最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

みやぞんの“良さ”は相方がいるから「幼なじみだからこそ」のさじ加減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「これまでのしんちゃん映画の良いところが全部入っています。“ラーメン全部乗せ”です」と、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の魅力を熱くアピールしたANZEN漫才のみやぞんとあらぽん。彼ら2人が自身らの見た目とそっくりなキャラクターで映画クレヨンしんちゃん最新作となる同作でアニメ声優に初挑戦。芸歴が長い“先輩”しんちゃんとの共演についてみやぞんとあらぽんに話を聞いた。

【写真】ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)インタビューギャラリー

本作は、シリーズ26作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作。舞台は春日部にある中華街アイヤータウン。しんちゃんたちカスカベ防衛隊は、伝説のカンフー“ぷにぷに拳”の修行に励んでいた。そんな中、アイヤータウンでは“ブラックパンダラーメン”が大流行。だがそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なラーメンだった。アイヤータウンだけでなく春日部をものみこもうとするラーメンパニックに、カスカベ防衛隊が挑む。

本作でANZEN漫才の2人が演じるのは、悪の組織・ブラックパンダラーメンの刺客“ミヤ・ゾン”をみやぞんが、ブラックパンダラーメンを食べ凶暴化してしまう客をあらぽんが演じる。

ANZEN漫才の2人は1985年生まれの32歳。1992年にTVアニメ放送がスタートし、今年26周年を迎える同作にとってはいわゆる“しんちゃん世代”。ゆえにみやぞんは「信じられない気持ちでいっぱいでした」と出演が決まった当初を振り返り、「うぇぇぇえええ!?って感じでした」と、あらぽんと2人で驚愕したと明かした。

互いに「ソックリでびっくりした」と口を揃えるのが、それぞれが演じるミヤ・ゾンと凶暴化してしまう客のビジュアル。「ギターも持っていましたので、本当にありがたい」と話すみやぞんと、「歴史に残る」と満面の笑みを浮かべたあらぽん。「お笑い芸人になろうと決めた時の夢が、“(自分たちが)知っているアニメに出る”」ことだったという2人にとって、同作への出演は夢の1つが叶った出来事となったようだ。

本作がアニメ声優初挑戦となったみやぞんとあらぽん。みやぞんは芝居のオーダーが自分自身ということもあり「普段の自分のように演じました」と言い、「最初は緊張して、『こんなにしゃべれません』と伝えたのですが、やっていくうちに楽しくなってきて、『もっと(セリフを)ください』ってなりました」とニンマリ。一方、あらぽんは、あえて“ズレ”を意識する漫才の間合いなどに慣れていたこともあり「新鮮でしたが、ズレられないことが難しかったです」と少し苦戦した様子だ。

順調にアフレコを行ったと思われたみやぞんだが、アフレコブースに落とし穴が見つかる。「シーンとした雰囲気が嫌で、その雰囲気に笑いたくなってしまうんです。『はい、OKです』と冷静に言われたときは、ツボに入りそうになりました」と、顔を歪める。ツボに入ってしまうと、周囲も驚くほど笑い上戸になるというみやぞん。だが、そのみやぞんの笑いが好きだからこそ“より笑いを誘発させる”ようにするのがあらぽん。「あらぽんはわざとそう仕向けるんですよ~」と口を尖らせたみやぞん。ネタ作りなどは、2人の会話を元にあらぽんが作っていくそうで、「みやぞんの芸は、あらぽんのさじ加減で決まるので、幼なじみだからこそできる技なのです!」と、なぜかみやぞん(!?)が胸を張った。(取材・文・写真:ほりかごさおり)

みやぞん、あらぽんの“そのまま”の姿で活躍する、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は4月13日より公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス