最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『仮面ライダービルド』ハードさは"変身の重み"のため、『ROGUE』対談で明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像配信アプリ「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」が主催する「第3回 東映特撮ファンミーティング」として、現在テレビ朝日系で好評放映中の特撮テレビドラマ『仮面ライダービルド』スピンオフ映像作品『ROGUE(ローグ)』の上映&トークイベント「ナイトトークイベント『9時まで渋谷TOEIで語り明かそうか』」が、10日に開催された。

会場では、「『仮面ライダービルド』Blu-rayコレクションVOL.1」の映像特典である『ROGUE』序章「NIGHT ROGUE RISES」が上映され、東映プロデューサーの大森敬仁氏と谷中寿成氏、脚本を手がけた赤松義正氏、監督を務めた鈴村展弘氏、そして主役の氷室幻徳を演じた水上剣星が登壇し、『ROGUE』および『ビルド』についての興味深いトークが繰り広げられた。

『ROGUE』は、『仮面ライダービルド』本編でも仮面ライダービルド/桐生戦兎と対立する敵側の「仮面ライダーローグ」として活躍する、氷室幻徳の「テレビでは描かれない裏の姿」を描いたスピンオフ作品。Blu-rayコレクションVOL.1には、幻徳が悪魔に魂を売りわたし、ナイトローグへの変身を決意するまでを描く「序章」が収録され、VOL.2では「第2章」、VOL.3では「最終章」、VOL.4では「メイキング」と続いていく予定である。

満場の客席から拍手が巻き起こる中、司会進行を務めるお笑い芸人の篠宮暁(オジンオズボーン)が登壇。観客の方々と一緒にビルドの決めポーズを行うなど、絶妙のトークとアクションで観客の心をつかんだ。
○『ビルド』テレビシリーズ前半を振り返って

まずは、東映の大森プロデューサー、谷中プロデューサー、そして氷室幻徳役の水上剣星を迎えて、つい先日、第30話を放送して"折り返し地点"を迎えた『仮面ライダービルド』テレビシリーズについてのトークがスタートした。

現在『ビルド』テレビシリーズの脚本は、武藤将吾氏が1人で手がけている。本作と同じく、大森プロデューサーが製作を務めた前作『仮面ライダーエグゼイド』(2016年)でも高橋悠也氏がテレビシリーズと劇場版の全エピソードを1人で執筆して話題を呼んだが、本作でも武藤氏による卓越した人物描写やスピーディかつ盛りだくさんなドラマ展開が、多くの仮面ライダーファンから注目を集めている。

大森氏によると、『ビルド』は「もともと武藤さんをお迎えして作ろうとしたシリーズ」であり、成り立ちが武藤氏の起用から始まっているという。『エグゼイド』から連続して仮面ライダーシリーズを作るにあたって大森氏は、「『エグゼイド』では、一見して仮面ライダーらしくないヒーローが、回を進めていくうちに『これも仮面ライダーなんだね』とわかっていく作品作りをしていたが、『ビルド』では最初から、『これぞ仮面ライダーだ』という部分を最初から出していくつもりで進めた」と語った。

また大森氏は「仮面ライダーの根本の部分として、敵と出自が同じ、というものを打ち出そうとしました。そして、武藤さんは男と男の熱いストーリーを書く方なので、それは戦兎と万丈(龍我)を中心に、うまく作ることができていると思います。今後もこのあたりを重点的にやっていきます」と、武藤氏とのタッグで作り上げていく今後の展開に対しての自信を見せた。

武藤氏による『ビルド』のストーリーは、劇中で生まれた"謎"が次の回でいきなり明かされたり、それによって敵と味方の勢力図が次々に移り変わったり、また新しい謎が生まれたりと、エピソードの間を置かずに展開がどんどん変化してく作劇が大きな特徴。水上の演じる氷室幻徳も、東都政府補佐官でありながら秘密組織ファウストの実力者、そして謎の怪人ナイトローグに変身(蒸血)してビルドと対立しつつ、第21話で失脚。さらに第23話ではダークな服装にイメージチェンジを行って、仮面ライダーローグに変身するなど、キャラクターをとりまく環境がクルクルと移り変わっていく。

水上は、幻徳を演じるにあたって「脚本の情報量が多すぎて、演じるほうも把握するのが大変です。お2人(大森氏と谷中氏)が情報を落としてくれないので……」と演じる際の難しさを打ち明けながら、「でも、役に関する情報がない分、1話ずつホン(台本)をもらいながら現場で役を作ります。情報が降りてこないから、ムダなことを考えないですむという利点もあります。その現場現場で役を楽しんで演じています」と、情報量が多く展開の早い武藤脚本に対し、1回1回の出会いを大事にしていることを語った。

谷中氏もまた武藤脚本に触れ、「僕らはあらかじめ大まかなシリーズ構成的なことを考えてから、武藤さんに執筆してもらうのですが、武藤さんの凄いところは、締め切りが迫ると名案が浮かぶという(笑)。それだけにシリーズ構成通りに行かず、展開が構想と変わったりすることも頻繁にあるので、前もって役者さんに『この先はこうなります』とは説明ができないんですね」と、役者に事前情報が与えられない理由と、ギリギリまで吟味され、洗練されていく脚本の面白さについての自信をのぞかせた。大森氏もまた「武藤さんは、あらかじめ組んだ10話分のストーリー構成を、4話くらいで全部消化してしまいます。あと6話どうするんだ、とか(笑)」と、武藤氏自身の作風という「スピーディなドラマ展開」による盛りだくさんな内容の秘密を明かしていた。

第1話の冒頭で幻徳がジャーナリストの紗羽(滝裕可里)への取材を受けている際、彼女を隣にあるホテルに誘って「朝まで語り明かそうか」と表情を崩さず言い放つシーンが注目を集め、「ホテルおじさん」という独特なニックネームがSNSをにぎわせたこともある水上。見るからにコワモテの幻徳を演じるにあたってどのような思いを込めているのか、という質問に対しては、「基本的にマジメに演じようと思っています。自分の芝居を客観視するのはなかなか難しいんですけれど、意外にかわいがってもらえる役になってよかったな、と自分では思っています。決して笑いを取ろうと狙ってやっているわけではありません」と、常に一生懸命な状態で幻徳を演じていることを明らかにした。さらには「妹からも"ホテルおじさん"と呼ばれたことがあります」と、肉親からも役柄が好評をもって受け入れられている事実を発表した。
○Blu-ray映像特典『ROGUE』について

『仮面ライダービルド』Blu-rayコレクションVOL.1には、テレビシリーズの第1話から第12話が収録される。オンエア時のように告知テロップや合間のCMが入らず、高画質で本編が観られるというファンなら絶対に持っておきたい映像商品であり、さらには新作スピンオフドラマ『ROGUE』序章「NIGHT ROGUE RISES」、そして番組キャストによるトークコーナー、ゲームコーナーまでが映像特典として収録されている。

封入ブックレット(8P)も充実の内容とのことで、谷中氏によれば「ライターの用田邦憲氏が筆をふるっており、こんな部分まで(情報を)拾って、こんなに(内容を)ふくらませているのかと、いつも完成前のゲラを読んで楽しませてもらっています。『ビルド』の裏話がたっぷりあるので、ぜひブックレットを楽しんで」と強くアピールしていた。そして「『ROGUE』がシリアス風味で作っているので、キャストさんたちのトークやゲームのコーナーで彼らの"素"の顔に触れていただいて、楽しんでくださるとうれしい」と、映像特典の魅力についても語った。

ここで、『ROGUE』序章「NIGHT ROGUE RISES」(Blu-rayコレクションVOL.1収録)の上映に際し、『ROGUE』の脚本を手がけた赤松義正氏、監督の鈴村展弘氏が登壇。2人を加えた5人による『ROGUE』トークショーが始まった。

氷室幻徳を主役にしたスピンオフ作品になった経緯を大森氏に尋ねると「毎年、Blu-rayの特典ドラマをやってきていますが、いつも頭を悩ませるところです。テレビシリーズが半分をすぎたころにBlu-ray VOL.1が発売されまして、次のVOL.2が約3か月後という状況。それでも、序章、第2章、第3章……と観ても楽しめる内容にしなければなりませんからね。『ROGUE』の場合、ナイトローグ/幻徳が物語の中盤で一旦退場し、第23話で仮面ライダーローグになって再登場するので、仮面ライダーローグ誕生の秘密を明かすようなドラマが作れると考えたんです。クローズやグリスに比べて、ローグは誕生までの流れが見えていて、描きやすかったし、描く価値もありました」と、十分納得のいく具体的な理由が示された。

今回の映像特典には大森氏も力がこもっており、「何年か特典をやってきましたが、ついに来るところまで来たなと思いましたね。なんといっても、この作品のためにセットを建てましたから。やっちまったな、振り切ったな、という気分です」と、映像特典ながら独立したドラマとしても見応えある内容にしたいという意欲を表した。

ドラマの内容について谷中氏は「幻徳は『ビルド』の世界を象徴する重要人物のひとり。『戦争』という特殊な状況がなかったら、こんなパーソナリティの人がああいう行動を起こすことはないと思います。『ROGUE』では、テレビでは見ることができない幻徳の一面を描くことができました。非常に真面目な内容で、さらには過激なバイオレンスも含まれているので、VOL.2以降も期待してほしい」と、こちらも自信のほどをうかがわせた。

鈴村監督によると、『ROGUE』の撮影時は、ちょうど幻徳が『ビルド』テレビシリーズで一時退場していたタイミングだという。まさに、テレビの中で戦兎や龍我が西都の刺客と戦っていたころ、幻徳はまったく別の場所で異なる戦いを繰り広げていた。その全貌が明かされる内容となる。

鈴村監督は「主役が変わると、自然に演出テイストも変化します。幻徳が大人っぽい存在なので、テレビの『ビルド』よりも大人っぽい世界を目指しました」と、演出意図を明かした。また赤松氏は、脚本を執筆する際「幻徳がテレビ本編で描かれていない部分を見つけるため、頭をひねりながら何度も打ち合わせを重ねました。脚本を書いていて、幻徳がどういう奴なのかわからないときは、深夜に武藤さんのところへ電話して相談しましたね。『幻徳はこういう奴なんじゃないですかね?』と話したら、武藤さんから『いや~、そうじゃないな~』なんて言われたりして(笑)」と、『ROGUE』で脚本監修を務めた武藤将吾氏とも連絡を密にし、テレビシリーズと連動しながらも幻徳の新しい一面を引き出すべく脚本を作り上げたという苦労話を語った。

『ROGUE』の「序章」には、幻徳の少年時代からの友人であり、東都政府の実力者でもある布袋幸司(演:永山たかし)が登場。基本的にシリアスな空気で貫かれた作品ではあるが、劇中で幻徳と布袋がカラオケボックスで尾崎豊の「15の夜」を熱唱するくだりなどは、確かにテレビでは見られない幻徳の「人間らしさ」の部分が描かれている。こういった少しコミカルな風味のシーンについて、水上は「カラオケのくだりは、『ビルド』の中で初めて"遊べた"シーンですね。最初に1人でカラオケボックスに入るときでも、監督に相談しながら、店員とのやりとりでちょっとアドリブ的なセリフを加えたりしました」と、楽しそうな笑みを浮かべながら語った。

大森氏は幻徳の人物像について「幻徳という男は、本質的にラブリーなところがあるんです。憎めない育ちの良さから来る『脇の甘さ』ですね(笑)」と話し、YouTubeで配信されている「仮面ライダービルド変身講座 ナイトローグ編」などでも見せる「どんなことでも真面目に取り組むがゆえに笑いがおきてしまう」現象についても説明。

谷中氏は「幻徳は周りから理解されにくい、勘違いされやすいキャラクターなんですが、水上さんが幻徳を一番理解しているのが良かった。映像を観ていて、どこまでが水上さんか、幻徳なのかわからないときがあります。幻徳は水上さんじゃなければできない役柄です。基本は幻徳ってやっていることが最低なんですけど(笑)、それが愛すべき人物になっているのは、水上さんのおかげです」と、水上の演技力、存在感について絶賛した。鈴村監督もまた「変に器用すぎない、なんでも上手にこなす役者ではなく、自分と戦いながら真面目にひとつひとつ取り組んでいるところがいい。器用ではない部分に惹かれます」と、水上の役にかける姿勢を高く評価していた。

『ROGUE』の序章では、幻徳がナイトローグになるまでの経緯が主に描かれたが、第2章以降はどのような展開になるのだろうか。まだ詳細は明かされていないが、鈴村監督は「序章もいいんですけれど、このあと第2章では、幻徳がどうやって仮面ライダーローグになるか、という部分が描かれます。幻徳が地に落ちたところからどう這い上がっていくか、そういったところを観ていただけたら、幻徳をさらに魅力的に感じてもらえると思います」と、ファンの期待を煽るコメントを残した。

また谷中氏からは、「『ROGUE』は幻徳がいかにライダーになっていくかの物語なのですが、序章に出てきた布袋のように"ヒーローになりそこなってしまった"人たちという存在も、赤松さんと鈴村さんとできちんと描いてくださっています。それらの人たちの物語にも目を向けてくれたらうれしい」と、『ROGUE』を彩る多彩な登場キャラクターたちの魅力にも触れていた。

『ROGUE』も含め『仮面ライダービルド』という作品では、主人公の戦兎を筆頭に、キャラクターそれぞれに過酷な運命や宿命を背負わせる、ハードでシリアスな展開が際立っているように思える。これについて大森氏は「一回一回の"変身"に重みを持たせたい、という考えで作っているのが『ビルド』という作品です。人間が"苦難"に立ち向かうというのがひとつのテーマですから、立ち向かうに値するだけの苦難を本気で描くことになります。重いテーマではありますが、作る側の我々も真正面から逃げずに立ち向かい、描いていきたいと思います」と、ハードでシリアスなテーマに取り組む真剣な姿勢を示した。谷中氏もまた「『ビルド』のライダーたちは、戦争やスカイウォールという特殊な状況がなかったら、とてもヒーローにはなりえなかった人たちなんです。仮面ライダーとして戦うことを『運命』とする彼らを描くことが物語の重みを増す結果になり、そういった部分が『ビルド』を他の仮面ライダーシリーズと異なる印象にしているのではないでしょうか」と、『ビルド』独特の個性について分析した。

スピンオフ作品である『ROGUE』の展開も楽しみだが、いよいよ後半戦のストーリーに差しかかるテレビシリーズの行く末も実に気になるところだ。

大森氏は『ビルド』の今後についても、「ただいまオンエアは、折り返し地点となる第30話を迎えました。これから後半戦にさしかかりますが、少しずつ物語のスケールを広げながら、その上で"現実感"を保ったまま、武藤さんと一緒にアイデアを練り上げています。どうぞ今後も『ビルド』に注目してください。そして8月4日には劇場版の公開が控えています。こちらも、いま台本を作っている最中です。8月の公開にふさわしい映画になると思いますので、楽しみにしてください」と力をこめて語り、期待を寄せるファンの熱意に応えた。

『仮面ライダービルド』Blu-rayコレクションVOL.1(第1~12話収録)は東映ビデオより現在発売中。VOL.2(第13~24話)は2018年6月13日、VOL.3(第25~36話)は9月12日に発売予定。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス