坂口健太郎、プライベートや意外な一面を語る!やっと行けたある場所とは!?


4月11日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に俳優の坂口健太郎がゲストとして登場。プライベートの夜の過ごし方や、他人に悩み相談はしないといった意外な一面を明かし、今日一日の点数についても答えた。

長瀬智也、坂口は「意外にヤンチャも嫌いじゃない」


「いいですね、なんかこう坂口君が作る空気ってのがあるよね」と、坂口の存在感を褒める国分太一。「でも意外にヤンチャも嫌いじゃないっていう」と、ドラマで共演経験のある長瀬が坂口の意外な一面を明かし、坂口も「かりそめなんです」と、独特な表現で長瀬の言葉に同意した。

「23時って仕事以外だったら何してるのかな?」と国分に尋ねられて「本当に地味です。本読んだりとか、風呂入ったりとかしてる時間」と坂口。「色んなこと考えて、外一瞬出ちゃったとかそういう経験はないんですか?」と国分がさらに深く突っ込むと、坂口は「おととしぐらいに本当に忙しかった時に、もちろん次の日のセリフもたくさんあるし、色んな作品をやっていて頭が追い付かないみたいな時は、夜代々木公園を歩いたりはしてました」と告白した。

続いて国分から「坂口君は先輩だったりに自分の悩みとか相談できるタイプですか?」と聞かれると「いや、僕はほぼほぼしないですね」と坂口。「あと、相談をされてもちょっとどこかで冷めている部分があって、『決めるのはあなたでしょ』って思っちゃうんですよ。だからアドバイスもできないと思っちゃうし、聞くだけしかしない」と語った。

そして「坂口君、今日は点数にすると何点なんですか?」という国分の質問には「ああ、でも僕は90点ぐらいだと思います」と、良い一日であったと回答した坂口。その理由として「ずっと行けてなかった人間ドッグに行ったんですよ」と明かした。

そして「僕ほんとに悪い癖で、決めても行動を起こすまでがすごく遅くて、今日ちょうど撮影が午前中ちょっと空いたんで今日しかないと思って。ついに行けたっていうのが、それがすごいうれしくて」と笑顔で語る坂口であった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ