Interview with Starcrawler

NeoL

2018/4/12 14:37



フー・ファイターズのデイヴ・グロールやマイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、俳優のイライジャ・ウッドらを虜にし、ロックンロール新時代のパイオニアとなることを大いに期待されているLAの若き4人組バンド、Starcrawler。リリースされたばかりのデビューアルバム『Starcrawler』を携えて初来日を果たし、全国各地のライヴハウスを狂騒状態に塗り替えた彼らは一体いかなるバンドなのか。アイコニックな紅一点のヴォーカリスト、アロウ・デ・ワイルドとベースのティム・フランコの2人に話を訊いた。

──デビューアルバムは、4人の感情が爆破する瞬間を焼き付けた作品だと感じました。アロウとティムにとってはどんな作品になったと思いますか?

アロウ「録音の手法もライヴ・レコーディングだったし、ライヴショーのエネルギーを捉えたかった。そう、だから、つまりは自分たち自身を映し出したアルバムなんだと思う」

──ライヴのエネルギーを作品に封じ込める難しさはロックの歴史における永遠の課題でもありますよね。

アロウ「でも、私たちにとっては、そんなに大変なことじゃなかった」

ティム「レコーディング前に入念なリハーサルをやったしね」

アロウ「レコーディングが長くなって、エネルギーが削がれる瞬間もあったけど、意外と大丈夫だったかな」

Starcrawler3 | Photography : Riku Ikeya

──すぐに修正加工できるデジタル・レコーディングではなく、簡単に直しがきかないアナログ・レコーディングでの録音はいかがでしたか?

アロウ「エキサイティングだった!デジタル・レコーディングは後で修正が出来るからということで怠けてしまっていたと思うんだけど、アナログ・レコーディングはその演奏をより良いものにしようと考えて、気合いも入ったし、サウンドも良くなったと思う」

──現代社会が、あらゆる無駄を省くように進化し続けていることを考えると、アナログ・レコーディングはあまりに手間がかかる手法でもありますよね。

ティム「自分はそう思わなかったよ。むしろ、テープを使うことが自分にとってクールなことだったし、エネルギーを捉えるべく、演奏もワンテイクごとにアプローチを考える、その過程が大事だったんだ」

Starcrawler5 | Photography : Riku Ikeya

──アルバム未収のファースト・シングル「Ants」はレッド・クロスのスティーヴン・マクドナルド、アルバムはライアン・アダムスがプロデュースを手がけていますが、2人のロックスターからどんなことを学びましたか?

アロウ「スティーヴンは、私たちのやりたいことを活かしながら、ベースもプレイしてくれたり、ビッグなサウンド作りに長けた素晴らしいプロデューサー、エンジニアだった。そして、ライアンは私たちの作品をより良くするためのアイデアを持っていて、レコーディングではそれを試させてくれた。しかも、これをやりなさいと指示することはなかったし、私たちのアイデアも大切にしてくれて、その絶妙な加減がやりやすかったかな」

──Starcrawlerがプレイしているロックンロールはバラードあり、グラムロックあり、サイケデリックなものがあったり、シンプルでありながら、ロックンロールの多様性を感じさせるものですよね。

アロウ「ありがとう! 今回のアルバムでは多様性を持たせることを意識して、ダークな曲もあれば、「I Love LA」のようにポップなものだったり、「Tears」のように悲しい曲があったり、そうした1曲1曲の違いを感じてもらえるんじゃないかな」

Starcrawler7 | Photography : Riku Ikeya

──色んなインタビューでお気に入りのアーティストとして、オジー・オズボーンやアリス・クーパー、ザ・ストゥージズだったり、70年代に黄金期を極めたロックスターを挙げていて、Starcrawlerの多様なロックンロールにはその影響が強く感じられますが、そうした今から40年前の音楽は2人にとってどう響いているんでしょうか?

アロウ「40年前の音楽であっても、私たちにとってはクールな音楽だし、いまだにインスパイアされているアーティストって感じかな。今の時代、彼らのように私生活を含めて、あそこまでワイルドな音楽は成立し得ないという人もいるけど、私たちは不可能だと思わないし、自分たちが正しくロックンロールすれば、みんなエンジョイ出来るはず」

ティム「そうなるためには、アーティストとして本物であること。そして、地に足が付いていることが大事だし、音楽を常に気にかけていれば、彼らのようになることは可能だと信じているよ」

Starcrawler6 | Photography : Riku Ikeya

──そもそも、今の時代、ヒップホップやダンスミュージックなど、色んなチョイスがあるなかで、2人がロックンロールを選んだ理由というのは?

アロウ「自分が一番インスピレーションを受けている音楽だし、自分でも作りたいと思わせてくれた音楽だから、かな」

ティム「僕もそうだよ。ベースを手に取った時、自然とプレイしたくなったのが、ロックンロールだったんだ。それ以外の音楽をプレイすることは考えられないよ」

──近年、ロックンロールバンドの旗色が悪い時代だと言われていますが、今、バンドシーンに欠けているものはなんだと思いますか?

アロウ「うーん、分からないな。数年前と比べて、バンドに勢いが戻ってきている手応えはあるんだけど、活動しているバンド、注目されているバンドの数が十分じゃない気がする」

ティム「そうはいっても、素晴らしいソングライターはいっぱいいると思うし、クールなロックンロールバンドも沢山存在していると思うけどね」

アロウ「あとは、私たちのようなバンドで成り立っているようなシーンかな。こと、LAのシーンに関しては、サーフロックが流行っていたり、パンクロックやシンセロックも盛んだったりするけど、私たちのようなバンドは他にいないかな(笑)。ただ、ここ最近は、ツアーでLAを留守にしていることが多くなって、PINKY PINKYのような友達のバンド以外はライヴを観る機会も減ってるから、なんとも言えないかも」

ティム「あとは、ストーナーバンドのThe Shrineとか?」

アロウ「そういう友達のバンドと一緒にライヴするのは楽しいな」

Starcrawler | Photography : Riku Ikeya

──では、この先、Starcrawlerが成功するためには何が必要だと思いますか?

ティム「より多くのオーディエンスに自分たちの音楽を届けること。そのためにはツアー、またツアーの日々だね。そして、その全てのショーを素晴らしいものにすること」

アロウ「沢山ショーをやって、自分たちの音楽を外に出すだけ。ロックンロールであることを考えたり、意識しすぎるということはロックンロールになりきれていないということだと思うし、自然体の自分でいることを心がけてる。自分そのままにプレイした音楽がクールだと思ってもらえたら最高だな」

photography Riku Ikeyatext Yu Onodaedit Ryoko Kuwahara

RTRADLP890 STARCRAWLER
Starcrawler『Starcrawler』発売中(Rought Trade/Beat Records)国内盤特典:ボーナストラック3曲追加収録/解説・歌詞対訳封入beatink: http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=8293amazon: http://amzn.asia/4cJHCHXtower records: http://tower.jp/item/4647499/hmv: http://bit.ly/2I8uz1CiTunes Store: http://apple.co/2zHzFhAApple Music: https://apple.co/2oTCfx5Spotify: http://spoti.fi/2tlO7w9

フジロックフェスティバル2018 7月28日(土)に出演決定!開催日:7/27(金)・28(土)・29(日) 会場:新潟県湯沢町苗場スキー場フジロックフェスティバルチケットページhttp://www.fujirockfestival.com/ticket/

Starcrawler2 | Photography : Riku Ikeya

ーー I heard the gig last night was a blast. How was it?

Arrow: It was really fun.

Tim: It was great.

ーーAre you tired?

Tim: I’m not tired but I don(t know why I’m spacing out (laughs).

ーーI thought that this album is the record that the explosion of feelings are captured so well. I think it’s a great album, but what kind of record did you guys actually want to make?

Arrow: We tried to capture the energy of live. It’s all recorded live. We wanted yo capture the energy of live shows, so basically wanted to capture ourselves.

ーー In rock ’n’ roll history, capturing live energy has always been the challenge. I don’t think it’s easy. But was is easy for you guys? Or difficult?

Arrow: Not really

Tim: At the end of the day, we were tired and we kinda lost the energy, but..

Arrow: But we practiced a lot so it was pretty easy and the energy was captured naturally.

Starcrawler10 | Photography : Riku Ikeya

ーーYou can’t correct or edit anything at all when you record analog. How did you guys enjoy it?

Tim: It was fun.

Arrow: Yeah. It kind of made the recording more exciting. If it’s digital, it’s hard to decide when to stop because you can fix and can’t be sure what’s perfect. But with analog, you really have to know how to get the take. You can make something better because you care about it more.

ーー Now we’re in this digital era, so we try to eliminate waste more and more. When you’re used to it, you can be bothered by analog. You never felt that way?

Tim: Not really. Tape is just really good because it’s all about one take. That makes us think more and I think it’s more cohesive. It really captures the energy.

Starcrawler4 | Photography : Riku Ikeya

ーーThe single is produced by Steve from Redd Cross, and the album is produced by Ryan Adams. Both of them are rock stars. What did you guys learn through working with them?

Arrow: They were pretty different. Steve is more kind of like.. We just went and recorded. He didn’t change much of it, but he’s an amazing engineer. He played bass on it and he knew how to make big sounding. And Ryan is more like producer like. He always has ideas and always and he wanted us to try that. But he wasn’t forcing or something. That was really goof.

ーー Starcrawler is a rock ’n’ roll band. There are many types of rock ’n’ roll approaches, and I think you guys album is simple but has variety.

Arrow: Oh thank you.

ーーWere you guys conscious about that?

Tim: I think so.

Arrow: Be cohesive and not to be different. Heavy and dark but poppy and happy. We didn’t want every single song to be exactly the same.

Starcrawler9 | Photography : Riku Ikeya

ーーI see names such as Ozzy Osbourne, Iggy Pop, The Cramps, Alice Cooper in your interviews. All of them were so big in the 70’s, it was 40 years ago. You guys are still young but how do you appreciate that type of music?

Arrow: They are cool. Those are the bands and artists who inspire all of us and I listen to.

ーーThere aren’t many wild people like them anymore in the work now don’t you think? It’s not easy to be like that in this era I think.

Arrow: I don’t know. We’re doing it so there must be someone else doing that definitely. You just have to do it right. I guess if you’re doing it right other people can enjoy it more.

Tim: Just being guanine as an artist and really caring about music is the key.

ーー Now hip hop is popular all over the world, or dance music is popular at music festivals. There are so many types of music nowadays as choices but why did you guys choose rock ’n’ roll?

Arrow: That’s the music I get inspired by and made me want to make music. So I didn’t think of anything else.

Tim: It’s kinda like supernatural thing. That’s really I think about when I play instruments.

Starcrawler8 | Photography : Riku Ikeya

ーーWhat do you think about recent rock ’n’ roll scene?

Arrow: There aren’t not enough bands. That’s it. I know it’s getting popular again but it’s not big enough as well.

Tim: I guess there are lots of good musicians. Especially when it comes to songwriting. There’re lots of creative songwriters. And also cool bands.

ーーI think lots of rock ’n’ roll bands are making super clean sound lately. The sound is so fine and it feels like those are products more than sound. But I think your album is very raw and that’s why I think the record is amazing. So thought there might be something you guys want to complain about rock ’n’ roll music scene nowadays.

Arrow: I mean, there’s not much of scene. There aren’t enough bands.

ーー I saw names like Skating Polly in your interviews as well, and you guys have been playing with bands like Lemmon Twigs. Which means you guys are close to some bands from the same generations but what are the young bands or artists from LA like?

Arrow: There are lots of bands and lots of different scenes. I don’t know well but I think surf rock or punk rock is popular. Synth rock as well.

ーーSo there no bands who are cooler than Starcrawler (laughs)?

Arrow: I don’t know (laughs). I just don’t know lots of bands. We’ve been out of town for a long time. But sometimes we play with some bands from LA who are friends of ours like Pinky Pinky or The Shrines whose music is more metal and also rock ’n’ roll . I like playing with friends.

ーー To be successful as a band, what do you think is important?

Tim: Just to reach a lot of audiences.

ーー To achieve that, what do you think you need to do?

Tim: Just tour (laugh). I guess so. And to make every show great.

Arrow: Just play a lot of shows and try to get our music out there.

ーーRock is music but also a lifestyle and culture. What do you think about that a aspect of rock ’n’ roll?

Arrow: I don’t really think. If you think, it’s not genuine. Trying to be rock ’n’ roll is not rock ’n’ roll.

ーーThis is the last and stupid question. If you have to change your band name, what name would you choose?

Arrow: Coming up our band name was so hard already. So I don’t know (laughs).

Tim: Timothy Franco or Tim’s (laughs). My name (laughs).

Arrow: It took us a month to come up with the band name. So I don’t wanna do that again (laughs).

photography : Riku Ikeyatext : Yu Onodaedit: Ryoko Kuwahara

あなたにおすすめ