うどんへの愛情に狂気を感じる 香川県のソファに座ってみると?

grape

2018/4/12 18:00

『うどん県』といわれるほど、うどんが有名な香川県。

うどんのだし汁が出てくる蛇口を高松空港に設置するなど、遊び心あふれる取り組みもしています。

そんな香川県に行ったarichang(@arichang)さん。高松空港でうどんのようなソファを見つけ、驚いてしまったのだそうです。

そのソファがこちらです。

うどんをモチーフに作られたソファなのかは分かりませんが、角度によっては盛り付けられたうどんのようにも見えます。

香川県のうどんへの愛情の深さに感心してしまいますが、驚くべきは見た目ではなく、座って分かるものだったのです!

ソファに座ってみると、柔らかさと強いコシが再現されていて、狂ってると思いました。

なんと、うどんのようなソファに座ってみると、驚くほど柔らかく、それでいて強いコシを感じたのだそうです。

まさか座り心地でコシの強いうどんを再現するとは…香川県恐るべし!!

高松空港のソファを見て、驚きの声が寄せられました。

・何ですか、このソファは!人をダメにするやつですか。

・「狂っている」という表現がナイスです。愛情は時に、狂おしいになりますからね。うどん愛がすごい…。

・強いコシが腰を支えてくれるのか…うどんはすごいな。

・あぁ、このうどんに座りたい。

うどんとの関係は分かりませんが、香川県でこのソファに座ったら、なんとなく腰が強くなりそうですね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ