上戸彩、江原啓之からかけられた一言に「泣きそうになってきた」


4月10日放送の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に、女優の上戸彩が登場。スピリチュアリストの江原啓之にお悩み相談をするコーナーで、江原からかけられた一言に思わず「泣きそうになってきちゃった」と感極まる場面があった。

上戸「何を第一優先にしていいかわからない」


江原は上戸からの悩み相談を聞く前に「先にちょっと一言いっていい?」と切り出し、「あなたが思うほど、あなたは弱くないよ」と伝えた。これを聞き、思わず両手で顔を覆う上戸。江原がさらに「あなたは意外と強い。そのことをよく自覚したほうがいい」と深く切り込むと、上戸は顔を真っ赤にして「そうですかね」と小さくつぶやき、「どうしよう、泣きそうになってきちゃった」とウエンツ瑛士に助けを求めた。

「今まではそういう風な思いになったことっていうのはあるの?自分が弱いかな?とか」とウエンツに尋ねられた上戸は「でも、どっちかっていうとレールを敷かれていた。常にレールがあって、その上を歩かなきゃいけない。歩くっていうかもうダッシュだよね。休みなく行く道があった中、今はやっぱこうして自分でお仕事もセーブできるようになってきたりとか。プロデュースしてくれる人がいなくなるっていうか、自分自身で自分を今後プロデュースして行かなきゃいけなくなった今」と話し、「今後どうしましょうね?」と江原に答えを求めた。

これに江原は「仕事のプロデュースうんぬんだけじゃなくて、元々お母さんと二人三脚みたいにしてね、ダーッと走ってきたでしょ。今、その余裕がいけない」とズバっと斬り込み、「えー!?」と驚く上戸。江原は上戸を「絶対大女優になる人」とし、「それにはいっぱいいろんな経験を積まくちゃダメ」と諭した。

「何を第一優先にしていいかかがわからない」と悩む上戸に「喜び。自分が喜ぶことをやんなきゃダメ」と江原。これを聞いて「あーそうか」と感心しきりといった様子の上戸であった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス