三浦春馬、『世にも奇妙な物語』でタイムワープ 共演に佐久間由衣

クランクイン!

2018/4/13 05:00

 俳優の三浦春馬が、『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系/5月12日21時)で放送されるSF作品『明日へのワープ』に主演することが発表された。三浦は「いつだって誠実に人と向き合うこと、その大切さを実感しました」と作品への想いを明かしている。

【写真】『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』「明日へのワープ」フォトギャラリー

本作は、映画監督を夢見る青年・小林峰雄(三浦)が、1錠服用した途端24時間分の記憶が完全に無くなる謎の薬“アイリウム”によって、記憶を薬でコントロールできるようになる姿を描くヒューマンSF作品。本作でもタッグを組んだ植田泰史が演出を手掛けた『世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編』のエピソード『JANKEN』以来7年ぶり、2回目のシリーズ主演を務める三浦は、「植田監督が撮ってくださるということで、僕自身、成長した何かを現場に置いていければ良いなと思いながらやらせていただきました」と述懐。

物語については「自分と向き合う時、(現実から)逃げてしまうような弱さって誰もが持ち合わせていると思うのですが、そんなところに僕も共感しました」とコメント。注目してほしいシーンに関しては「“アイリウム”という薬による“世にも奇妙な世界”を経験した後の恋人とのシーンで、自分のパートナーを見た時、“あぁ本当に存在するんだなぁ”と感極まりました。“大切な人が明日いなくなるかもしれない”という可能性は0%じゃないわけで、いつだって誠実に人と向き合うこと、その大切さを実感しました」と話している。

一方、峰雄の同棲中の恋人・須藤由紀を演じる佐久間由衣は、「小さい頃から『世にも奇妙な物語』を見ていたので、お話をいただいた時には、本当にうれしくて、“私が出ていいのかな”ってびっくりしました。歴史ある番組に出演させていただけて光栄です」と喜びのコメント。三浦との共演については「3年以上ずっと一緒にいるカップルという設定で、自分で事前に想像して作っていったという部分もあるのですが、実際、目の前に立たれている三浦さんのたたずまいにすごく助けられて、役に入ることができました。連続ドラマとは違った短編ならではの難しさと楽しさを経験できました」と振り返っている。

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』は、フジテレビ系にて5月12日21時放送。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス