吉高由里子『正義のセ』、初回視聴率11.0%で2ケタ発進も「既視感すごい」と賛否


 吉高由里子主演の連続ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)第1話が4月11日に放送され、平均視聴率11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。2ケタ台スタートで幸先がいいかと思いきや、ネット上では「既視感ありすぎ」とガッカリされているようだ。

「阿川佐和子の同名小説シリーズを実写化した同ドラマは、主人公の新米検事・竹村凜々子(吉高)がつまずきながらも一生懸命に“正義”を貫く姿が描かれます。第1話では、大阪から横浜地方検察庁港南支部に異動してきた凜々子が、ある傷害事件を担当。建設会社に勤める向井俊哉(浅利陽介)は上司・恩田徹(石黒賢)から暴行を受けたとして被害届を提出するも、恩田やその部下・田中啓介(六角慎司)の証言と食い違う……という展開でした」(芸能ライター)

『正義のセ』が放送される日テレ系「水曜ドラマ」枠の前クールは、広瀬すず主演の『anone』で初回9.2%に終わった。独特かつ暗い雰囲気に馴染めない視聴者も多かったため、新たに始まった『正義のセ』を見たネットユーザーからは「やっぱりこういう明るいムードでわかりやすいドラマのほうがいい」「ラクな気持ちで見られる」といったコメントも寄せられていたが……。

「正義感が強く、周りを巻き込んででも諦めない性格の凜々子のキャラクターについては、『いくら2年目の新米とはいえ、ちょっと落ち着きがなさすぎでは?』『熱いのはいいけど、ドジだし、検事に向いてない』などと、否定的な声も少なくありません」(同)

また、吉高は昨年1月クールに『東京タラレバ娘』(同)でも主演を務めたが、「『タラレバ娘』と同じ演技」という指摘も多く、「ギャーギャー騒いでるだけで、なんかバカっぽい」「吉高ってこんなに演技ヘタだったっけ? 検事みたいなお堅い役が合わないのかな?」と、違和感を覚える者も散見された。

「さらに、ストーリーが進むにつれて『堅苦しくなくて見やすいドラマだと思って安心してたけど、逆に薄っぺらい内容だな』『キャラクターの性格も、ドラマの展開もオチも全部予想通り』『ありきたりで、面白味に欠ける』『似たようなドラマ、たくさんあるよね? 既視感ありすぎて二番煎じどころじゃない』といった書き込みが続出し、『別に毎週見なくてもいいかな』とも言われています」(同)

せっかく2ケタ発進できたものの、視聴率が安泰というワケではなさそうだ。

あなたにおすすめ