最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「さんま御殿」、女性からクレーム殺到で人気テーマが消滅の危機!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 放送中に水面下で番組が激しく炎上していたのは4月10日。この日、バラエティ特番「踊る踊る踊る!さんま御殿!! 春のモテ美女超満開!!激アツ!世代バトル祭」(日本テレビ系)には、多くの芸能人がスタジオに集結した。

「今回のスペシャルでは、3つのテーマに分かれて芸能人が多数出演しました。1組目のブロックでは『今アツイ芸人』としてロバート、千鳥など、2組目の『世代対抗トークSP』には出川哲朗や池田美優などが。そして3組目、『醜女芸人VSモテ美女』と題されたブロックには、尼神インター、いとうあさこ、滝沢カレンなどがスタジオでトークを繰り広げました」(テレビ誌記者)

同番組は明石家さんまが司会を務め、スタジオでゲストがトークをするというお馴染みの番組である。しかし今回の放送中、表示テロップが突然変更される事態が起きたのだ。

「3組目の『醜女芸人VSモテ美女』の放送中、SNSなどで『醜女』という表記について女性視聴者から『女をバカにしてる!ブスだからなんなの?』『こんな酷い言葉、こっちの心まで傷つく』『プロデューサーはさぞかしイケメンなのか?』と批判が殺到していました。すると番組の後半、画面の左上に表示されていた『醜女芸人』から『醜』という表記だけが削除されたんです。おそらくテレビ局にも苦情が来たため、表記を変えたのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

ちなみに「醜女芸人VSモテ美女」は、何年も前から放送されている恒例企画である。しかしコンプライアンスに厳しい昨今、一部視聴者の怒りを買ったことで、今後は放送が自粛される可能性があるかもしれない。

外部リンク(アサ芸プラス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス