最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

語彙を喪失するほどの圧巻の一夜に! 亜咲花1stワンマンライブレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●序盤から観客を圧倒し、引き込んで離さないボーカルの力
「亜咲花1stワンマンライブ~graduate from LJK~」が3月4日、東京・Shibuya WWWにて開催された。タイトル通り、アニソンシンガー・亜咲花の1stワンマンにして高校生活最後のライブは、いい意味で高校生らしからぬ実力と、彼女の今抱く想いとの両方を感じられる、この春ひとつ人生のステップを上がる彼女にふさわしいライブとなった。

▼"1stワンマン" "LJK"らしからぬ、堂々たるライブ・パフォーマンス

開演時間を迎えると、流れるinterludeに合わせたクラップのなかバンドメンバーが登場し、“卒業"というテーマにふさわしい袴風の衣装で亜咲花がステージに登場。まずはデビュー曲「Open your eyes」でそのライブを始める。

キリリとした表情で歌い始めた彼女だが、1-Aメロの最後にはフロアの盛り上がりを見やり一瞬ニヤリ。1stワンマンなのにのっけからこの余裕、頼もしい限りだ。卓越した歌唱力は“生バンドに負けない"なんてレベルをとうに超え、その強さを踏まえて自らの歌声が最大限活きる表現をなし得ている。

そんな凄みのある歌声を笑顔で響かせている彼女を見て、改めて「本当に“LJK"なの?」と思わされてしまった。その感情はライブが進むに従って、幾度となく胸によぎることとなったものなのだけれども。

曲明け、ドラムに合わせて煽ってからの「Play the game」では、フロアで輝くペンライトは黄色に変化。そのステージギリギリのところまで歩み出て指差し等も交えてファンを煽る姿は、1stワンマンらしからぬ余裕と風格を兼ね備えたものだった。

また、もうひとつ驚かされたのが、思いっきり全力で歌い上げているのにかかわらず、まったく汗をかいていなかった点。そういうふとした凄さを感じるたび、「亜咲花は、ヤバい。」と語彙力が失われていく。

そのまま今度は「Edelweiss English ver.」を披露。アメリカで幼少期を過ごした経験を活かして自ら訳詞も手掛けたこの曲では、何よりBメロでジャンプし着地した際に歌声のブレがまったくない点に度肝を抜かれた。

しかもそれは傍目には涼しい顔でやっているように見え、歌声の圧と技術との両方がとんでもなく高水準であることを冒頭3曲で感じさせてくれた。

初MCでも、疲れなどまったく見えず元気いっぱいの亜咲花。無事高校卒業の報告をし、「デビューをしてから1年4ヶ月の集大成を、今日はみんなの目に焼き付けたいと思います!」と意気込みを語り、今度はスローな聴かせるナンバー「ILLUMINA」へ。

みずみずしさと厚みとを兼ね備えた歌声が、幻想的な楽曲とともにズンと胸に来る。また、ロングトーンでの想いの乗せるさまが実に気持ちよさそうな点も印象的。

かと思えば再びのブチ上がり曲「Unfulfilled Butterfly」では、またもステージ最前まで出て観客とコミュニケーション。ここではカッコよさと圧を強く感じさせ、お立ち台に座ったりもしつつ観客をいい塩梅に挑発。2サビ明けには「行くぞ渋谷ー!」とシャウトし、会場の熱をさらに高めてタオル曲「Round of new thing」に突入。

変わらずパワフルな歌声を響かせつつ、お立ち台に立って自身も思いっきりタオルを回す亜咲花。小さな体で楽しそうに跳ねる姿はあんなにかわいらしいのに、ボーカルには底知れぬパワフルさが。こうして観客をあらゆる面で圧倒し続けた彼女は、この曲のジャンプエンドをもって一旦ステージを降りた。

▼この冬のキラーチューンで、ファンと一緒に未来へ歩き出す

ライブタイトルにちなんだ、映像コーナー“亜咲花JK用語講座"や物販告知を経て、「SHINY DAYS」の衣装に着替えた亜咲花が再登場。アニソンカバーコーナーから中盤戦の幕開けだ。まず持ち歌にないベクトルの「Q&Aリサイタル!」は、思い切りキュートなボーカルに。本家でも恒例のDメロ明けのコール部分で、イヤモニを外し「あ・さ・か! あ・さ・か! L・O・V・E・あ・さ・か!」との声を受ける亜咲花の姿は心から楽しそうで、満面の笑みで「よくできましたー!」と返していた。

そして一転表情が凛としたものに変わって始まったのが、「甲賀忍法帖」。すごみも出しつつスーッと響き渡る歌声は、こちらも原曲リスペクト。力強くも美しく聴かせきれるばかりでなく、落ちサビではトゲを一個スパイスとしてブレンド。キーの高さに苦戦する様子も見せず、さらに「こう聴かせたい」という意図が随所から感じられる1曲だった。

続く「Paradise Lost」は、「行くぜ渋谷ー!」のシャウトからすでに茅原実里リスペクト。サビの歌い方でも本家への愛を感じさせつつ、Dメロでの伸びやかかつ太いボーカルでの歌い上げはやはり見事。また、落ちサビをファンに歌わせその声に包まれるというのは、この曲を愛するものなら一度はやってみたいこと。そういう意味でも、彼女はこのとき大変贅沢な経験をしていたのだ。

ここまでのアグレッシブなナンバーから一転、優しい歌声を聴かせたのが「愛・おぼえていますか」。フロアをそっと見やりながら温かく歌う姿は、今後は自身のオリジナル曲でも優しいバラードを聴いてみたいと思わせるに十分なもの。大サビでの繊細な息遣いも、ファンの心をぐっと捉える。

そしてカバー曲ラストは、再びアグレッシブな「ETERNAL BLAZE」。頭サビで一気に沸いたファンを目の当たりにした亜咲花は、その光景に再度したり顔。彼女自身グイグイ攻め来るのみならず、サビ前のにわかに儚さの出るポイントで絶妙に引いて歌い切ったりと、亜咲花ならではの解釈と表現をもって歌い切ったのはさすがのひと言。こうしてアニソンカバーコーナーは、最高の熱気のなか幕を下ろしたのだった。

さて、ライブもいよいよ終盤に突入。まずクラップでひとつになるミドルナンバー「キミと始まる物語」は、温かさを歌声に乗せたミドルナンバー。サビではワイパーも起こり、フロア中のムードも亜咲花の歌声を追うように温かいものへと変化。亜咲花自身の表情も柔らかくなり、とりわけ言葉を伝えることを大事にした1曲のように感じられた。

また、続く「Just A Way You Are」は同じくクラップ曲ながらも軽快なロックチューン。スカッと爽快な歌声を、お立ち台に乗って会場中へと響かせていく。アニソンカバーを5曲めいっぱいやった後に、好きなことを貫き通す覚悟を示すこの曲が歌われるという構成自体が素敵なものであり、それを笑顔を輝かせながら歌っていく姿からは今後への意欲も感じられ、安心感さえ与えてくれるようだった。

ここでクライマックスを前に、時間をたっぷり取ったMCタイム。自身も新生活に向けて準備中の亜咲花、卒業を期に更に活動に専念し、また自分の武器である英語に磨きを掛けつつ「世界にアニソンやアニメの良さを伝えていけたらと思います」と宣言。「英語をやめちゃうのはもったいない」と語り、「私が率先するぐらいの気持ちで、世界にアニメ・アニソンの良さを伝えていきたい」と今後への意気込みを語っていた。

また、シンガーになってから今までの振り返りでは、折に触れて関わっている人の多さを実感したと語り、スタッフへの感謝を述べる。そして「デビューするまでずっとひとりでレコーディングしたり歌ってみたをやってきたけど、今日、私はひとりじゃないんだなと改めて感じました。これからも、アニソン・歌と向き合っていきます」と宣言し、「みんなと一緒にこれからも夢・目標に向かって歩んでいきたい」との曲フリから、本編ラストナンバーとなる「SHINY DAYS」へ。

最後にまたクラップで会場をひとつにできる最新シングルは、彼女の新しい出発ともリンクして、ポジティブなナンバーにもかかわらず胸に熱いものをこみ上げさせるものに。しかしそんな聴き手の感情とはまったく対照的に、亜咲花自身は笑顔でパワフルに歌い続け、会場をハッピーで明るい感情で満たしていく。落ちサビのアカペラ部分は観客も巻き込んでの大合唱し、大サビの最後で「Fu!」のシャウトとともにジャンプ。楽しさと満足感との両方がないまぜになった最高に幸せそうな表情で、本編を締めくくった。

●目標はナゴヤドーム公演! 新曲も披露しまだまだ止まる気一切なし
▼想いあふれて、初めて見えた“完璧"でない姿

こうしてステージを降りた亜咲花に向けて、「あーさーか!」のコールがこだまする渋谷WWW。デビュー曲のジャケットのように制服チックな衣装で登場した彼女は、最初は反対していたものの最後はこの活動を許してくれた母と、非常に協力的なうえに一緒にヲタ活をしてくれる父とに改めてステージ上から感謝を伝える。

そしてファンへ「みんなが費やしてくれた時間を、楽しいものに変えられるように今日も頑張りました」と語り、その“みんな"に向けてアンコール1曲目として、Kiroroの「Best Friend」をカバーする。

ぽつりと歌いだした彼女のボーカルと視線は曇りなく真っ直ぐなもので、1サビ後半は特に温かく大事に歌われていく。そこから徐々にフロア側へ歩み出たり、手を広げてファンを感じたりしていく。そんななか2サビでは、そこで感じたファンの姿や想い、そして感謝の気持ちなどがないまぜになってあふれて涙となり、歌えなくなってしまう部分も。それはここまで“完璧"だった彼女が、この日初めて“弱さ"を感じさせた瞬間だった。

そしてそれは同時に、彼女が人々に支えられてステージに立っていることを実感できる瞬間にもなった。なぜならそんな彼女を、合唱でファンが支えていたから。この場面が、これからも“一緒に"歩んでいく未来をよりはっきりと、見せてくれたように思う。

曲明けには「泣いちゃった!」と少々おどけながら、今後の目標としてナゴヤドーム公演、その前に20歳で中野サンプラザでのワンマンを掲げた彼女。そんな彼女が次に歌う曲は新曲の初披露だ。初披露された楽曲は女性向けブランド・RejetのシチュエーションCD『第七特命課 「十狂セメタリー」』の主題歌に起用されており、「私も! 大変! お世話になっております!」と彼女の中のオタクもひょっこり顔を出した。ちなみにこの曲で亜咲花は初めて作詞も担当。自らのRejet作品に触れてきた経験も生かして書き上げた曲のタイトルは、「valkyrie PARTY」だ。

甘めのボーカルのアカペラから始まるどこか妖しげなナンバーは、サウンド面でも彼女にとっての新境地。緩急をうまくつけたBメロや、タイトル・歌詞にも沿った鋭い爪を見せてくれるようなサビでの歌声など、彼女のボーカルワークの巧みさあればこその魅力を初披露から存分に届ける。

自身もさらにノッてきたのか、2コーラス目にはお立ち台に片足をかけ、雄々しさもさらにパワーアップ。かと思いきやBメロではしとやかさも出し、サビではパワフルなボーカルが牙をむく。それでも最後には笑顔で最前と視線を交わす彼女の、伸びしろと底知れなさをこの日何度目かわからないぐらいに感じさせた1曲となった。

▼ラストに選んだのは、自らが救われたナンバー

そしてここで、今夏放送予定のTVアニメ『ISLAND』のEDテーマを担当することも発表。まだまだ止まるつもりはないと宣言し、ラストナンバーへ。その導入として、シンガー・学生のふたつの顔を持つ彼女が行き詰まったときに出会って救ってくれた曲であると語り、「私だけは、絶対にみんなの味方です」との言葉に続けて歌い始めたのが、先ほどEnglish ver.を披露した「Edelweiss」。

決まっていたライティングよりも前に出たであろうことが容易に推測されるほど、その“みんな"の近くでのっけから歌いだした亜咲花は、その名の通り笑顔を咲かせながら白く美しい花の歌をうたう。

ファン一人ひとりを指差しながら歌う姿は、歌声と合わせて、心にタッチしていくようだ。ここでもファンはDメロを合唱し、それをまたもイヤモニを外して受け止める亜咲花。歌いきった後彼女の瞳にはちょっとだけ涙が浮かんでいたようにも見えたが、最後は笑顔で一礼し、「大好き!」と締めくくっていった。

その大好きなファンをバックに、「卒業おめでとー!」の声と同時に記念撮影。最後にオフマイクで「ありがとうございました!」と挨拶した瞬間、偶然にもバックで流れていた「SHINY DAYS」のサビの最後、「未来へ」のフレーズと重なるというエモさも感じさせつつ、亜咲花は降壇。そのまま流れ続ける「SHINY DAYS」に合わせて、ファンはしばしクラップと合唱を続け、ライブの終了を惜しんでいたのだった。

MC中に“ひとりでやってた"と昔を述懐した亜咲花は、今やたくさんの人の支えを受けてこんなにも輝く舞台で笑顔を届けている。そんな生き生きとした姿をこの日目撃したすべての人間は、自然とこう感じたことだろう。「亜咲花はヤバいぞ。今からでも遅くないから絶対に追っておけ!」と。彼女を支える人の数がますます増え続け、名前通りアジアに、いや全世界にその歌声が咲き誇る未来は、そう遠くないうちに来るはずだ。

▼亜咲花1stワンマンライブ~graduate from LJK~
2018.03.04@Shibuya WWW
【SET LIST】
M1.Open your eyes
M2.Play the game
M3.Edelweiss English ver.
M4.ILLUMINA
M5.Unfulfilled Butterfly
M6.Round of new thing
M7.Q&Aリサイタル!(カバー)
M8.甲賀忍法帖(カバー)
M9.Paradise Lost(カバー)
M10.愛・おぼえていますか(カバー)
M11.ETERNAL BLAZE(カバー)
M12.キミと始まる物語
M13.Just A Way You Are
M14.SHINY DAYS
EN1.Best Friend(カバー)
EN2.valkyrie PARTY(新曲)
EN3.Edelweiss

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス