HKT48山本茉央“卒業発表”を終え心境「ワクワク、ドキドキ」

HKT48の山本茉央が4月11日、福岡・西鉄ホールで行われた『ひまわり組「ただいま 恋愛中」公演』にてグループから卒業する意思を明かした。海外でやりたいことがあり、その目標を叶えるために決断したという。彼女は公演後に『山本茉央 Google+』で改めて心境を綴っているが、明るくて前向きな言葉が印象的だ。

福岡県北九州市出身の彼女は2013年11月10日、『第1回AKB48グループ ドラフト会議』でHKT48・チームHに第1巡目で指名された。指原莉乃はその年の9月末にドラフト候補者について「この子は絶対指名したい」「すげーかわいい!」と話しており、それほど惚れ込んで唯一指名したのが山本茉央である。

指原の期待通り可愛いルックスと「天然」キャラで頭角を現しバラエティ番組などで活躍、2014年にはHKT48の4枚目シングル『控えめI love you!』で選抜メンバーとなり、ドラフト1期生で初めてAKBグループのシングルに選抜入りを果たす。

彼女は『山本茉央 Google+』にて「ただいま恋愛中公演 ありがとうございました!!! 凄く楽しかったです」と切り出し「公演ステージをお借りして卒業発表をさせていただきました」とその件に触れている。

1年ほど前から進む道を考えるようになり、今の活動を通して海外でやりたい目標ができた。「この目標ができたのは、HKT48のドラフト1期生として、選んでくださったおかげでもあります」「いくら甘えてもそれを許し支えてくれているファンの皆さんのおかげで、山本茉央というのが成り立ちアイドルとしてやって来れています」という。

自身の立場を分かった上で、目標を叶えるために卒業を選んだのだから覚悟を感じる。そんな彼女は「今の気持ちを是非受け入れてほしいです。発表を終えたいま凄くワクワクとまた新たなドキドキがしていて、凄く楽しみです」とさらに意欲が湧いてきたようだ。

ゴルフはベストスコア90という腕前の山本茉央。芸能人が出場する『三井住友VISA太平洋マスターズ』や『叙々苑カップ』でも活躍しており、海外での目標は具体的に明かしていないが、その特技を生かして何か考えているのかもしれない。

画像は『山本茉央 2018年3月29日付Instagram「#hkt48 #仲良し」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス