承認欲求モンスター「サークルクラッシャー」をやめられない理由

yummy!

2018/4/12 17:00


承認欲求モンスター「サークルクラッシャー」をやめられない理由

サークルクラッシャーとは、大学のサークルや職場などの狭いコミュニティで、色恋沙汰を起こしてサークル内での人間関係を悪化させる女性のことです。
サークルクラッシャーの中には、自分がサークルクラッシャー化していることに気が付きながらやめられない人もいます。
今回はサークルクラッシャーになってしまう理由と脱却する方法についてご紹介します。

サークルクラッシャーになってしまうのはなぜ?



サークルクラッシャー化していしまう原因は、一言でいうと、メリットがあるからです。
サークルクラッシャーは、肉体関係をともなう人もいますが、気のあるそぶりをして相手に恋心を抱かせるだけで満足している人もいます。彼女たちの目的は、肉体関係ではなく、あくまで「複数の男性から好かれている自分をキープすること」「男性の心を操ること」です。
サークルクラッシャーは、複数の男性から好意をよせられることで、「私って価値があるんだ」と実感します。つまり、複数の男性から好かれていないと、自分の価値を実感できていないのです。サークルクラッシャーは、うぬぼれていて自己評価が高いとみなされがちですが、その実、自信のなさから、常に「誰かから好かれている」という状態をキープしないと不安だと感じてしまっているのです。

サークルクラッシャーになっても結局救われない



サークルクラッシャーは、複数の男性から好かれていることで、一瞬は自分の価値を実感できて幸せな気持ちになります。ですが、その高揚感は長くは続きません。
狭いコミュニティ内で男性の心をもてあそべば、すぐにうわさは広まってしまい、サークルクラッシャーに対する評価は下がります。たくさんの人から好かれようと思って始めたことが、結果的には嫌われる原因になることが多いのです。

承認欲求モンスター、サークルクラッシャーを脱却する方法



サークルクラッシャーは結局は嫌われ役になってしまうことが多いため、サークルクラッシャーをやめたいと考える女性も多いでしょう。
ですが、サークルクラッシャーは、「複数の男性にモテている」ことでかろうじて自分の価値を感じられていることが多いので、そう簡単にやめることができません。
やめるためには、複数の男性によって満たされていた承認欲求を手放す必要があります。つまり「誰かに求めてほしい、認めてほしい」という欲を捨てる必要があるのです。
そのためには、他人に認めてもらうのではなく、自分自信で自分を肯定してあげることが不可欠です。「男性から求められる私でなくても、私には価値がある」とマインドを変えていくことで、男性にチヤホヤされたいという欲求から自由になることができます。

さいごに



今回は、サークルクラッシャーがなぜ男性の心をもてあそぼうとするのか、およびサークルクラッシャーから卒業するための方法について解説してきました。
自分がサークルクラッシャーだという自覚があり、やめたいと考えている女性は、自分の承認欲求を認め、自分で自分を肯定する力を身につける必要があるでしょう。
(今来 今/ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ