最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

関ジャニ∞大倉忠義、初共演のディーン・フジオカに「ミステリアス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関ジャニ∞の大倉忠義が13日、都内で行われた新ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、4月19日スタート、毎週木曜22:00~)の制作発表に出席。初共演のディーン・フジオカについて、「この通りさわやかな方。でも、現場でご一緒させてもらった時に控室の広い場所でなぜか逆立ちをしていらっしゃって……ミステリアスな方だと思いました」と話して笑顔を見せた。

日本では「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作に、主演のディーン・フジオカが、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化す主人公を演じる本ドラマ。会見にはそのディーンほか、出演者の山本美月、新井浩文、高橋克典も登壇した。

大倉は、今回がフジテレビの連続ドラマ初出演。「5年くらい(関係者に)出たことないと言い続けてやっと決まりました」と嬉しそうな表情に。大倉がディーンの逆立ちを明かすと、ディーンは「CMの撮影の練習をしていた時だと思います」と理由を明かし、「狭いところにいると体を動かしたくなっちゃうんです」と照れ笑いでその時の状況を説明した。

また大倉は、作品に絡め「奪いたいもの」を問われると、「女性になりたいという気持ちがあるので美月ちゃんですかね。もう美しいじゃないですか。美しい女性になって男を振ってみたいです」と話してにっこり。「復讐したいこと」を問われると、「僕は眠りを妨げられるのが嫌なんですけど、メンバーが楽屋で寝ていると、いつも妨げてくる。“大倉、大倉!”って。いつか復讐してやろうって」と話して会場を笑わせた。

そしてディーンは、人を疑うことのない明るい青年からあるきっかけで牢屋にぶち込まれ、絶望の中復讐に燃える役どころ。「幸せから地獄に突き落とされるその変化を、一生懸命やっていこうと思っています。囚人の時はもう地獄。粉塵を頭にかぶってそれでむせちゃうような。スタッフの方も優秀で、匂いまでリアルに作られていて。トラウマになりました」としみじみ。「驚きの展開が次々にあります。ぜひ見てください」とアピールしていた。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス