ゴールデンウィークにかけての天気傾向

日直予報士

2018/4/12 20:04

最新の1か月予報では、この先は4月後半にかけて晴れる日が多い見込みです。ところが、ゴールデンウィーク頃は天気の傾向が変わりそうです。

●天候のポイント

今年はすでに初夏を思わせる陽気になったり、桜の開花・満開も平年より早かったりと、季節の進みが早いようです。
この先も日本付近は暖かい空気に覆われることが多く、気温は平年並みか平年より高い見込みです。天気は春らしく短い周期で変わるでしょう。4月の後半は高気圧に覆われやすく全国的に平年より晴れる日が多い見込みです。ところが、その先は天気の傾向が変わりそうです。
【ゴールデンウィーク頃は?】低気圧や前線の影響を受けやすく、晴れる日は少ないでしょう。雨が降る日もありそうです。

●週ごとの天気の傾向

【1週目(4月14日~20日)】
14日(土)~15日(日)にかけて低気圧が日本海を発達しながら東へ進むため、日本列島は春の嵐に。低気圧の発達の程度によっては大荒れとなる所があり、本州の太平洋側は雨が強まって、雨量が多くなるおそれがあります。低気圧や前線の通過後は大陸から高気圧が移動してくるため、16日(月)頃は全国的に晴れ間が広がる見込みです。17日(火)~18日(水)頃は本州の南に延びる前線の影響で、九州から東海を中心に雨が降るでしょう。19日(木)頃は大陸から高気圧が移動してきますが、天気の回復は遅くなりそうです。全般に雲が多いでしょう。
気温は、春の嵐となる14日(土)~15日(日)頃は5月並みとなる所もありそうです。嵐の後は平年並みに戻る所が多いですが、一時的。日に日に気温は上がり、17日(火)以降は最高気温が25度以上の夏日になる地点が増えていきそうです。
【2週目(4月21日~27日)】
全国的に天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べて高気圧に覆われやすく、晴れる日が多い見込みです。気温は沖縄・奄美は平年並み、九州から北海道は平年より高いでしょう。半袖日和が増えそうです。
【3週目から4週目(4月28日~5月11日)】
沖縄・奄美は天気は数日の周期で変わるでしょう。九州から北海道は低気圧や前線の影響を受けることが多くなりそうです。平年に比べ晴れる日が少ないでしょう。その割には気温は高めです。沖縄・奄美は平年並みか高く、九州から関東は平年より高い見込みです。東北、北海道は平年並みか高いでしょう。

あなたにおすすめ