【SUPER GT 2018】真冬の寒さで大ドンデン返し!誰も予想出来なかった開幕戦岡山GT300の結末

clicccar

2018/4/13 14:33


4月7~8日に岡山国際サーキットで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE」で、いよいよ開幕した2018シーズンのSUPER GT。

今シーズンは体制変更や新型車登場などプレシーズンから話題の多かったSUPER GTですが、開幕戦岡山は予選から大波乱を含んだ展開となっていました。

予選のあった4月7日は桜が散っていこうというこの季節にありえない冷え込みとなり、Q1開始の時点での天候は曇りながらも気温は9℃! この真冬並みの寒さの中では各チームともタイヤのマッチングに苦慮することは明らかで、いかにそのセッティングを掴むかがQ1突破のカギとなっていました。

そのQ1でベストタイムを叩き出したのはメインスポンサー変更でカラーリングを一新したつちやエンジニアリングの25号車HOPPY 86 MC。そのセットのままQ2を迎えることが出来たならば翌日の決勝レースの予想も可能であったかもしれませんが、Q2は突然降り出したみぞれ混じりの雨のためにウェット宣言が出されレインタイヤでのアタックとなります。Q1の結果が全く反映されない状態のQ2でポールポジションを獲得したのは88号車マネパ ランボルギーニ GT3。

8日は10時頃のピットウォーク中にまたも雨、というよりもほぼ雪といった方がいいかもしれない天候。しかしサポートレースなどが終了し、ウォームアップ走行が行われる頃には日が差し込んでくるようになり気温も上昇傾向を見せてきます。スタート時刻の14時20分頃には気温も11℃まで上がり、路面温度も22℃とタイヤ本来の性能を発揮しやすいところまで上昇を見せています。

そんな中で切られたスタートではマネパランボルギーニが順調にスタートを切ったかのように見えましたが、スタート前から抱えていた燃料系トラブルのせいか、序盤で徐々にスピードダウンしていき10周目には5番手以降というポジションまで下がってしまいます。

マネパランボルギーニの脱落からトップ争いは11号車GAINER TANAX GT-Rと21号車Hitotsuyama Audi R8 LMSを中心にHOPPY 86 MCと31号車TOYOTA PRIUS apr GTが絡む4台となります。そのGAINER TANAX GT-Rを17周目にHitotsuyama Audi R8 LMSがオーバーテイク!一気にトップに浮上。そのままHitotsuyama Audi R8 LMSがトップを突き進むかのように思えました。

その頃、予選Q1突破ならなかったために20番手という下位に沈んでいたものの、徐々に順位を上げてきていたのが7号車D’station Porsche。追い抜きの難しいとされる岡山国際サーキットでとんでもないペースを見せながら次々とライバルたち追い抜いていき、中盤付近では10台を抜いて10位前後にまで上昇。

30周を過ぎた辺りからピットインするマシンも現れていき、順位がめまぐるしく変わっていきます。28周目という早めのピットンでドライバーチェンジを行った18号車UPGARAGE 86 MCはタイヤ無交換でピットアウト。30周目にはHOPPY 86 MCもタイヤ無交換でピットアウト。マザーシャーシ勢の2台はこのタイヤ無交換によるピット時間短縮により大きく順位を上げていきます。トップだったHitotsuyama Audi R8 LMSは37周でピットインするもアウトラップでABS不良によるコースアウト、そして43周目に駆動系トラブルでスローダウンしピット出口付近でマシンを止めてしまい戦線を離脱してしまいます。

着実に順位を上げてきたD’station Porscheはリアタイヤ2本交換でピット時間を短縮。全車ピットアウトした段階でトップがHOPPY 86 MC、2番手UPGARAGE 86 MC、3番手65号車LEON CVSTOS AMG、4番手にD’station Porscheという序列。

マザーシャーシ勢2台のトップ争いは熾烈のひと言。HOPPY 86 MCにぴったりとついていくUPGARAGE 86 MCは57周目のダブルヘアピンで追い抜きにかかっていたGT500マシンを的確に利用してのオーバーテイクを見せ、トップに浮上。

その後方ではノリに乗ったD’station Porscheのスヴェン・ミューラーがLEON CVSTOS AMGの背後からプレッシャーをかけまくり、70周目でオーバーテイク。その勢いに乗って72周目にHOPPY 86 MCも追い抜くと2位に浮上!

72周目の段階でラップタイムはD’station Porscheが0.7秒ほど速く、もしやファイナルラップでトップのUPGARAGE 86 MCに追いつくかという勢いを見せていました。

しかし、最後の最後まで逃げ切ったUPGARAGE 86 MCがトップでチェッカーをくぐり抜け優勝を果たします。

UPGARAGE 86 MCにとって新体制で挑んだ2018シーズンの開幕戦岡山。チームとして初優勝を飾る幸先のよい開幕戦となったのです。

2位にはなんと18台抜きという快挙を達成したD’station Porsche。3位にはHOPPY 86 MCが入ります。大方の下馬評を大きく覆した結果となった今回のレースもまた、様々なドラマを生んだものとなりました。

次戦はゴールデンウィーク真っ最中の5月3、4日、富士スピードウェイで開催の「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」。今シーズンのSUPER GTでは最も長い距離となるレースだけに、またもや数々のドラマが生まれることとなるでしょう。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

あなたにおすすめ