「練りに練った台本で最高の演技を」『LIFE!―』総合演出が語る「NHKがコント番組を本気で作る理由」

ザテレビジョン

2018/4/13 07:00

内村光良が座長を務めるコント番組「LIFE! ~人生に捧げるコント~」(次回は4月13日金曜夜10:00-10:45※以降不定期放送、NHK総合)。芸人と俳優を組み合わせ、数々の人気キャラクター、名作コントを生み出す本番組の新シリーズが4月から始まった。2013年から続く「LIFE!―」は、なぜ面白いのか。その根源を、総合演出の西川毅氏に聞いた。

■ “面白い”を徹底的に追求すること

これまでも、「サラリーマンNEO」(2006~2011年ほか)、「祝女―」(2010年~2012年ほか共にNHK総合)で俳優が出演するコント番組を制作してきたNHK。「LIFE!―」はその流れを受けて2013年にスタートした。

「『LIFE!―』は内村光良さんと芸人さん、そして俳優さんとのコント番組を、と考えて誕生しました。僕自身、昔から『笑う犬』シリーズ(1998~2003年ほかフジテレビ系)などを見ていて、内村さんの笑いが好きで、単純にご一緒できればと思ったのが大きかったです。

あと、内村さんが年を重ねたことでできるコントにも興味がありました。実際に、夫婦の機微や働く人の哀愁などを表現しながら笑いを生み出すのはさすがです」(西川氏)

芝居のコントをつくる上で、「設定で齟齬(そご)が出ないよう、つくり込みを大事にしています」と西川氏はいう。

「これは手間を度外視してこだわっているかも。そうやってつくり込んだコメディーが好きという人がいる限りは、公共放送としてはやるべきだと思っています。よく『NHKならではのコント番組とは?』と聞かれるのですが、これが一番、NHKらしいのかもしれないです」(西川氏)

■ 「現場で笑いが起きれば“正解”です」

番組をつくる上で気を付けているのは、“面白い”を徹底的に追求すること。

「1カ月以上使って作る台本はもちろんですが、俳優さんたちの演技についても同様です。僕が芝居をするわけではないから、こうしよう!ではなく、どうしたいのか?をまず聞いて、それが面白くなるようにしていく。現場で笑いが起きれば正解ですね。

笑いが少なかったり、どういうわけかうまくいかない、時間がないとき、見て見ないふりをしたくなるときもありますが、そこは空気を読まず、面白くなるまで粘るようにします」(西川氏)

そして、なにより大きいのが座長・内村の存在だ。

「今は、1本に対して2時間ほどで撮っていますが、内村さんから『もう一回やりたい』と言われることもあります。演じながら客観的に自分の芝居を見ている方なので、より良い言い方や間合いが見えてくるんだと思います」(西川氏)

■ 舞台や子ども向け番組にも進出したい!

俳優が出演するコント番組として確固たる地位を築いてきた「LIFE!―」。西川氏は、今後もさらなる広がりを見据える。

「ありがたいことに番組に参加したいと言ってくださる俳優の方も多く、今期も多くの方にご出演いただく予定です。

コメディーをつくる人間として、コメディーが好きだと思う方と一緒にやれる場でありたい。練りに練った台本を用意して最高の演技を披露できる、そういうステージでありたいなと思います。

いずれはいつもの放送を軸に、舞台や子供向けの番組など、いろんな方向に『LIFE!―』のユーモアを届けられたらと思います。番組に触れた人がいろんな形でユーモアを楽しんでもらえるとうれしいですから。

とはいえ、ずっと続けたいとか先のことは実は考えていないんです。今やっている一つ一つをいいモノにしていくことが大事。続けるために何かするのではなく、一本でも面白いコントをつくっていくことが、今、コントに携わる者として大事なことなんだと思います」(西川氏)

今月から新シリーズがスタートし、内村も「新年度は新しいキャラクターを生み出したい」と意気込む。「LIFE!―」の快進撃はまだまだ続く。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

https://news.walkerplus.com/article/143205/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ