最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ザ・グレート・カブキ アメリカ人が考案した“東洋の神秘”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第59話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカで成功したジャパニーズ・キャラクターの代表格である。

それまでのアメリカにおける日本人レスラーの基本形が坊主頭、田吾作タイツ(ニー・タイツ)、下駄、“塩攻撃”、そしてパールハーバー(奇襲攻撃=闘う準備ができていない相手をいきなり襲う)だったとすると、ザ・グレート・カブキはこのあまりありがたくないステレオタイプを1980年代モードにアップデートさせた功労者ということになる。

1964年(昭和39年)10月、力道山死後の新体制・日本プロレスで16歳でデビュー。若手時代のリングネームは高千穂明久(たかちほ・あきひさ)で、日本プロレス末期には次代のメインイベンター候補といわれていた。

“大物”ジョニー・バレンタインを下してUNヘビー級王座を獲得するという大番狂わせを演じたこともあった(1973年=昭和48年3月8日、栃木・佐野)。

日本プロレスが崩壊し、全日本プロレスに吸収合併=再契約後はサムソン・クツワダとのコンビではアジア・タッグ王座を獲得(1976年=昭和51年10月21日、福島)。

しかし、アメリカに活躍の場を求めて単身渡米。“東洋の神秘”カブキが突然、テキサスに出現したのは1981年(昭和56年)1月のことだった。

テキサス州ダラスのWCCW(ワールドクラス・チャンピオンシップ・レスリング)は“鉄の爪”フリッツ・フォン・エリックがオーナー社長をつとめる団体。

カブキは、悪党マネジャーのゲーリー・ハートGary Hartがシンガポールで発掘してきた格闘技の達人という設定でWCCWのリングに登場した。

“歌舞伎”の衣装を着た怪人がシンガポール人というのもヘンなはなしではあるが、アメリカの観客はそのあたりのディテールにはあまり矛盾を感じなかった。

カブキのキャラクターを発案したのはG・ハートで、カブキはその“中身”を演じるために当時ツアー中だったカンザス(リングネームはヨシノサトを略してミスター・サト)からダラスまで南下してきた。

G・ハートはカブキをマスクマンにするつもりだったようだが、カブキは「日本の歌舞伎を使うなら、まじめにやらなければダメだ」と主張し、顔にドーランを塗ってリングに上がるようになった。

“ペインティング”と総称される顔料は舞台用のドーラン、水性・油性の絵の具、女性用の化粧品をミックスして試行錯誤をくり返した。

髪を長く伸ばさなければカブキらしくないし、アメリカではなかなか手に入らない紋付袴、連獅子の衣装などは日本の知人から送ってもらい、チェーンと鎖のコスチュームは“日曜大工”になって自分でこしらえた。

カブキがカブキらしくなるまでに、やっぱり1年くらいかかった。

やがてザ・グレート・ムタ、TAJIRIらに受け継がれていく毒霧ミストは、カブキに変身して半年くらいたったある日、シャワーを浴びているときに思いついたものだという。

いろいろな色を試した結果、赤とグリーンの2色がリングの上のカクテル照明と相性がよかった。

液体状の染料を入れたコンドームを口のなかに隠しておいて、それを奥歯で噛み切って毒霧を噴射するというのが手品のタネだった。

カブキに変身していちばんなにが変わったかといえば、それはキャラクターやビジュアル面でまったくの別人に変身したことだけではなくて、いつでもどこでもメインイベンターのポジションで試合ができるというビジネスとしての現実だった。

ダラスでヒット商品になるとアトランタ、ノースカロライナといったNWA加盟団体のビッグショーにもゲストとして呼ばれるようになった。

もともとの所属先だった全日本プロレスも、カブキをカブキのまま日本にリングに逆上陸させた。

3年ぶりのホームリングではリック・フレアーとのNWA世界ヘビー級選手権が実現した(1983年=昭和58年12月12日、東京・蔵前国技館)。

ジャンボ鶴田とのコンビで世界タッグ王者にもなったこともあった(1990年=平成2年7月19日、福井)。

全日本プロレス退団後はSWS、WAR、平成維震軍(新日本プロレス)、IWAジャパンに所属。

通算53年というひじょうに長いキャリアの最初の17年間を高千穂明久として、33歳から69歳までの36年間をグレート・カブキとして過ごした。

トレードマークの“音の出るアッパーカット”は、カブキのレパートリーではなくて、じつは高千穂明久のオリジナル技だった。

●PROFILE:グレート・カブキThe Great Kabuki

1948年9月8日、宮崎県出身。本名・米良明久。中学卒業と同時に日本プロレスに入門し、1964年、高千穂明久のリングネームで16歳でデビュー。1981年、ダラスでカブキに変身し、アメリカン王座、ワールドクラスTV王座を獲得。全日本プロレス、SWS(メガネスーパー・スーパーワールドスポーツ)、WAR、平成維震軍、IWAジャパンの各団体に所属。1998年7月にいったん引退するが、その後、復帰。新日本プロレス。全日本プロレス、天龍プロジェクト、プロレスリング・ノア、インディー各団体のリングに上がった。2017年12月22日、正式に引退を表明。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス