ドウェイン・ジョンソン、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』続編の制作をファンに報告

AOLニュース

2018/4/13 10:55


『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の米国での興行収入がついに4億370万ドル(約431億円)に達し、ソニー・ピクチャーズ史上最大のヒット作となった。


主演のドウェイン・ジョンソンは、インスタグラムでファンに感謝の意を伝え、同作のプロデューサーが続編を制作中であることを明かした。

「公式:昨夜、ついにジュマンジが『スパイダーマン』を抜いて、ソニーピクチャーズ最大のヒット作になった。俺の一番の目標は観客の皆さんが求める演技をして、満足して家に帰ってもらうこと。今、続編の制作も進んでいる。これでケヴィン・ハート演じるキャラクターともおさらばだ! みんな愛してるよ、ありがとう!」

この作品は故ロビン・ウィリアムズが演じた1995年に公開のヒット作をリブートしたものだ。監督はジェイク・カスダンで、ジョンソンとハートの他にカレン・ギラン、ジャック・ブラックが、若者が遊ぶビデオゲームの世界のアバターとして出演している。

同作は12月の劇場公開から4週間で興行成績1位を獲得。12月に公開された作品が2月の週末に1位を獲得した作品としても本作が初で、これは『タイタニック』以来の快挙だ。4月10日火曜日に発表された新たな興行収入により、『ジュマンジ』はソニーピクチャーズの北米最大のヒット作であった『スパイダーマン』を抜いたことになる。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス