吉瀬美智子のだまされ方に“人間味”「コンフィデンスマンJP」【プロデューサーに聞く(2)】

ザテレビジョン

2018/4/13 09:00

現在放送中の長澤まさみが主演を務める“月9”ドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。

同ドラマは、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という三者三様のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)たちが、さまざまな業界の悪徳富豪から大金をだまし取る、古沢良太書き下ろしのオリジナル作品だ。

4月9日の初回放送には、 江口洋介演じる“日本のゴッドファーザー”こと経済ヤクザ・赤星が登場。予想できないトリックで赤星を欺く痛快さと、連続ドラマのイメージを覆すほどの壮大なスケールで、早くも話題になっている。

毎回、ダー子たちの詐欺の標的として豪華ゲストが登場する本作。4月16日(月)放送の第2話には、収賄や談合にも手を染める大手リゾート会社の社長・桜田しず子役で吉瀬美智子が登場。

「セシルのもくろみ」(2017年、フジテレビ系)などでは、クールで格好いい女性を演じてきた吉瀬だが、今回どのような悪役ぶりを披露するのか。プロデューサーを務める草ヶ谷大輔氏はこう語る。

「吉瀬さんは、悪役を演じることが楽しくて、毎日現場に来ることが楽しみなんだそうです。ご本人が本当に心から楽しんで、この役をどう演じようかと考えていらっしゃるからかな? 今回の吉瀬さんは特にいいんです!」

■ 第2話のストーリーと見どころは?

一方で、今回の放送では、初回とは違うドラマの見方を視聴者から求められることになるという。

「視聴者の方もダー子たち3人が詐欺師であることをすでに知っています。ですので、ターゲットがダー子たちを信じてだまされていく過程の面白さを見ていただくことになります」

第2話では、ボクちゃんが詐欺師を辞めようと、老舗旅館・旅亭すずやで住み込みで働き始める。しかし、すずやは、大手リゾート会社・桜田リゾートに不当な査定額で買収されようとしていた。

それを知ったボクちゃんは、桜田リゾートから大金をだまし取りたいとダー子に相談。ダー子は桜田リゾートの社長・しず子(吉瀬)への接近を試みる、というストーリー。

冷徹な女社長を演じる吉瀬だが、第2話の見どころとは?

「吉瀬さん演じる欲深い女社長のしず子が、どんどんダー子たちにペースを取られていく様子は見ていて滑稽だし、かわいいし、人間味がある」(草ヶ谷氏)

吉瀬自身も「これまでにやったことのない新しい役」と語るほど、個性的なキャラクターのしず子。一体どのように表現されているのか、期待が高まる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143198/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ