最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

村上春樹原作の作品やゴダール新作も!“映画の祭典”カンヌのコンペ作品が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現地時間5月8日(火)から開催される、世界三大映画祭のひとつ第71回カンヌ国際映画祭。既報の通り日本からは是枝裕和監督の『万引き家族』(6月8日公開)と、濱口竜介監督の『寝ても覚めても』(9月1日公開)が出品される“映画祭の華”コンペティション部門のラインナップに要注目だ。

同映画祭のコンペティション部門といえば、ミヒャエル・ハネケ監督やジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督といった、パルムドール(最高賞)受賞経験のある常連監督が毎年のように新作を発表する場としても知られている。ところが今年は、現時点で発表されている18作品の中にパルムドール受賞経験を持つ監督の作品が1本もない。

しかし、例年通り追加作品が今後発表されるとの見方も強く、その有力作には『雪の轍』(14)のヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督や『ツリー・オブ・ライフ』(11)のテレンス・マリック監督の新作も含まれている。もしそれらが出品されることがなければ、第51回以来じつに20年ぶりとなるパルムドール経験者不在のコンペティション部門となる。

そんな今年の最大の注目ポイントは、実に8度目のカンヌコンペ出品となるフランス映画界の巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の新作『ザ・イメージ・ブック(英題)』がお披露目されることだろう。今年のカンヌ国際映画祭の公式ポスターには彼の代表作『気狂いピエロ』(65)のジャン=ポール・ベルモンドとアンナ・カリーナのカップルが描かれ、まさに“生ける伝説”を讃える準備が万全。

『さらば、愛の言葉よ』(14)で第67回の審査員賞を受賞しているものの、意外にもパルムドール受賞経験のないゴダール監督は、これまでベルリン国際映画祭の金熊賞を『アルファヴィル』(65)で、ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を『カルメンという名の女』(83)で受賞。本作でパルムドールを受賞すれば、ロバート・アルトマン、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー、ミケランジェロ・アントニオーニに続く三大映画祭完全制覇を成し遂げることに。

また、その偉業がかかっている監督はもう1人。『スリー・フェイシズ(英題)』を引っさげて初のカンヌコンペに挑むジャファル・パナヒ監督だ。彼は『チャドルと生きる』(00)で金獅子賞を受賞し『人生タクシー』(15)で金熊賞を受賞。反体制的といわれイラン政府から20年間の映画製作禁止令が下されながらも、従来の映画の概念を覆す作品を生み出しつづけるパナヒ監督。今度はどのような作品で驚きを与えてくれるのか期待したい。

パルムドールを受賞していなくても、カンヌ国際映画祭でなんらかの賞を受賞している監督は多数。『バーニング(英題)』を出品するイ・チャンドン監督もその1人だ。韓国映画界随一の国際派である彼の最新作は、村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を原作にした作品。第63回に脚本賞を受賞した『ポエトリー アグネスの詩』(10)同様、監督らしい詩的な世界観が堪能できることだろう。

ほかにも、映画祭のオープニングを飾るアスガー・ファルハディ監督の『エブリバディー・ノウズ(英題)』と『イーダ』(13)でアカデミー賞外国語映画賞を受賞し本作が初の三大映画祭挑戦となるパヴェウ・パヴリコフスキ監督の『コールド・ウォー(英題)』、オフィス北野も製作に携わる中国映画界の名匠ジャ・ジャンクー監督の『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト(英題)』など注目作が目白押し。

今年のカンヌ国際映画祭は、ラインナップ発表前からレッドカーペットでのセルフィー禁止令や、昨年勃発したNetflix騒動が尾を引いたコンペティション部門へのNetflix作品の出品禁止、そしてそれに対してNetflix側が表明した映画祭からの撤退など、ネガティブな話題が目立つ。三大映画祭の中でも最も華やかなことで知られている映画祭だけに、ファンの多くはあらゆる問題が穏便に解決されることを切に願っていることだろう。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/143585/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス