最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

理不尽やストレス社会と戦う「セルフ運営アイドル」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11日、『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

「『理不尽と戦え』ストレス社会と戦う セルフ運営アイドルユニット」がコンセプトの、劇場版ゴキゲン帝国がゲストとして登場すると、矢口は「セルフ運営アイドル」という部分に食いついた。


 メンバーの白幡いちほが「楽曲のプロデュース、作詞、振り付け、ライブブッキングから経理まで全部自分たちでやってるんです」と説明し、自身が社長の役割も務めていることを明かすと、矢口は「ヤベえじゃん! 賢い」と大いに感心した様子。

そんなゴキゲン帝国の給料事情をたずねると、白幡いわく“事務作業デー”なるものがあるそうで、月毎の売り上げを計算し「『音源作るときに使うから』っていうのを貯金して、経費がこれくらいで、これはスタッフに使う分、人件費とかを分けて、それをメンバーでみんなで分けてやりくりしてるんですよ」と“セルフっぷり”を披露する。

岡野が「完全に割ってんの? 給料」とさらに切り込むと、白幡は「ちょっとだけ多く貰ってます」と急に声が小さくなったが、他のメンバーは「メッチャ(仕事)やってくれてるからぁ」と納得の様子で、メンバーに対する白幡の取り分が「基本山分けで5%多い」程度だと判明すると、矢口は驚いて「もうちょっと貰ってもいいんじゃない?」とアドバイスしていた。

(C)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス