最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

年末よりも春に大掃除をしたい3つの理由、3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春先は窓を開け放して気持よくそうじができるシーズン。年末の寒くて慌ただしい時期よりも気持ちがよいだけでなく、春の方がそうじに向いているという理由があります。

春が大そうじに向いている3つの理由

大そうじと言えば年末!と思う人が多いと思いますが、春の大そうじにはいいことがいっぱい! 春休みやゴールデンウィークにそうじをするとよい理由が、ちゃんとあるんです。

●理由1
日本では新年度が4月から始まります。新しい学校や職場に進む人、新学年を迎える子どもたちにとっては、1年間使った本やプリント、制服や靴などを整理するのに一番向いている時期。春休みのうちにいらないものを処分して、すっきりと整理をすることで、新生活への意気込みも湧いてきます。

●理由2

また、寒い冬の間に手が回らなかったベランダや庭、ガレージのそうじも春ならラクラク。これ以降は梅雨を経て夏となり、雨と暑さで外の作業はどんどん辛くなっていくことに。家の外回りのそうじはこの時期に手をつけておきましょう。

●理由3

そして、年末に落としきれなかったキッチンや風呂場の汚れも、気温が高くなると落としやすくなっていきます。大そうじは冬よりも春が向いているんです。

春休みや5月の連休のスプリング・クリーニングを習慣にすると、年末の大そうじのプレッシャーからもラクになれますよ。

ひとりでやらず、みんなでやろう! 

一人暮らしの人は、友達と声をかけあってお互いの家のそうじを一緒にしてみましょう。家族がいる人は、家族に声をかけてみんなで。みんなで作業をする時のコツは、

●時間を決めて取り組み、時間がきたらきっぱりやめる

終わるまで……と決めるとそれぞれの終わる時間に差が出て、気がついたら一人だけがやっているということも。午後の2時間だけ取り組むなど決めて、時間できっぱり止めるのがコツです。

●終わったら楽しみなごほうびを用意する

終わったら焼肉に行く、洋服を買いに行く、お風呂に行くなど楽しみに思えることを用意して、ごほうび目指して頑張りましょう。

●完全分担よりひとつの作業を二人でするほうが楽しい

部屋ごと、場所ごとに分担して一人きりで作業するよりも、一人が家具を動かして一人が掃除機をかけるなど、一緒に一つの作業に取り組むほうがイベント感覚で楽しめます。「しなくちゃ」と思うのではなく、「楽しい」と思える取り組み方を。

梅雨と夏を乗り切るためにも、春は大切な季節

これからやってくる梅雨の季節、日照時間が減り湿気が増えることで、家に残った埃や汚れをエサに、カビやダニが繁殖しやすくなります。夏の高温でダニはさらに繁殖し、秋になるとその屍骸がアレルギーなどを引き起こすとも言われています。

梅雨と夏が来る前の気候の良い春に、カビやダニのエサとなりがちな汚れは、さっぱり落としておくのが、家を健康に保つ秘訣。

仕事が忙しかったり、健康上などの理由で自分たちでやるのが辛いという人は、外注も手です。年末に比べ、おそうじの外注の予約も入れやすく、キャンペーンなどでお得に依頼できることも。

気持ちも新たに、家族で春の大そうじ。さっぱり汚れを落として、夏以降も元気に過ごしたいものですね。(文:ももせ いづみ)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス