文音「順調ではなかった」10周年で主演作公開!長渕剛からは「体を鍛えろ」

ザテレビジョン

2018/4/13 06:30

文音と草笛光子がW主演を務める映画「ばぁちゃんロード」が、4月14日(土)に公開される。

文音は、公開中の映画「おみおくり」でも主演の高島礼子と共演しており、デビュー10周年となるメモリアルイヤーに出演作を立て続けに公開。節目の年を迎えた文音に、作品のことや共演者、自身の家族への思い、さらに女優活動について話を聞いた。

■ 草笛光子としか出せない関係

――主演映画「ばぁちゃんロード」が間もなく公開となります。

10年ぶりに主演をやらせていただいて、しかも草笛光子さんとのダブル主演。草笛さんとは2014年に「SAKURA~事件を聞く女~」というTBSの連続ドラマで共演させていただいて、そこでもおばあちゃん役だったんですよ。なので、草笛さんの孫は2回目になります。

そのドラマの時からプライベートでもすごく仲良くさせていただいていて、おうちが近かったというのもあるんですけど、一緒に食事に行かせていただいたりとか、一緒に筋トレをしたりとか、お仕事以外でも深く交流させていただいています。

そんな草笛さんが今回おばあちゃん役をやってくださるということを聞いた時に、これは二人にしかできない祖母と孫の関係が表現できるなって思いました。役作りなど、あえて関係性を深めるようなことをしなくても、自然といい形で二人の仲の良さというのがスクリーンの中に出せたんじゃないかなって思います。

――ベテランの草笛さんと仲良くなるきっかけは何だったんでしょう?

草笛さんは日本のミュージカルの草分け的存在で、若いころはミュージカルの本場・ニューヨークに年に一回は必ず行っていたそうなんです。私もニューヨークで演劇留学を2年間していたので、お話をさせていただく中でいろいろな共通点があったんですよね。「ニューヨークのあそこに行った」とか。それですごく仲良くなりました。

あとドラマの時に、草笛さんが「あなたの声はすごく聞き取りやすいのよ」と言ってくださったんです。それでお話をするのが楽しくなってくれたのかなって思うんですけど、そこからですかね。ニューヨークの話などをしていると「感覚が合う」と仰っていただいています。

――草笛さんはどんな方ですか?

女優さんって仕事場だけじゃなくても、普段から女優さんでいなくてはいけないんだなって、草笛さんを見ていて学びますね。日々の体づくりですとか、そういうことをしっかりなさっていますし、舞台が決まったら、それに向けてどういうトレーニングをしていかなきゃいけないってことも、全て自分でコントロールされているので、女優としてすごく勉強させていただいています。

――「おみおくり」では高島さんと共演。先輩から学ぶことが多そうですね。

高島さんは現場での“居方”がすごくすてき過ぎるんです。寒いときの撮影だったんですけど、現場が寒かろうが、何があろうが、どっしり構えていらっしゃって、絶対にぶれないです。お芝居もぶれないですし、本当に現場での生き様がめちゃくちゃ格好良かったですね。

高島さんも実は2回目の共演で、それも2014年のドラマ「SAKURA―」なんですけど、その時は警察官の上司役で、今回も女性納棺師の上司だったので、ものすごく“ボス感”が漂っていました(笑)。

■ シンプルなものは人の心に伝わりやすい

――「ばぁちゃんロード」はすてきなストーリーですね。

最近の映画はすごいサスペンスだったり、不倫のドロドロしたものだったり、そういう作品が多いと思うんですけど、「ばぁちゃんロード」は本当に王道のストーリーだと思うんですよね。やっぱり、こういうシンプルなものって一番人の心に伝わりやすいし、誰しもが感じるいろいろなことが含まれているので、脚本を読ませていただいた時は、すごく気持ちのいいストーリーだなって思いました。

あとは、今の日本の家庭は核家族が当たり前だと思うんです。でも、おばあちゃん、おじいちゃんがいて、お父さん、お母さんがいて、私がいる。家族の大切さっていうのが(ストーリーの中に)すごく入っているなって思います。当たり前のことなんですが、その当たり前のことを忘れてしまっている人もいるので、そういうことも改めて感じるストーリーだなって思います。

――この作品にかかわることで、ご自身の家族についても考えましたか?

そうですね。うちの家族はすごく仲が良いんですよ。特に私はおばあちゃん子だったんですね。おばあちゃんは高校生の時に亡くなってしまったんですけど、やっぱり自分のおばあちゃんのことを思い出しましたね。

おばあちゃんにこの作品を見せたかったなって思いますし、このストーリーを呼んでいた時に、改めて親は大切にしないといけないなって思いました。

■ 甘えられる人間は逆に強い

――今回演じた夏海はどんな女性ですか?

すごく甘え上手だなぁって思います。でも、等身大で演じようと思いました。しっかりとは役作りをしていかず、“草笛さんとのプライベートの関係+田中夏海”っていう距離感が見せられたらなって。

“夏海”って書くくらいですから、すごく明るい。自分が決めたことは曲げないという、ちょっとがんこなところも持っていながら、でもすごく甘え上手で、素直な女の子だなって思ったんですよ。なので、そこを壊さないように、でも草笛さんとの仲の良い関係も出るように、それを融合した感じを意識してやっていました。

――おばあちゃんだけではなく、フィアンセに対しても甘えている部分も感じました。

そうですね。すごく甘えているなって思います。自分勝手なところもあるんですけど。私は甘えることってすごく難しいなって思うんですよ。私自身が甘えることが得意な方ではないんですね。甘えられる人間って逆に強い人間だなって思うので、だから夏海ちゃんはかわいいなって思いました。

――ウエディングドレスのシーンもありますね。

ウエディングドレスを着たのは初めてでした。撮影の日は一日中着ていたので、結構きつかったですね。普通の結婚式なら数時間しか着ていないですよね。でも、12時間くらいずっと着ていたんですよ。なので、すごく大変なんで、花嫁さんってすごいなって思いました(笑)。

でも、ウエディングドレスを着ると気が引き締まりますね。すごく神聖なものを着ている気がするので、心が洗われるじゃないですけど、そういう気持ちにはなりました。やっぱりウエディングドレスを着ることってすてきです。

――ご自身の結婚を意識されましたか?

いつかは結婚したいと思います。でも、今は憧れはあまりないですね。結婚願望というのはないです。今は結婚しても余裕はないので、まだ先かなって思います。

■ 三浦貴大は“カメレオン役者”

――三浦貴大さんの印象は?

三浦さんは本当にどこにでもなじめる方なんですよ。そういう意味では“カメレオン役者”かもしれないですね。東京で生まれて、東京で育って、あのビッグスターの二人の息子さんなんですけど、富山県の氷見での撮影でしたが、本当に地元の人か三浦さんか分からないくらいなじんでいました(笑)。

本人も「それが自分の得意なこと」とは言っていたんですけど、それって才能だと思うし、役者さんはそうじゃなきゃいけないよねって思ったんで、そういうこともすごいなって思いました。全然気取っていなくて、気さくで、本当に演じている大和みたいな方だったので、すごく助けられたりもしました。

――三浦さんが撮影以外でも大和になりきっていたから、現地になじんでいたということですか?

いや、わからないです。大和のように演じてなじんでいたのかもしれないし、元々の三浦さんなのかもしれないし、撮影中はずっと大和になっていたのかもしれない。それは三浦さんに聞きたいですね。「本当はどうなの?」って(笑)。

――氷見はどんな所でしたか?

「ばぁちゃんロード」の時は時間がなくて、氷見を楽しむことはあまりできなかったんですけど、その前に撮影した「おみおくり」の撮影も氷見だったんですよ。なので、地元の方でも知っている方が多くて。そこで仲良くなった方が、「また来たのかい?」みたいな感じで(笑)、すごく地元感が漂ってましたね。

「おみおくり」の撮影は3月だったんですけど、お魚がおいしくて、いっぱいおいしいものを食べさせていただきました。なので「おみおくり」の時はちょっと太ったかな?(笑)。

■ 父・長渕は筋トレを…

――今年はデビュー10周年となりますね。

すごくいろいろなことがあったなって思います。デビュー作の映画「三本木農業高校、馬術部」(2008年)で主演をやらせていただいて、それも1年かけて撮影をしたんですね。今はなかなかそんなこともできないですし、スタッフも含めて恵まれた撮影だったなって思います。

その作品で日本アカデミー賞新人俳優賞、報知映画賞新人賞をいただいたんですけど、その後にいろいろなことを感じました。そこで、ちゃんと本格的に女優をやろうと覚悟を決めて、ニューヨークに渡った2年間の留学がありました。

決して順調ではなかったと思います。いろいろなことを考える時間もありました。「このままいいのかな?」とか「自分は本当にこの仕事を続けていきたいのか?」とか、そういうことを考えた時期でもありました。

でも、2017年にいろいろな作品の撮影に参加させていただいて、今でも順調だとは思っていないですけど、まだまだこれからも頑張っていかないといけないなって感じています。

ただ、この10年という節目で10年ぶりの主演映画ができたということは、すごくうれしいことだと思いますし、ありがたく思っています。

――10年の女優活動の中で、ご両親の長渕剛さん、志穂美悦子さんから言われたことなどはありますか?

(お父さんからは)体を鍛えろって言われます。ははは(笑)。めちゃくちゃ言われますね。それは体が資本だからということだと思うんですけど。

――長渕さんのイメージ通りですね(笑)。

はい(笑)。ヨガはずっとやっているんですけど、うちのお父さんは「ヨガだけじゃ駄目だ!」って言うんですよ。筋トレをさせたいみたいで。私は重い物を持ち上げるのが好きではなく、自重トレーニングの方が好きなので、ちょっと逃げてます(笑)。

――志穂美さんからは同じ女優としてアドバイスをくれたりするのでは?

お母さんはあまり言わないんですよね。見守ってくれているというか。舞台の後は駄目出しがすごいですけど(笑)、本当にそれ以外は「全力を出して頑張りなさい」くらいですね。

――どんな女優を目指していますか?

「この役は文音にしかできなかったよね」って言われる女優さんになれたらいいなって思います。

――今回の作品はまさにそうだったと思います。

う~ん、もっとですね。

■ 3世代で見てほしい

――それでは、最後に読者へメッセージをお願いします。

おじいちゃん、お母さん、お子さん、3世代で見られる作品だと思います。3世代が全てあてはまったり、共感できるポイントがきゅっと詰まった作品で、今はなかなかそういう作品ってないと思うんですよね。若い子をターゲットにしたり、シニアをターゲットにした作品はあると思うんですけど、この作品は3世代で見られる作品だと思うので、ぜひ3世代で見にっていただきたいですね。

あとは、見終わった後に、大切な人、おばあちゃんやおじいちゃん、親じゃなくても、恋人だったりとか、自分が本当に大切にしている人にもう一度会いたくなる作品だと思います。

心がボロボロになっちゃったりとか、自分が今すさんでいるなって思っている人には、心が温まる作品になっているのでぜひ見ていただきたいです。一人でもいいですけど、恋人と、お母さんとお父さんと、おばあちゃんとおじいちゃんと見に行ってもらいたい作品です。

■ 映画「ばぁちゃんロード」あらすじ

ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、二人はまず、夏海の両親の元へ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛)の元へ出向く。

夏海は、両親が共働きだったことで、幼いころからキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。

そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということだった。ひたむきな夏海の思いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していく――。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143397/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス