道函館市元町12-18(元町公園内)
営業時間/9:00~19:00 ※11~3月は17:00まで
定休日/年末年始
アクセス/函館市電「末広町」停から徒歩約5分
函館市観光案内所
住所/北海道函館市若松町12-13
営業時間/9:00~19:00
定休日/年末年始
アクセス/JR函館駅構内
プラン8【知床】世界自然遺産で大自然を満喫
難しい話は一切なし! 熟練ガイドが楽しく・わかりやすく知床を案内する

北海道東部にある「知床半島」。
流氷によって海から運ばれてきた栄養素により、海が肥え、そこに小魚が群れをなし、小魚を求めて大型の魚や動物が集まります。

そのような動植物による命の循環で、この地は豊かな自然を維持しているのです。

こんな壮大な知床の自然を、楽しく・わかりやすく解説しながら、知床を案内してくれるのが、知床未知案内の菅沼さんです。

おすすめは、ゴールデンウイークから10月末ごろまで行っている「知床五湖ツアー」。
知床五湖をぐるりとまわる、約3時間のツアーです。

ヒグマ対策のレクチャーを受けて、いざ出発!

遊歩道に入るときは、食べ物やジュースの持ち込みは禁止。
飴玉一つでも匂いを嗅ぎつけてヒグマが来る可能性があるので厳守です。
知床五湖ツアー湖面に映る山と空が美しい
とにかく、景色の素晴らしさに感動ひとしお。
ここは、ヒグマ活動期(5~7月は繁殖期で活発になるため)の間、認定ガイドが同行しなければ入れません。
一日に入場できる人数も限られており、簡単には訪れることができない場所です。
知床五湖ツアー5~6月は閑散期なので湖を貸切状態
素晴らしい景色を背景に、たくさん記念写真を撮りませんか?
ガイドさんがシャッターを切ってくれるので、自撮り棒がなくても大丈夫。
知床五湖ツアーまるで絵画のような景色
遊歩道が整備されているので、晴れていればスニーカーでもOKです。

もっと気軽に散策したい人は、「高架木道ツアー」をどうぞ。
やや傾斜はありますがバリアフリーで、電気柵を張っているのでヒグマが出ても安全です。
知床五湖ツアー高架木道ツアーの所要時間は30~40分。少しだけ歩きたい人向け
自然の中を歩きながら、開拓の歴史、生き物たちの生態などにふれてみませんか。
知床未知案内
住所/北海道斜里郡斜里町ウトロ高原56-A-101
営業時間/随時 ※翌日の予約をする場合は前日19時までに申し込み
定休日/シーズン中は無休
アクセス/網走から車で約1時間半
料金/知床五湖ツアー4500円+認定手数料、高架木道ツアー1000円(1~5名参加の場合は5000円)※すべて税込
あると便利なもの/レインウエア(上下が分かれているもの。防寒着にもなる)、カメラ、水またはお茶(糖分が入った飲み物は持ち込み禁止)、虫よけスプレー
「知床未知案内」の詳細はこちら
プラン9【天売島】離島の海鳥ウトウに出遭う
40万ペアを超す世界最大のウトウ繁殖地。大群が空を舞う様子は圧巻

羽幌港からフェリーに乗って、約1時間45分。
日本海にぽかりと浮かぶ「天売島」は、周囲約12kmの小さな島です。
ここは、40万ペアを超えるウトウが子育てを行う、世界最大の繁殖地でもあるのです。
ウトウウトウ
ウトウとは、体長38cmほどのウミスズメ科の海鳥で、北日本沿岸から太平洋沿岸まで広く分布しています。
天売島のほか、大黒島(北海道厚岸町)、渡島小島(北海道松前町)、椿島(岩手県)、足島(宮城県)でも営巣しますが、もっともその数が多いのが天売島といわれています。

冬、東北や北陸地方の日本海などで過ごし、3月になると子育てを行うため、天売島にやって来ます。

ウトウの子育ては、島の西側、高さ100m以上の断崖につくられたコロニー(巣穴)で行います。
もっとも密集しているのは、天売島のシンボル・赤岩を望める「赤岩展望台」。
赤岩展望台周辺に点在するウトウのコロニー赤岩展望台周辺に点在するウトウのコロニー
コロニーの深さは1~5mもあり、メスは4月ごろから1個の卵を温めはじめ、5月中旬ごろにヒナがふ化します。
ここから本格的な子育てが始まるのですが、見どころは日没前。

日中、ヒナのために沖へ漁へ出た親鳥たちが一斉に、口いっぱいに魚をくわえて帰巣するのですが、そこに待ち構えているのはウミネコたちです。
漁を終え、コロニーに帰ってきたウトウたち漁を終え、コロニーに帰ってきたウトウたち
ウトウとウミネコの魚の争奪戦がなんとも凄まじい!

無事、コロニーに転がりこんだものもいれば、あえなくウミネコに魚を奪われてしまうものもいて、自然の壮絶さを実感。
見ている人間は、ただただ圧倒されるばかりです。

天売島には、ウトウのほか、希少種であるケイマフリ、ウミスズメ、オロロン鳥なども生息。
これらを見に行くイベントなども開催されています。
羽幌町観光協会
住所/北海道苫前郡羽幌町南町1-1 羽幌町役場内
営業時間/9:00~17:30
アクセス/【天売島】札幌から車で約3時間、羽幌港でフェリーに乗り約1時間45分
「羽幌町観光協会」の詳細はこちら

※この記事は2018年3月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ