最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

空気入りタイヤができるまでの歴史 1,900年続いたタイヤの素材はなんでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

陸上で物を運ぶ時、最も古い方法は『ソリ』でした。紀元前3,000年頃、シュメール人が『ソリ』の下に車輪を付けました。その車輪の外側には、動物の皮がかぶせてあって、それを釘で固定していたそうです。まさに現代の『タイヤ』です。

その後、古代ローマ時代に、木の車輪の外側に鉄の輪をはめ込んだ『鉄のタイヤ』が登場しました。それ以降、『鉄のタイヤ』の時代が約1,900年続きました。現在のように、『タイヤ』にゴムが使われるようになったのは1867年です。この頃の『タイヤ』はゴムで出来た輪を車輪の外側に取り付けたもので、いわゆる『ソリッドタイヤ』でした。『ソリッドタイヤ』とは、空気の代わりにゴムを詰めたタイヤで、クレーン車やトレーラーなどの、特殊車両に使われています。

現在のような、『空気入りタイヤ』が誕生したのは1888年。イギリスのジョン・ダンロップさんが、凸凹の道で転びやすい息子さんの自転車のために、車輪に空気を入れたゴム袋を巻き付けたそうです。この『空気入りタイヤ』のアイデアは、それ以前にもありましたが、実用化はされなかったそうです。

この『空気入りタイヤ』を自動車に初めて使用したのは、フランスのアンドレとエドアールのミシュラン兄弟で、1895年に行われた耐久レースで使われました。この時、途中で何回もパンクしたため、レースはリタイヤしましたが『ソリッドタイヤ』の2倍ものスピードが出る! ということで、その後、たくさんのクルマが『空気入りタイヤ』を使うようになりました。

パンクしやすいのが欠点だった『空気入りタイヤ』でしたが、技術の開発の積み重ねの結果、現在のような丈夫な『タイヤ』が生まれました。

(2018年4月3日放送分より)

[提供/ニッポン放送 鈴木杏樹のいってらっしゃい・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス