サッカー日本代表ハリル解任に広告業界は笑顔満開「西野新監督はイケメン!」「有名選手が帰ってくる!」

日刊サイゾー

2018/4/12 18:00


 12日の就任会見のウラで、広告関係者の笑顔が満開になっている。

日本サッカー協会は今月7日付でのバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、西野朗技術委員長(63)の新監督就任を発表した。日本中があっと驚く電撃解任劇だったが、プロモートする広告関係者やスポンサー筋の間では、おおむね好意的に受け止められているという。

広告代理店関係者は「このままいったらW杯で視聴率がどれだけ取れるのか心配していましたが、これで少しは好転するかもしれません。日本はW杯に6大会連続の出場ということもあって、世間は飽きてきて、マンネリ化が進んでいます。代表にこれといったスター選手もいないですし、正直今回のW杯への注目度は低かった。今年はW杯イヤーなのに全く盛り上がっていなかったんです。それが今回の監督交代で少しは視線を向けられることになって、安堵していますよ。それに新監督の西野氏は日本人で、ダンディーでイケメン。これ以上ないわかりやすさ。にわか女性ファンも食いつきやすい」と、ほくほくだ。

解任前にあるテレビ番組が行った一般人への調査によれば、代表監督を知っているのはたったの29%しかいないという恐ろしい結果となっていた。そればかりか、ワールドカップでの対戦国を知っている人は9%しかいなかったという。

前出の広告関係者は「60歳を超えた西野氏ですが、女性人気は半端じゃない。現役時代から西野氏が歩くところには大勢の女性ファンが付いてくる。試合でケガをしたら、お見舞いしたいと女性が自宅まで押し掛けたことが何度もある伝説の人。Jリーグの監督時代には、女性ファンが『結婚してくれなきゃ死ぬ』と言って西野氏が乗るベンツの前に立ちはだかったこともありましたよ」と明かす。

さらにこれまでハリルホジッチ監督が冷遇してきた知名度の高い本田圭佑、長友佑都、香川真司、岡崎慎司が再び代表のレギュラーに収まる可能性が高まったと言われている。

「流行の戦術や選手起用、難しいサッカー論を語りたがるサッカーフリークなど一部の人からは不評かもしれませんが、日本代表の関心、人気を呼ぶためには非常にありがたいことです。みんが知っている本田、長友、香川、岡崎が出場してくれれば、W杯の盛り上がりにも一役買ってくれて視聴率も上がることは間違いありませんよ」(前出の広告関係者)

W杯の開幕は6月14日。これでいよいよ、尻馬に乗って騒ぎたがるにわかファンたちの間で、サッカー熱がグングンと上がってくるのかもしれない。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス