iPhone 6sのストレージを自力アップグレードする漢、現る

180412_iphone6s_custom
Image: Strange Parts / YouTube

禁断のカスタム。

iPhoneはmicroSDカードのような外部ストレージが使えないことから、ストレージ容量選びには慎重を期する必要があります。しかし海外では、なんと自力でiPhone 6sのストレージを増量してしまった強者が現れたのです。



YouTubeチャンネルのStrange Partsが公開した動画では、手持ちの「iPhone 6s」のストレージを16GBから128GBに増量すべく、テクノロジーとスタートアップのるつぼこと中国深センでプロジェクトを開始します。そして現地でフラッシュメモリを購入し、改造にトライ! こんなことが気軽にできるのって、世界でも深センだけではないでしょうか?

ただし現在のフラッシュメモリは昔のゲジゲジのようなチップではなく、チップの下部にピンが存在します。ですので、チップを剥がすのにはハンダゴテではくヒートガンを使い、チップ全体を温める必要があるのです。そして数々の失敗を乗り越え、iPhoneを起動してみると…とうとう設定画面に128GBと表示されました!

今回の128GBのチップは25ドル(約2,700円)で購入できましたが、その作業は困難極まるもので、かなりの時間がかかったようです。このような苦労をしないためにも、もし心配ならあらかじめ大容量モデルを購入しておきましょう。

Image: YouTube
Source: YouTube via Cult of Mac

(塚本直樹)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ