中谷美紀の結婚願望がなくなる!?新ドラマ“13日の金曜日”にスタート

テレビドガッチ

2018/4/13 05:00

中谷美紀&玉木宏、ユースケ・サンタマリア&木村多江が、それぞれ夫婦を演じることで話題の新ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系、毎週金曜22:00~)、4月13日に15分拡大でスタート。初回となる今回は、2組の夫婦に見えない亀裂が走り始める様子が描かれる。

中谷主演の本作は、「夫婦の絆」をテーマに、2組の夫婦が“落ちてはいけない恋”によって翻弄されていく姿を描いたハラハラドキドキのストーリー。「夫婦のあるある」と「妻の本音」がふんだんに盛り込まれることや、先日行われた特別試写会で中谷が「結婚願望がさらになくなっていきそう」と発言したことでも話題を集めている。そんな中谷は、主人公の専業主婦・佐藤真弓を、玉木は、人妻と不倫に走る真弓の夫・秀明を演じる。またユースケは、物語のキーパーソンとなる中学校教師・茄子田太郎を、そして木村は、秀明に強く惹かれる太郎の妻・綾子を演じる。

結婚13年目の真弓は、住宅販売会社で働く秀明と、受験戦争を経て見事名門中学に合格した娘・麗奈の3人家族。少々雑な性格の真弓に対し、畳んだシャツの皺や冷蔵庫にある食品の賞味期限が気になる秀明。共通の友人・圭介(駿河太郎)の営むカレーカフェで、相手への愚痴を吐き出す日々だ。

ある日、麗奈の中学入学式の帰り道、真弓はかつて旅行代理店で働いていた時の同期・由紀(笛木優子)に偶然再会し、職場復帰を勧められる。

一方秀明は、モデルハウスを訪れた太郎・綾子夫妻の接客にあたっていた。秀明が建て替えを進めるも、太郎は横柄な態度で応じ、なかなか一筋縄ではいかない様子。その夜、再就職に誘われたことを秀明に話す真弓は、「無理だ」と言わんばかりの秀明の態度に反発し、職場復帰を決めるのだった。

後日茄子田家を訪問して営業する秀明だったが、またもや太郎からぞんざいに扱われるも、帰りがけ、綾子に呼び止められる。夫の無礼を詫び、秀明を気遣う綾子の健気さに、思わず心を奪われてしまう。

そんなこととは露知らず、張り切って職場復帰を果たす真弓だったが、すっかり環境が変わっていて、予想外の苦戦を強いられる。年下の社員で指導係の小島希望(トリンドル玲奈)からはお荷物扱いされた挙句、大きなミスをしてしまう。落ち込んで帰宅した真弓は、家事に非協力的な秀明と口論になってしまい……。

あなたにおすすめ