ビットコイン・マイニング特化。国産7nmプロセスASIC「KAMIKAZE」誕生

20180411nkamikaze
Image: PRTimes

すごい名前です。

今後どうなるか若干心配ではありますが、ビットコインなどの仮想通貨技術は「発掘(マイニング)」を通したブロックチェーンによる計算処理で支えられています。そしてこの度、世界初の7nmプロセス技術を利用した国産ビットコイン用マイニングASICチップ「KAMIKAZE」が発表されました。

KAMIKAZEは特定の処理に特化した、いわゆる「ASIC(特定用途向け集積回路)」に相当します。従来このようなチップは中国企業(Bitmainなど)がファウンダリに委託して製造・製品化(Antminerなど)していたのですが、仮想通貨の本場こと日本も乗り遅れるわけにはいかない、というわけで株式会社TRIPLE-1が開発を進めました。

発表によれば、KAMIKAZEは従来のビットコイン用マイニング専用チップにくらべ、消費電力で約50%(0.05 W/GH)、処理能力はチップ面積比で4倍も向上(オーバークロック時:300GH/s以上)とのこと。これにより効率的なマイニングが可能になるだけでなく、消費電力を減らし環境にも優しいマイニングシステムが構成できるというのです。ほぉぅ、圧倒的じゃないか、我が国のマイニング専用チップは…。

KAMIKAZEはすでに設計を完了しており、今後サンプルチップが2018年8月に、そして量産チップが10月に出荷され、2019年度には月産1000万個を目指します。また、KAMIKAZEを組み込んだ量産型マイニングマシンの開発も同時に進めているそうです。

いざ、サステナブルなマイニングへ。

Image: PRTimes
Source: PRTimes, Business Insider Japan

(塚本直樹)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ