【エッセイマンガ】統合失調症にかかりました~まとめ読み・前編~


 インスタグラムで、日常系のマンガやイラストを更新しているさいこさん。エッセイマンガ『統合失調症にかかりました』では、発症から精神科受診、治療の様子など自身の統合失調症の闘病経験を描いており、現在18話まで公開されている。さいこさん本人の素直な感情が描かれる同作品に対し、「自分だけじゃないんだと思えた」「同じ病気で悩む知人と接するにあたって参考になる」など、同じく精神疾患を抱える人やその身近な人を始めとした読者から共感を呼んでおり、現役のナースからも「読みやすさの中にも、本人のつらさがよく描かれている」と評価する声が上がっている。

日本での統合失調症の患者数は約80万人といわれており、世界各国の報告によると、生涯のうちに発症する人は全体の人口の0.7%と推計されている。統合失調症は100人に1人弱が発症する非常に身近な病気であるにもかかわらず、多くの人が病気に対する知識や理解が不足しているのが現状で、社会的な差別や偏見には根深いものがある。

ー「統合失調症がどういう病気かわからない人に対し、自身の経験を通して理解が深まれば嬉しい」

さいこさんのメッセージを受け、決して他人事ではない統合失調症という病気を“知るきっかけ”の一端としてこの度サイゾーウーマンにて『統合失調症にかかりました』の先行配信を19話よりスタートすることが決定。

19話の配信に先がけ、前回の『自己紹介編』に続き、今回はたかもりさんSNSにて公開されている1~9話をお送りいたします。

前兆期編



※統合失調症(スケゾフレニア)……思考や行動、感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力、すなわち統合する能力が長期間にわたって低下し、その経過中にある種の幻覚、妄想、ひどくまとまりのない行動が見られる病態。
※前兆期……統合失調症の病気の経過の1つ。発症の前触れとして、不眠気味、物音や光に敏感になる、あせりの気持ちが強くなるなどの変化が見られる。
※陽性症状……幻覚や妄想といった、本来あるはずのないものが現れる症状。統合失調症を特徴づける代表的な症状といえる。
※妄想……非現実的なことやあり得ないことなどを信じ込むこと。自分の悪口を言っている、見張られている、だまされているなどの被害妄想が代表的。

※急性期……前兆期から続いて現れる症状経過。幻覚や妄想などの陽性症状が目立つようになる。感情の起伏が激しくなったり、強い緊張感が認められる。周囲から見ておかしな言動が見られるが、自分自身が病気であるという認識をもてなくなってしまうことが多い。
※休息期……急性期が過ぎ、心身ともに疲弊した状態で休息が必要となる時期。感情の起伏がとぼしくなり、無気力で何もしなくなるなどの陰性症状が中心となる。
※回復期……少しずつ元気が出てきて、社会との関わりを持とうとする時期。回復度合いはさまざまで、この時期は現実などに直面し、ストレスも多くなるので、ゆとりが大事となる。

※「盗聴器」「監視カメラ」……陽性症状による被害妄想で、実際にはないものをあるように感じるようになる。

ー次回は、【後編】10~18話のまとめ読みをお送りします。更新をお待ち下さい。

※現役の医療従事者協力のもと、注釈を入れています。
※本作品は個人の経験に基づいたものです。統合失調症の症状もあくまでもその一部であり、絶対ではありません。個人差がありますことをご理解ください。

さいこ/@s_______ic
インスタグラムにて、統合失調症にかかった自身の体験マンガを日々投稿。
https://www.instagram.com/s_______ic/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ