『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』の最新予告編に「チューバッカの妻マーラ」がチラっと登場!?



『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、シリーズのスピンオフ第2弾となる『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』。

その最新予告編が先日公開されたが、そこに「チューバッカの妻マーラらしきウーキーが写っている!?」と、海外のファンやメディアが沸き立っているぞ! 実は、チューバッカの家族はシリーズの関連作品に登場したことがあり、その辺のトリビアについても語ってみることにしたい。

・「チューバッカの妻マーラ」がチラっと登場!?
チューバッカ(チューイ)の妻マーラらしきウーキーがチラっと写っていると騒がれているのは、2018年4月9日に公開された予告編第2弾が始まって1分34秒あたりのところだ。

チューイが他のウーキーを抱き寄せて額を合わせるシーンなのだが、これはどう見ても愛情表現……。親しい間柄でないと見せないような行動なので、海外のファンやメディアが「もしかして妻のマーラか!?」とザワついたという訳である。

・テレビの特番にチューイの家族が登場していた!
ちなみにチューイの家族は、1978年にアメリカで放送された『The Star Wars Holiday Special』というテレビの特番で紹介されているのだ。

海外エンタメ・データサイト『IMDb』によると、チューイが故郷の森林惑星キャッシークで祝日を祝うために、ハン・ソロと一緒に帰郷。妻マーラと息子ランピー、父親イッチーが二人を迎えて仲良くホリデーを過ごすという、なんともほのぼの~な内容なのである。

・『スター・ウォーズ』の黒歴史!?
しかも、ハン・ソロだけでなくルーク・スカイウォーカー役を演じるマーク・ハミルや、レイア姫役のキャリー・フィッシャーも出演。さらにダース・ベイダーまで姿を見せ、単なるテレビの特番にしては信じられないほどの超豪華キャストだったのだ。

ところが、『スター・ウォーズ』の生みの親ジョージ・ルーカスは超チープな作りになってしまった番組が気に入らず、本作は再放送もされなければビデオ化もされず、シリーズの黒歴史的な存在になってしまったのであった。

ルーカス監督が闇に葬りたがっていた幻の作品が、「『ハン・ソロ』にチューバッカの妻が登場!?」と騒がれたことをきっかけに再び注目されることになるとは、なんとも皮肉である。

参照元:YouTubeIMDb(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る
Related Stories

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス